2013年07月30日

NTTがドワンゴと資本・業務提携 「ニコ動」に技術協力、5%株主に

NTTがドワンゴと資本・業務提携 「ニコ動」に技術協力、5%株主に-MSN産経ニュース

以下記事から。

2013.7.29 16:36
 NTTとドワンゴは29日、資本・業務提携すると発表した。ドワンゴが運営する「ニコニコ動画」のサービス向上などでNTTが協力。一方、ドワンゴの第3位株主であるエイベックス・グループ・ホールディングスからドワンゴの発行済み株式の4・99%を約50億円でNTTが譲り受ける。

 業務提携では、NTTが持つビッグデータ解析技術や言語・音声認識技術をニコニコ動画、ニコニコ生放送などに活用。インターネット上の膨大な数の動画の中から、特定の人物が映っている動画を選び出したり、アイドルグループのライブ映像から特定のメンバーだけを切り出して鑑賞できる機能を検討する。

 スマートフォン(高機能携帯電話)で動画を鑑賞する利用者のために、通信速度の向上なども図る。

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

東日本大震災から2年「3.11から日本の未来を考えよう」ニコ生で6夜連続特番

東日本大震災から2年「3.11から日本の未来を考えよう」ニコ生で6夜連続特番-マイナビニュース

以下記事から。

ドワンゴは、東日本大震災から2年を迎えるにあたり、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、3月6日(水)から11日(月)の6夜連続で東日本大震災に関連した特集番組を放送することを発表した。

ニコニコではユーザーとともに、「3.11から日本の未来を考えよう」というテーマで、6夜にわたって特集番組を生放送。被災地の復興はどこまで進んでいるのか、福島第一原子力発電所事故はどう収束するのか、震災報道の意義と課題は何かなど、連夜の番組を通じて、東日本大震災にまつわる「過去」と「現在」を見つめ、その先にある「未来」を考えていく。また、関連生放送番組の情報を特設サイト「東日本大震災 3.11 特集」に掲載していくほか、「3.11のあの日、どこで何をしていたのか」という体験談をニコニコのブロマガで募集し、東日本大震災にまつわるユーザーの声も集約するという。

番組には、東日本大震災の「これまで」と「これから」を考えるゲストが連日にわたって出演。特に3月7日(木)『福島第一原発事故 収束の行方 東電・松本純一氏に聞く』にはタイトルのとおり東京電力のタスクフォース担当・松本純一、8日(金)『日本再生会議 根本匠復興大臣が語る復興への道筋』には根本匠復興大臣、10日(日)『朝日新聞「プロメテウスの罠」は何を伝えたのか』には朝日新聞担当記者や津田大介、11日(月)『総括!「メディア・原発・防災』には田原総一朗、東浩紀、伊藤聡子らが登場する。

また、11日(月)には追悼番組も放送され、『311東日本大震災 市民のつどい「Peace On Earth」生中継』には、坂本龍一やロックバンド、アジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文など日比谷公園にさまざまなゲストが集まり、東日本大震災を追悼する。


以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

グーグル、テレビ局の独自動画配信 広告収入増狙う「オリジナル動画」、無料で

グーグル、テレビ局の独自動画配信 広告収入増狙う「オリジナル動画」、無料で-日本経済新聞

以下記事から。

グーグルはテレビ局など13社の独自動画をネット配信すると発表した。動画配信サービス「ユーチューブ」を通じてテレビ放送と連動した番組や日本のアニメなどの動画を無料で配信し、広告収入の拡大につなげる。グーグルとして番組供給企業に広告料を前払いする方式を初めて採用しており、魅力的なコンテンツを集めたい考えだ。

 独自動画を配信するのはTBSテレビ、テレビ朝日、フジテレビジョン、ニフティ、ホリプロ、電通など13社。各社がユーチューブ上に自社の専用チャンネルを設け、定期的に新作を配信する。テレビ朝日はバラエティー番組と連動したオリジナル動画を企画。TBSは放送中の深夜番組「女子アナの罰」の連動番組で、放送では流れない独自の内容を配信する。

 グーグルは広告料金収入を番組供給企業に前払いする。過去の動画閲覧実績から、番組ごとの閲覧回数を推計して支払う。放送局などにとっては動画の製作原資を確保しやすくする。

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

携帯専用放送局「BeeTV」、クレジット決済対応でパソコンでの視聴も可能に

携帯専用放送局「BeeTV」、クレジット決済対応でパソコンでの視聴も可能に-IT pro

以下記事から。

エイベックス通信放送は2012年12月17日、同社が運営する携帯専用放送局「BeeTV」が同日からパソコンでの視聴が可能となったと発表した。

 BeeTVは、「世界初の携帯電話専用放送局」と銘打って、2009年5月1日に開局した。これまではNTTドコモの携帯電話機で視聴できるサービスとして展開してきた。「悪の教典-序章-」や沢尻エリカ主演「L et M」などといったオリジナルの作品を含め、ドラマやお笑い・バラエティ、ミュージック、ガールズ、キッズ、マンガ、カラオケといった7ジャンルの50番組以上が月額315 円で全て見放題だった。

 今回クレジット決済も可能になり、NTTドコモの携帯ユーザー以外でも利用できるようになった。今回同じ理由でパソコンでの視聴に加えて、各社のスマホからも視聴が可能なった。

以上です。

今まで携帯端末からしか視聴出来なかったチャンネルもパソコンからも見れる機会が増えて良かったとは思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

IMAGICA、「ニコファーレ」の完成披露記者発表会におけるAR技術運用事例を発表

IMAGICA、「ニコファーレ」の完成披露記者発表会におけるAR技術運用事例を発表-PRO NEWS・システムファイブ

以下記事から。

株式会社IMAGICAは、「ニコニコ動画」を企画・開発・運営する株式会社ドワンゴが設立した次世代ライブハウス「ニコファーレ」の完成披露記者発表会(7月12日開催)において、ニコニコ生放送で配信するコンテンツの企画制作と技術運用を行ったことを発表した。AR(拡張現実)とVR(仮想現実)、モーションキャプチャの技術を融合させた独自のサービス「ライブグラフィックス」によって、プロフェッショナル仕様のAR技術運用を実現したとしている。

今回のイベントでは、舞台上で激しく動く演者とハンディカメラの位置情報を正確に認識する必要があり、同社独自のAR技術ではモーションキャプチャの空間認識技術を活用。独自開発のARシステムに従来のモーションキャプチャシステムを融合させることで、ハンディカメラを含む収録用カメラ3台と演者や美術セットとの位置関係を途切れることなく正確に認識することを可能したという。


また、新たなリアルタイム・レンダリングエンジンをARシステムに採用し、画像演算処理能力を向上させることで、高精細な3DCGキャラクターやエフェクトを様々なカメラワークに対応しながらリアルタイムで実写映像と合成し、ハイクオリティなリアルタイムCG演出を行うことが可能となったとしている。同社は今後もテレビやWebなどの生放送番組、音楽やスポーツ、展示会等のイベントにおけるライブ運用などで、最先端の映像表現を用いたコンテンツの企画制作や技術運用サービスを提供していく構えだ。

ニコニコ生放送で配信された「ニコファーレ」完成披露記者発表会の映像は下記ページを参照されたし。
http://www.imagica.com/work/creative/ar_nicofarre20110712.html

以上。

ニコニコ本社を運営するドワンゴだけじゃ機材はやはり駄目だった様です。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

地震その時ニコ生は 被災地も取材、「ソース」並べて見えたもの

地震その時ニコ生は 被災地も取材、「ソース」並べて見えたもの-ねとらぼ・ITmedia

2ページに渡って記事になっていますのでそちらを参照に。
ドワンゴがNHKテレビやフジテレビの中継に踏み切った訳や被災地からの生中継も記事になっています。

現存の電波マスメディアと違って、今回だけはネットの身軽さが良かった様です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

「おおっ、いい出足」 ニコ動で大相撲の中継はじまる

「おおっ、いい出足」 ニコ動で大相撲の中継はじまる-ニコニコニュース

以下記事から。

大相撲「五月技量審査場所」が2011年5月8日、初日を迎えた。ネット上では初の試みとなる、番付の一番下「序ノ口」から大関や横綱など「幕内」まですべての取組を生放送するニコニコ動画では、8時30分から放送を開始。数分後には7,500を超える視聴者が集まった。

 五月技量審査場所は、財団法人日本相撲協会が文字通り協会内部での「技量審査」の場として実施するもの。年6回の本場所と同じく15日間開催されるが、興行ではないため、関係者席などをのぞき一般に無料で開放される。また協会は優勝の賜杯、懸賞の辞退を決めているものの、取組の結果は正式な記録として7月場所の番付に影響するほか、「土俵入り」や「弓取り式」といった祭礼も行われる。

 9時20分ごろ同日の取組が開始されると、直後にニコニコ動画の視聴者は20,000を超え、まだ初々しさが残る「序ノ口」力士の奮闘に「同じ名前だから親近感が沸く」「愛知(の出身力士)がんばれ」「おおっ、いい出足」などといったコメントが寄せられた。また、土俵下の審判員から判定に異議が申し立てられる「物言い」があると、「これが物言いか、はじめて見た」といったコメントもみられた。

以上。

大相撲も衛星放送での中止や今度はいつから中継するか判らない所に、序の口からの放送は大相撲ファンは嬉しい事でしょう。

gooでも大相撲中継をストリーミング配信をやっています。

本場所取組の映像配信 - goo 大相撲


サーバのラグが無ければgooの方が取り組み番付や取り組み力士名が出るのでgooの方が見やすいと思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビ

どうも内閣府大臣官房政府広報室がやっているようです。
民放テレビがやっている様な「皇室チャンネル」もあるそうです。

人気はフリーアナウンサーの「徳光和夫と木佐彩子の知りたいニッポン!」だそうです。

最近マスコミやジャーナリスト論が巷ではなされていますが、いろいろな情報を多用に取り入れる事で賢い国民になれる様で。。

一応政府広報番組と言う事で。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

ニコニコ公式生放送

当方は撮影技術で食べているのでニコニコ生放送の撮影技術はずぶの素人が業務用カメラを振っているみたいで、何か物足りない。

一応音声はきちんと取っているけれど民放キー局や放送局ご用達の制作会社以上の撮影技術は無いと思っています。

今や白黒のファインダーを覗かなくても液晶タッチパネルだけで映像確認をしているんだろうと思います。

うちらはファインダーでゼブラやピン合せ、レンズの調整を行える位ですから。

映像技術が追いつけばもっとテレビの代わりにはなると思います、まだまだな感じで見させて貰っていますが、やはり見入ってくるとはっきりと目の疲れが来るのが判ります。それだけ撮影技術力が無いと言う事です。

何と表現したら良いのか判りませんが「視聴者の目線で撮っていない」「魅せる映像では無い」と言う事だけは間違いないです。

これはインターネットテレビやユーストリームの個々配信者にも言える事です。
コミュニティFMもエリア内のリスナーさんに聞かせるだけの局はいくつあるのでしょうか?


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

無料動画配信「第2日テレ」が単月黒字化

無料動画配信「第2日テレ」が単月黒字化-ITmedia News

古い記事で申し訳ありません。

詳しくはリンク先記事から。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

Yahoo!動画とGyaO統合

Yahoo!動画とGyaOが統合したそうです。ネット動画配信の部分でも二次配信使用著作権の負担が大きい様です。

流石にIT系は動きは速いようです。

それに比べると免許制の電波マスコミの動きは鈍いようです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

まだwebではハイビジョン化は難しいか?

クライアントさんからWeb動画の変換を持ち込まれて現在も作業しています。何せ狭いアパートに数台のパソコンが合っても動いているのは1台のみと言った具合ですので、本当ならば事務所が欲しい所ですが、まあ無理でしょう^^;;。

撮影日報にも触れましたがDVCAMの中古ドッカブルを買いました。SONYのDSR-300と言う数年前の機種です、まだweb上の動画はストリーミングでもまだSDが多いので暫くはこれで頑張ろうと思っていますが果てさて・・・

一応うちでもハイビジョン化しているんですが、制作が使う様なハイアマチュア機の操作には技術屋育ちの当方には使いづらいので。


小間使い記

10/14追記
ハイビジョン制作のアマチュア作品を見ましたが個人的には小さい画面ではやはり見づらい・・・大きいテレビ画面こそハイビジョンの良さが出ます。家庭用もパソコンで編集するにはパワーが必要ですし、小さい画面に目が疲れてしまうでしょう。そのままカメラからテレビに繋ぐ事が多くなってくると思います。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

NHK、Youtubeに動画配信

NHKが主要地上波テレビ局で初めてYouTubeと提携、動画配信を開始
-Gigazine

なんかタイトルの日本語がおかしい、そもそそも「提携」と言う単語が著作権を持っている局に対してネット側が優位に立っている感じ・・・もう、その様な時代が来たんでしょう。

配信提供」なら判るし、今後のNHKもオンデマンドやネット化を見据えて「ネット☆スター」なる番組で初音ミクなど紹介してきていますし。

これでYoutubeの広告収入も得て、受信料問題は多少は解決されますか?
NHKオンラインのYoutubeチャンネルは記事からどうぞ。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

何かが足りない・・・

あるポータルサイトから数日何度か参照がされています。
会社概要から代表と思われる方へのインタビュー動画が乗せてあったので視聴してみました。

見ていて何かが足りない・・・
インタビューの対象者(代表と思われる)の声が聞こえづらい。

これは撮影日報でも書いている事でもあって、映像制作に動画配信が多彩になり異業種の参入が容易になってきて、そこで制作費が削減されている証拠なのだろうと思います。

民生機で撮ったと思われる映像・・・多くの人に自分たちの会社概要などをしゃべっている・・・その様なインタビューならきちんと声を拾う様なガンマイクやワイヤレスなどの機材で作りたいものです。

異業種の映像制作参入は映像技術として脅威でもありますが、やはりこの様な動画を見て、まだ技術的には負けていない部分も自負出来た事は幸いでした。

追記
ただし「撮影技術」と言っても奢ってはいけない。それなりにアマチュアに無い撮影時の怖さを体験していますから。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

NASA TV-「きぼう」ミッション配信

ネットサーフィンを幅広く行っている方はもうご存じかも知れませんが、スペースシャトルのミッションが生ライブで配信されています。

NASA TV-NASA
日本の「きぼう」のニュースが報道されていますが、TVニュース映像ではどれだけ税金が使われているか判らず、ただ漠然と金額だけを述べていたりしますので、人ごとと思ってしまいますが、生ライブで見る事で設置ミッションの模様が詳細に見て取れます。

JAXA「きぼう」日本実験棟-宇宙航空研究機構

現在時間は船外活動中の宇宙飛行士の目線からのカメラでの設置様子など切り替えで配信しています。

予定では夕方までに設置完了し、船外活動も終了するみたいです。
モーニングコールもこちらで聞けるんでしょう。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

ポリスチャンネル

特定非営利活動法人 POLICEチャンネルが運営している「ポリスチャンネル

警察活動について広報用の動画を配信しています。

で、概要を見てみると役員に元警察官僚の方々の名が連なっています。
この様な体系はいろいろとあるNPOの中にもあるので「天下り」と批判する事も容易いですが、もしかしたらこういった体系でもどこかで「官のおごり」もあるでしょう、3セクになればもっと「官のおごり」もあるでしょう。
「官のおごり」は否定はしませんが、肩書きは外しても良い様な・・・

とにかくこういった動画配信サイトもあるのでご紹介がてらに。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

iiV Channel

iiV Channelで今更気づいたのはTFMインタラクティブ株式会社と言う正式名。概要を見るとT-FMさんの子会社と言う事が判ります。

J-WAVE Brndnew Jと比べ、映像コンテンツが多いです。これも東京MXとの資本提携のお陰でしょうか。

ただ「渋谷スペイン坂スタジオから生放送」との事がバナーに書いてあったので、番組表・タイムテーブルを探して見た所、途中で判らなくなりました、辿り着いた番組表は
javaスクリプトで別ウインドを開けなければならないのはJ-WAVE Brndnew Jとの違いです。J-WAVE Brndnew Jもjavaでストリーミングを受けるのは同じですが。

この投稿時間帯は生放送番組は行っていませんでした。一目見た所では判らず、ようやく「不朽の名作シリーズ」として映画の音声だけが流れていました。

また他の番組が視聴したいと思ってクリックしましたらTFM+と言う動画配信サイトに飛んだり、当該生放送配信サイトがiiV Channelに戻ったりして、当該のサイトがどこだか、どこにいるのか訳が判らない状態です、これは当方が判らないだけでしょう。
多分コンセプトがネットラジオ・ストリーミングやpodcastとは違うのでしょう。

両者を比較するのは出来ないでしょうが、個人的に感想を言えば「シンプルなネットストリーミングラジオ J-WAVE Brndnew J」と「ネットラジオを超えた映像コンテンツも満載なiiV ChannelとTFM+」と言った感じでしょうか。

どちらが好みかは利用者次第ですが。

11/29追記
T-FMさんのストリーミングラジオをウィルコムのプレスリリースで始めて知った次第。
MAGIC 702
URLには3セグメントマルチメディア放送INTERNETRADIOのタイトルが付いています。フロムさんの言われるデジタルラジオがここに見えて来ました。
またDIGITAL TOKYO FMのサイトがありましたのでリンクしておきます。
3セグ目はコンテンツ的から言えばラジオNIKKEIさんも手を出して良い様なジャンルコンテンツでしょう。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ネット配信の映像コンテンツをDVDに直接焼きこむ-KDDI

「au oneの目玉サービス」--ネット配信の映像コンテンツをDVDに直接焼きこむ「DVD Burning」-CNET JAPAN

記事引用
ストリーミング、ビデオオンデマンド(VOD)など従来のネットワーク経由映像配信とは異なり、あくまでDVDへの書き込みを前提としている点が特徴。KDDIでは、同日オープンが予定されるポータルサイト「au one」主要サービスのひとつとして期待しており、サイトの盛り上げとともにセルDVD市場の拡大を狙う。
 コンテンツはワーナーブラザース、吉本興業など国内外主要コンテンツプロバイダー計60社が1000本程度の作品を提供。市販作品や新作に加え、販売終了ソフトや未発売ソフトも提供される予定で、年度末には5000本程度まで拡充する。
 1本あたりの単価は500円〜2000円程度で、入会金、年会費は無料。プレス、パッケージ、流通など通常販売時におけるコストを削減できる(後略)


事実上、宅配レンタルDVD層をターゲットにしているんだろうと思いますが。
これで宅配レンタルの単価が下がって行けば消費者に取っても良い事でもありますが、レンタルビデオ業界の片端をちょっとだけ見てきたので、ビデオレンタル業の統廃合や他業種との会社合併などのアミューズメント化をしていかないと今後難しくなるのでしょう。

携帯では純減が落ちてきているKDDIですが、どうやら巻き返しが来る様です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

gyaoも昭和特集

久々にGyaoを覗いてみた所「昭和TV」なるものがコンテンツとしてありました。
こちらはクライアントがサントリー一社提供で行っています。

その中のコンテンツで見ておきたいのが「昭和時報 背伸びするテレビ塔

地方局の開局の様子や視聴者のアンテナ調整の模様、番組制作の裏側なども映像にふんだんに散らばっておりました。

いわゆるニュース映画なのですが、今や動画配信で見られるとは・・・

ALWAYS 続・三丁目の夕日」が映画になり、ドラマでも昭和ブームはまだ続いています。

個人的にも昭和40年代前までは物質的や情報にも多くの人は貧しかったと思いましたが、心の方はこの頃の方が沢山の人たちは豊かだった様です。下町の路地裏を知っていると判るかも知れません。
ですからこの「昭和ブーム」はまだ続くのでしょう。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

角川HD、imodeへ映画配信

iモードで角川映画を鑑賞 長編も丸ごと提供-asahi.com 7/2

記事内では過去の劇場邦画やアニメを提供するとの事。
最近のアニメファンには根強いファンがいてお馴染みの「涼宮ハルヒの憂鬱」などもポイント制で視聴出来ると言う。

最後には「携帯で視聴し、続きをパソコンで見れるサービスを予定」との事で、大画面テレビでの視聴派とPC・携帯(ワンセグ)視聴派の棲み分けはここから来そうな気がします。

「涼宮ハルヒの憂鬱」を含め最近のアニメファンはアキバ系・萌え系も交わり、コアなファンで支えられている様な気がします。もちろんTVゲームからテレビアニメ化された番組も多く、この中にはゲームファンも含まれると思いますが。

個人的には流石に携帯からは見る気力はありません(^^;;

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

AmebaStudio-原宿アメブロ放送局

昨日、amebaのAmebaStudioを見ていたら「中村中」が出演していた。
ここまでは良いのですが、音が割れる、ハレーション出まくりで早々に退散してきました。

あの画質では・・・どうなんでしょ。IT関係会社サイトの映像配信ってあんなものでしょうか。

IT会社が立ち上げた動画配信サイト(生ライブ)は、もしかして本業の映像制作技術より劣るとか?

誰にでも出来る動画配信サイトも優劣がつく日も少なからずありそうです。

ネット動画でもより詳細にコンテンツ分析していきたいと思いますので「投稿サイト」と「配信サイト」とに今後分けます、追加で「ネット関係」もカテゴライズに入れます。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

松竹と三井物産、動画配信に参入

松竹と三井物産、動画配信に参入-ITmedia News

結構古い記事ですが・・・
とうとう商社系までもがネット動画配信ビジネスに参入してきたかぁと言う感じ。
記事を見ると「オリジナルコンテンツ作品300本」とある様なので、益々撮影の単価も下がってくるんだろうと思う。

未だネットでの動画配信は「flash」が多用されていますし、大画面パソコンの需要はあまり無いので、この記事だけでは判りません。
むしろVOD(ビデオオンデマンド)として大画面テレビやプロジェクターを利用している顧客へ向けての作品制作とも取れるのですが、どの様に取ったら良いでしょうか。

逆に国内向け顧客を獲得するよりも松竹が入るのなら「歌舞伎」を世界に向けて動画発信する事も、日本文化を知ってもらう機会が十分あるし収支も見込めるのではないかと思います。


小間使い記

余談
もしかしたら以前にもちょっと書いたのかも知れません。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

アニメ制作会社も動画配信

暫くぶりに見ていなかった動画配信サイト。
USENでは「アルプスの少女ハイジ」を配信中で、1話目を見入ってしまいました(^^;;

で、いろいろ見て回っていたら現在のトムスエンターティーメント:いわゆる「東京ムービー」さんが動画配信を行っているとの事。ポイント制を取っての配信。懐かしいアニメ作品がごろごろ転がっていました。

マルチメディア化でアニメ制作会社もただ二次配信するのではなく、作品一体のおもちゃなども手がけ始めたのが、第二次アニメブーム時だったのでは無いでしょうか。

今は秋葉原に集中している、「萌え系ビジネス」の原点は「アニメショップ」から始まったと思います。その頃のアニメショップは映画館の片隅にあったり、限られた店舗にしかありませんでしたが、今やアキバに行けばアニメグッズショップに当たります。

アニメ作品からアニメゲームに派生し、2ちゃんねるの「電車男」になり「萌え系ビジネス」が出来たと言っても良いのかも知れません。

しかしトムスがセガサミーグループに飲み込まれていたとは・・・アミューズメントの部分で提携、資本投入など慌ただしいですね。ゲーム屋さんの株でも買っておこうかな(笑)

因みにトムスさんのポイント購入はここのblogの運営会社の関連でもあるウェブマネーさんも使える様です・・・

小間使い期
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

果たして戦跡はオブジェか?

過去記事に記してある「ビデオジャーナリスト」の真咲なおこさんが月1回放映ペースでtvkの夕方枠で放送されている「未来検索TV-Archive」の5月のテーマは「崩れたオブジェはかく語りき グアム島

第二次世界戦争の日本軍が残した錆び付いた武器など日本からのリゾート観光客が多いグアム島での映像を絡めながら音楽でまとめていました。

リンク先からブロードバンド映像で見られますが、はっきり言って母親が戦争中で焼夷弾を逃げ回ったと言う話や沖縄の南部戦跡へ連れて行った時に突然戦争中の事を思い出して泣き出した事は未だに目に焼き付いています。

そう言った戦争体験者にとっては観光地に取り残され錆び付いた武器をオブジェと簡単に言い切れるでしょうか?個人的に番組を見て凄く違和感を持ちました。

これこそ「演出の違い」でもあり「制作者の意図の違い」がはっきりしてきます。
平和を考えていても、真咲さんの周りに一人でも各地の大空襲を経験した方から話が引き出せていたら、また違った番組になるでしょう。

「戦争を知らない子供たち」と言う歌もありましたし、学生運動を知らない当方ではありますが、毎日頑張っている沖縄のバスガイドさん達の方が戦跡を案内しながら平和を願っているのではないでしょうか?

グアムや沖縄などリゾートも宜しいですが、大東亜共栄圏にあった錆びた武器達をオブジェとして見られない人たちもまだいる事を判って頂きたいと思っています。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

横浜市会のインターネット中継

政令指定都市ではたぶん初めてと思われる横浜市会(市議会)のインターネット中継

本会議と委員会のストリーミング生・録画中継。
コンテンツとしては「会議別」「会派別」「議員別」から検索してVODで見られる方法となっています。
動画の中では横下スーパーで議員名・選出区を常時流しています。
また質問内容も動画の脇に記載してあるのである意味画期的と言うか・・・

他の自治体でもこの様な市町村議会中継を行っている所は多いとは思いますが、これだけ判りやすいと評判は良い筈なのですが、見てみるとまだまだ改良の余地はありそうです。

神奈川県議会でも定例本議会をストリーミング動画として流していますが委員会は見られません。

前々から横浜市会や市民が提案してきたインターネット中継ですから見守って行くべきでしょうね。

6/15追記
民活として前年度より横浜市ではゴミ収集車でクレイジーケンバンドの曲を流しています。
クレイジーケンバンド-いいね!横浜G30


6/20追記
横浜市戦後の復興期の映像が市のホームページにて公開されていまいたので参考リンクとしておいておきます。
参考リンク:横浜市都市経営局基地対策部基地返還の促進「映像で見る横浜の接収と復興
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

VODに続々参入

8/17朝日新聞経済面-
「放送・通信・レンタル-ビデオ・オン・デマンドの波」
いずれレンタル業よりビデオ・オン・デマンドの配信業が伸びると記事に記されてある。
また光通信網普及利用増進む・・・とある。

ほぼ現状では全てのビデオ・オン・デマンドの利用が二次使用であり、過去に作られたソフトの二次使用である事を忘れないでいて欲しい。

映像制作会社を企業買収でビデオ・オン・デマンドをするのではなく自社制作が出来る配信会社が出来てくる、自社で制作者、クリエーターを養成できる様な業態を作って欲しい。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

国会TV

国会は各テレビ局や紙媒体などメディアで見るのでなくこういったネットでの中継をお勧めします。


国会TV

衆議院TV

参議院インターネット審議中継


各放送局やメディアの様に論評がなくネットを見ながら自分でいろいろと考えながら政治について考える事ができます。


19:08追記
衆議院解散となり選挙となりますが、今後作られるであろう投票啓発CMによっても投票率も変わってくると思います。
現在、民放連では「CMのCM」enjoy-CMキャンペーン展開中ですが、こんな様な目を引く様、また投票率が上がるであろうCMを是非作って欲しいと思います。
前述の金八先生の記事でも書きましたが選挙になれば未だ選挙投票はがき性別欄が載っている地域があって選挙に行くのも戸籍の性別が判って精神的苦痛を漏らしている性同一性障害者の方もおられるんじゃ無いかと思っています。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 動画配信サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする