2016年04月19日

平成28年熊本地震の被災地域におけるコミュニティFM

菅原さまから情報を頂きました。

平成28年熊本地震の被災地域におけるコミュニティFM-総務省九州総合通信局報道資料

被災地域の各局へのリンクも網羅していますので是非ご活用ください。

予断ですがリンク集の更新が滞っています。申し訳ありません。災害が一段落するまでお待ちください。


小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年熊本地震臨時災害FM開設

ツイッターからの情報です


熊本市はきのう(18日)臨時災害放送局の開設を申請、受理されました。

「くまもとさいがいエフエム」 
周波数79.1MHz 出力20Wで熊本市の一部をカバーします。

総務省九州総合通信局


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

北九州のFM局の株式 化粧品のDHCが取得へ

昨夜九州の方で地震がありましたが被災にあわれた方にはお見舞い申し上げます。
臨時災害FM開設の方の情報は現在入っておりません。

で、原文です。

北九州のFM局の株式 化粧品のDHCが取得へ-毎日新聞


以下記事から。

FMラジオ放送局「CROSS FM」(クロスエフエム、北九州市)の全株式を保有する事業再生ファンドのネクスト・キャピタル・パートナーズ(東京)は15日、化粧品製造販売のディーエイチシー(DHC、東京)に28日付で事業譲渡すると発表した。全株式をDHCに売却する。売却額は非公表。

 クロスエフエム会長にDHCの吉田嘉明会長が就任する。DHCは取締役3人をクロスエフエムに派遣する。クロスエフエムの坂田隆史社長は続投する。会社の名称や本社所在地は変更しない。

 北九州市で記者会見したDHCの福田章人特別企画部次長は「九州北部でのクロスエフエムの認知度とブランド力を活用したい。聴取者と当社の利用者層も合致する」と述べた。ネクスト社の立石寿雄社長は「(DHCは)経営基盤が安定し魅力的な企業だったので事業譲渡することにした」と語った。

 クロスエフエムは2008年、前身のエフエム九州が業績不振に陥り、放送事業を引き継いだ。番組の自主制作や音楽イベントに力を入れている。放送エリアは福岡県内。【石田宗久】



クロスFMもころころ経営母体が変わっていますね。DHCはスカパー!でもチャンネルを配信しているだけに強みもありそうです。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

防災ラジオ、2万台「保管」 復興予算

菅原さまからの情報です。

防災ラジオ、2万台「保管」 復興予算-毎日新聞


以下記事から。

石巻市「市民に機能が理解されていない面も」

 東日本大震災で津波被害を受けた沿岸6県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉)の21市町が、2011〜14年度に復興基金を活用して購入した「防災ラジオ」など約4万3000台のうち、昨年9月末現在で約2万6000台が地域住民らに配られていないことが会計検査院の調査で分かった。検査院は「防災情報の伝達体制の強化を図る目的が十分に達せられていない」と指摘した。【百武信幸、樋岡徹也】

 検査院によると、宮城県石巻市は、約1300世帯を対象に実施したアンケートなどに基づき、復興基金約1億5000万円を使って昨年3月に全世帯の5割分に当たる3万台の防災ラジオを購入した。市によると、防災ラジオは平常時にはコミュニティーFM放送を、災害時に自治体の防災行政無線を自動で受信できる。

 市は希望する市民に1台1000円、企業には1台5000円で配っているが、配布台数は昨年10月末時点で約9500台にとどまり、約2万500台(約1億200万円)が市の施設で保管されたままになっている。同市渡波地区の仮設住宅団地で暮らす女性(48)は「防災ラジオの存在は知っていたが、携帯電話で情報が得られるので、お金を出してまで買うことは考えていない」と話す。

 一方、市の担当者は「市民に機能が理解されていない面もある。広報活動に力を入れ、5年程度で全て配布したい」と説明。山間部にはFM放送が受信できない地区があるといい、「まだ配布できない地区があり、余っているわけではない」と話した。今後、中継局を3基増設する予定という。

28市町、防潮堤など整備10%

 一方、検査院が6県33市町の防潮堤などの海岸保全施設の整備状況を調べたところ、計画のある28市町で施設が完成していたのは14年度末で10.1%にとどまっていた。33市町のうち14市町は津波避難計画ができておらず、7市町は津波ハザードマップを作製していなかった。

 また、検査院は事業終了後に残った復興関連基金が震災と無関係な事業に振り分けられていた問題も指摘した。

 厚生労働省は被災児童の生活を支援するため、11年度第1次補正予算で「安心こども基金」約27億円を20都県に交付。13年度までに児童が避難している20都県で児童への相談・援助事業の経費に充てられたが、山形など9県で約2億円が残った。

 厚労省が14年3月、都道府県に国庫返還額が生じないように有効に活用を求める事務連絡を出したため、9県は保育サービスの充実など震災以外の事業に振り分けていた。

 この点について検査院は「残余額も交付の趣旨に沿って使用されることが望まれる」と指摘。厚労省は、残余額を国庫に返納するよう求めるという



以上です。

これ以上無駄遣いもしてはなりませんね。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時災害FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク集更新16/4/14

菅原さまの情報です。

京都府舞鶴市のFMまいづるさんのホームページが判明しました。


今晩にでも更新致しますのでよろしくお願い致します。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFMリンク更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

リンク集更新16/4/12

遅くなりました。

静岡県伊東市のFMなぎさステーションさんのURLを更新致しました。

また奈良県奈良市のならどっとFMさんのURLを更新致しました。



小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 05:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFMリンク更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

リンク集更新が遅れます。

遅くなって申し訳ありません。菅原さまからの情報です。

静岡県伊東市のFMなぎさステーションさんのHPアドレスが変わりました。

また奈良県奈良市のならどっとFMさんのホームページアドレスも変わりました。


小間使いが病気の為、今週末までにリンク集を更新致します。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFMリンク更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

宇都宮に県内2局目 コミュニティーFM誕生へ 今秋にも開局

菅原さまから情報を頂きました。

宇都宮に県内2局目 コミュニティーFM誕生へ 今秋にも開局-東京新聞


以下記事から。

県内で二番目となるラジオの超短波放送局・コミュニティーFMが、今秋にも宇都宮市で開設されることになった。運営会社の「宇都宮コミュニティメディア」を四月中に設立し、予備免許を取得次第、試験放送を始める。
 設立母体は、毎週水曜にインターネットの動画配信サービス「ユーストリーム」を活用したインターネット番組を放送する「ミヤラジ」。
 コミュニティーFMの開局は二〇一〇年から準備してきたが、東日本大震災で中断。インターネットの「ミヤラジ」は一一年から続けており、コミュニティーFMの採算見込みが立ったため、あらためて本格化した。昨年十一月、開局に向けた推進会議を設置し、ミヤラジの稲葉克明さん(50)が代表に就任した。
 事業計画によると、毎日午前七時〜午後十時の生放送。イベントや音楽などのライブ中継や、店のセールなどの情報を発信し、渋滞や通行止めといった交通情報も伝える。
 地域での公共性も重視し、認知症の高齢者の情報なども呼び掛ける。宇都宮市とも連携し、災害情報も提供する。
 放送エリアは、市のほぼ全域の約二十二万世帯。電波の届きにくい地域にもインターネット配信を行う。
 市内で今月二十八日に開局準備説明会があり、稲葉さんは「ジャズのライブを中継したり、宇都宮餃子(ぎょうざ)祭りに並ぶ人を取材したり、宇都宮らしさを出したい」と話した。
 県内では昨年、栃木市で公設民営の「FMくらら857」が開局している。 (後藤慎一)



以上です。

明日以降リンク集に反映致します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

こしがやエフエム 平成28年3月27日13:00より、本放送を開始しました!

菅原さまからの情報です。当方もFacebookでも情報は確認は取れていたのですが正式にお知らせが載っていましたのでリンク致します。

FM86.8MHz・ハロー,ハッピーこしがやエフエム 開局-こしがやエフエム最新のおしらせ


以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

コミュニティ放送局に予備免許−大牟田市等において、福岡県内で7局目の開局予定−

コミュニティ放送局に予備免許
−大牟田市等において、福岡県内で7局目の開局予定−
-総務省九州総合通信局報道資料


福岡県大牟田市にエフエムたんとさんとして予備免許交付されました。7月に開局予定だそうです。

今晩にでもリンク集に反映致します。


小間使い記

posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFMリンク更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NOTTVの制作会社が今更判りました。

NOTTVの制作会社が今更判りました(笑)

AXON(アックスオン)、そう日テレの子会社です。

これでNOTTVの衰退元が日テレという事が判った次第です。

まあコンテンツがあっても視聴する端末が少なかったのも原因ですが。

で、i-dioの方ですがどうやらスマホがスキャンしても引っかかってくれません。
これでは二の舞ではないでしょうか。

まあ見れる方がいらっしゃれば良いのですが。当方では諦め気味です。
誰かレポートして下さる方がいないでしょうか。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

埼玉県児玉郡神川町のコミュニティFM計画

遅くなりました。reds doaraさまからの情報です。

埼玉県児玉郡神川町でコミュニティFM計画が上がっているそうです。

神川町役場-PDFファイル

公設民営方式。で行う予定でしたが、「住民への説明不足」のため、議会が予算案否決されました。(開局不透明になりました。)


という事なのでリンク集には反映致しません。

行政だけが先走っても難しいと思います。


小間使い記
ラベル:開局予定
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

舞鶴コミュニティラジオさんの開局日が判りました。

まだホームページが出来ていない舞鶴コミュニティラジオさんの開局日が4月18日に決まった様です。。。Facebookページが出来ていて、」そちらからの情報です。

今後ホームページが出来ましたらリンク集に反映したいと思っています。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

京都市北区のコミュニティ放送局に予備免許を付与

京都市北区のコミュニティ放送局に予備免許を付与-総務省近畿総合通信局報道資料


5月から放送開始だそうです。
今晩でもリンク集を更新致します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

i-dioについて少しだけ

i-dioのチューナーは届いていますがいかんせんスマホを持っていないのでどうにも感想はありません。パソコンのアプリでも開発してくれれば批評などを書けるのですが。

このままだと閉局する既存のV-LOW放送の二の舞になりかねません。


まあ中の人ではないので何とも言えませんが。


そんなところで。


小間使い記

ラベル:V-Low ラジオ
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

リンク集更新16/2/29

菅原さまからの情報です。

新潟県新潟市中央区のFMけんとがHPアドレスが変更されておりますので今夜リンク集に反映致します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

開局目指す人へ、サポート本を出版 /山口

遅くなりました。菅原さまからの情報です。

開局目指す人へ、サポート本を出版 /山口-毎日新聞

以下記事から。

宇部市のコミュニティFM放送局「FMきらら」の井上悟代表(64)が、開局を目指す人たちをサポートする本「コミュニティFM放送局を開局して失敗する前に読む本」(東洋図書出版、税別1000円)を出版した。

 井上代表は「開局したい人は多いが、情報が間違っていたりして失敗することは避けてほしい」と、執筆理由を話している。

 同局は地元の情報発信や防災、活性化に欠かせないとされ、全国に約300局が開設している。井上代表は各地で開局や運営に関わっている。

 本書は、開局に必要な周波数探しやスタジオ作り、経営を左右するスポンサーの選び方などをコンパクトに解説している。経営不振につながる要因を分析するなど開局前の「必読本」として仕上げている。問い合わせは同局0836・35・1231。【後藤俊介】



まあそれぞれ開局する地方の実態があっていれば良い本となると思うのですが。
まずは地域を足で歩いて見てからこういった情報も必要かと思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:03| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

臨時災害FMの今後

菅原様からの情報です。

臨時災害FM来月18日に終了 大槌町 /岩手-毎日新聞

以下記事から。

大槌町の臨時災害放送局「おおつちさいがいエフエム」は12日、3月18日での放送終了を発表した。同局については、平野公三町長が事業見直しで廃止事業の一つに挙げていた。

 同局は、この日の放送で運営するNPO「ぐるっとおおつち」の小向幹雄代表理事が登場。「まだこの状況の中で災害は終わっていない。復興FMという形で残してほしいと頑張ってきたが、『役目は果たされた』との町の判断が出され、やむを得ず中止になった」と述べた。

 コミュニティーFMの可能性も探ったが実現できなかったという。スタジオのある商業施設にいた男性は「残念。災害放送の役目は終わったかもしれないが、町の情報を発信してくれる貴重な放送局だった」と話した。【中田博維、道永竜命】


<亘理FM>地域局で放送を 署名募る-河北新報

以下記事から

東日本大震災の臨時災害局としての業務を3月末で終了する亘理町の「FMあおぞら」が、恒久的なコミュニティー(地域)局への移行による放送の継続を目指して活動を始めた。町内外から1万3000人分を目標に署名を集めて町に提出する予定。FM局側は「被災地の活性化と防災に地域放送は欠かせない」と賛同の声を示すことで、放送継続に欠かせない町の支援を促したい考えだ。

 署名活動は1月下旬にスタート。スタッフ7人がインターネットなどを通じて賛同者を募っている。FM局によると、これまでに約2000人分の署名が寄せられた。FM局の吉田圭代表は「町単位の情報発信が生活に役立つことを、多くの方が身をもって感じた結果だと思う」と語る。今後は街頭活動も検討しているという。
 FM局は震災直後の2011年3月24日に開局。現在は町の委託を受けた局と同名のNPO法人が放送業務に従事する。年間運営費1800万円を賄う国の緊急雇用創出事業の補助金と総務省からの放送免許期限が共に3月末で切れることから、町が終了を決めた。
 吉田代表は「震災で打撃を受けたコミュニティーや地元商業、観光の活性化に地域に根ざした放送は欠かせない」と意義を強調。「企業協賛を集めるなど自助努力を重ねていく。行政や防災の情報提供の場として、コミュニティー化の推進を下支えしてほしい」と町の財政支援を切望する。
 地域局の開設には、5カ年の事業収支の見積もりや番組審議機関の設置など事業計画を策定し、新たに総務省に放送免許を申請する必要がある。町企画財政課は「永続的に放送業務が可能か、局側の考えを聞いて検討したい」と話す。


以上です。

どちらもバックボーンが必要だと思います。
バックボーンが無ければ残念ですがもう使命は終わったと思います。


小間使い記
ラベル:災害臨時FM
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:37| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時災害FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田県仙北市のイベント用FM放送局に予備免許

秋田県仙北市のイベント用FM放送局に予備免許-東北総合通信局報道資料

フリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会組織委員会が開設だそうです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:37| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

FMラジオ共同キャンペーン千葉 NEXT RADIO

FMラジオ共同キャンペーン千葉 NEXT RADIO

千葉のFMラジオ局が合同でキャンペーンを打つそうです。

こういった合同キャンペーンは良いですね。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする