2007年07月13日

デジタル放送からDVD1回を最大10回に

コピー緩和:デジタル放送からDVD、1回を最大10回に-毎日インタラクティブ

次世代DVDがまだ模索している中で、総務省内で決まられる事に何とも言い難い記事でもありますが。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

大泉洋氏が何故ブレイクしないか。

ゲゲゲの鬼太郎や全国区のCMでもかなり「俳優」として出て来ているのですが、何故かあまりブレイクしない様です。

何故でしょうか・・・あれだけHTBさんの北海道の一ローカル番組「水曜どうでしょう」で活躍されて全国に放映局が増えたのに・・・

やはりこれにはHTBの藤村Drと嬉野Dr、そしてオフィスcueの社長でもあり俳優でもある鈴井貴之氏の存在があって大泉氏が盛り上がるんだと思います。

過去記事にも書きましたが、タモリ氏が大泉氏をいじっても何か物足りない。
トーク番組でも大泉氏単独では全国区では何か盛り上がらない・・・

tvkやTOKYO MXの「水曜どうでしょう」「水曜どうでしょうClasic」の中では大泉氏が輝いて見えるのは、こうした他の3人の盛り立てがあってこその大泉氏だと思うのです。

ラジオ番組にも作家さんが盛り立てる番組はコアなリスナーがついて長く続く事がありますが、それと同じで「パーソナリティが単独になるとぱっとしない

どの電波メディアの番組でも引き立て役が重要だと思うのですが。


小間使い記

6月12日追記
誤字修正しました、失礼致しました。
反応をどうも有り難うございます、舞台を見た方からの生の反応は良いですね、羨ましいと思います。こちらもじっくりと俳優としての大泉氏の活躍を見ていきたいんですが、見る機会がTVを通してしか無いのが残念であります。全国区でもっと大物俳優になって欲しいこそここで書いたのですが。人の手を借りてまでの俳優さんとは思いませんが、TVドラマ版「東京タワー」でのケチがついたからこそめげないで欲しい・・・本来は俳優業がベースですから。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:12| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

楽天市場に店舗を構えると儲かる?

昨日の映像撮影編でもちょっと触れたのですが、「楽天市場に店舗を構えると儲かる」のはホンの一部でしょう。

多くの店舗が1円オークションなどをやって商品は代引きで送料含めれば、値段によっては商品の倍以上支払う事があります。

またポイントばらまきもただ無駄に楽天市場に店舗を構えているお店からのメールがジャンジャン来ます。私の様なポイント乞食(笑)もそのうちの一人ですが。

未だ「TBSと楽天の株取引」が報道されていますが、インターネット上通販では楽天が一人勝ちなのでしょうか?同じくポイント制を取っているYahoo!ショッピング、Yahooの裏事情は表に出てきません。

何もここで「楽天バッシング」しようとは思いませんが、このまま行けば楽天市場やオークション、ポイントの件で2ちゃんねるあたりで結構情報が流れていますので、危なくもなるでしょうし。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

クリックゲーム

何故か2ちゃんねるを含め、世界全体で国別のクリックゲームが流行っているらしい。
詳しくは「ClickJapan@wiki 」。
その中でこのゲームを始めたと言うハンガリーのクリエーターが海賊ラジオをやっているとの事。

日本で言えば「ミニFMの移動版」と言った所でしょうか。
ヨーロッパでは昔、商業放送が認められない国もあって、公海上から船を使っての商業放送を海賊放送と呼んでいました、これはBCLの間では昔から有名ですが。

面白い事になっていますね、日本では海賊放送は出来ない免許制度がありますし、現状を言えばミニFMもネットラジオに重心を置いている方も多いと聞きます。

こういった「海賊放送」・・・メディア論から研究してみればもっと深く研究が出来るのでは無いかと・・・

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

新聞対Webメディア対ブログ

新聞対Webメディア対ブログ――新旧メディアの長所と短所とは?-ITmedia.BizID

ここのBlogも「メディア」と思ってもいないし、小間使いも「ブロガー」とも言い難い。
記事にも書かれている様に「ホームページコンテンツのおまけ」として位置づけをしていますし、「メディア全般」を好きな様に書かせて貰っているからですが。



小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

災害救助法-Biglobe月額基本料無料

平成19年(2007年)能登半島地震」の被災に伴うBIGLOBE接続サービス月額基本料金の無料化について-Biglobeニュース

災害救助法-内閣府サイト

災害に際して「NTT」が無料電話を置くのもこういった法律からであると思います。
ライフラインが寸断され「有線でのネット通信」も不能や輻輳があると思うので、この様なBiglobeの姿勢も評価出来るのではないかと思います。



小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

障がい者の為の就職情報誌

出先で「障がい者の為の就職情報誌」に出逢いましたので一部拝借してきました。

クローバー.jpg
インターネット上でもクローバーナビを展開しています。

中身を見ると「上場企業」が沢山載っていますが、障害の級数やどの様な障害を持っているかでも大分絞られている様です。「障害者雇用枠」が出来て「募集企業側にも税制などの優遇措置」があるので上場企業も障害者雇用には積極的なのですが。

個人的にはそんな遠くの上場企業の障害者枠で働なくとも、生まれた土地の地元の企業で地元で生きる障害者として受け入れて欲しいと思っているのですが。
暴論になりますが「障害を売りにしてまで」って感じの方も多いですし、またそれを「人の為のボランティア」として使っている方もいます。

障害者とのメディア関係は過去何度も書いていますが、視覚障害者の為には「音=ラジオ」も不可欠になります、特に災害時には「音」が重要です。
コミュニティFM局が「災害の為」に各地に開局されていますが、一度でも良いので視覚障害の方がエリア内に何人いるか調べて頂きたいと思っています。

最近は行政でも「障害者」と書かずに「障がい者」と書く場合が多い様です。
「害」の字がまずいらしいと言う事です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:49| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

FMラジオ付きテレビ

EIZOで面白いテレビを見つけました。
FORIS.TV SC19XA1


地デジチューナーが入っていないアナログチューナーのテレビです、キティちゃんバージョンもあると言うのでキティコレクターには堪らない一品かも知れません。
今までテレビ音声が聞けるラジオはありましたが、FMラジオが聞けるテレビとは「逆転の発想」かも知れません。

今更ながら地デジ対応していなくてもこういったアナログ放送のみのテレビは「テレビゲーム用モニター」や「ビデオモニター」代わりにはなってくれると思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

ねつ造の行政処分新設

放送法改正案:閣議決定 ねつ造の行政処分新設−毎日新聞

過去記事の「日テレ幹部ら4人処分」にも記した様に「制作プロダクション側には責任が無い」と思われては困る。

5人けが、複雑骨折も=「新SASUKE」収録で−TBS−Yahoo!ニュース
今回もですか・・・
この番組の制作プロダクションは上層部が祭られている(^^;;程のプロダクションでもありますが・・・

こういった「制作プロダクション」への行政処分はなし・・・「制作プロダクション側に何かの利権?壁が立って守っている」と詮索される視聴者も今後増えそうですが。

ニュース報道では「BPOが動かない限りは行政処分しない」との事。

NHK:尾身財務相が批判「松坂報道に時間割き過ぎ」−毎日新聞

余計なお世話かも知れませんが、国技の大相撲でさえ「見たくない」という視聴者がいる中で閣僚がこの様な発言をする事自体、個人的に不愉快ですが。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:32| Comment(0) | TrackBack(2) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ドラマも対象・番組ねつ造

<放送法改正案>番組ねつ造処分は「ドラマも対象」菅総務相-Yahoo!ニュース

これからの「演出屋」さんは大変だろうと思います。
今回、関西テレビが民放連から除名されたと言いますが、電波管理当局は「番組制作監督行き届き処分」にしたのでしょう。

2005年3月前後から「制作プロダクションにも責任がある」と書き続けて来ましたが、そろそろニュース情報バラエティの脱下請け化をしたら・・・孫請けも潰れてしまいますが。
殆どの大きな大手制作プロダクションは何処かの系列資本が入っているので、そうそう潰れる事は無いでしょうが、孫請けになれば事は深刻でしょう。

メディアの選択を迫られている」事も最初の方に記事にして書いてありますが。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

能登沖地震

今日9:42の能登沖地震で、NHK総合TVは午前中はほぼ「地震情報」に徹していました。地域局からの放送は少なくまずは名古屋局がまとめ役として北陸2県地域局へ繋いでいたのには?が付きました。

もちろん地域の繋がりが北陸は名古屋圏との文化や繋がりが強いせいでしょうか?
首都圏からはまだ遠い「北陸」ですが、この地震が東海地震の前触れで無ければ良いのですが・・・

在京民放TVキー局も特番を入れておりましたが「未確認情報」の多さに閉口。
ネットワーク局が多くても、やはり首都圏からの情報ばかりで、地元密着とは言えないのが現状です。

コミュニティFMで被災地、当該された局が今日の地震関係で今後資料としてまとめて公開して頂けると、各局にも有り難いと思っています。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

話し方教室

東武鉄道のメールマガジンで気になったので記事にします。

東武カルチュアスクール4月スタートの新講座。
「魅力的な声・話し方・読み方」
講師:アナウンサー/大橋照子
あなたの声は、磨き方によってくっきりとツヤやかになります。
そして、爽やかで好感の持てる話し方・読み方を身に付けて、楽しく素敵な毎日を送りましょう。ご一緒に、上手い話し手を目指して練習しましょう。
https://www.102club.com/Tobu_102/coupon102/female/female_picup.html


「話し方教室」と言っても、講師は以前にも取りあげた元ラジオNIKKEIアナウンサー「大橋照子」さん、今はフリーランスとなって「TOプランニング」として企業向けの話し方教室を始め、首都圏では独立U局で時たま見かける番販の「紀行もの番組」のナレーションも勤めています。ラジオたんぱさんの頃からの根強いファンもおられる様ですが。

こうやって文章で表現するよりも「話し方教室」などでコミュニケーションを増す事も「人」には必要ではないでしょうか。MSNメッセンジャーなどは動画でお互いにコミュニケーションが図れますが、まだまだネットではテキストだけで表現をする事で些細な誤解も生じてしまいますので。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

久々に新聞に触れました

今日公共施設でもある「地域コミュニティーセンター」にお邪魔して来ました。
そこで久々に触れる「新聞」。朝日新聞には「メディア」の記事があり「やらせ・ねつ造・歪曲」などの記事が踊っていました。

7月からまた新聞を取る訳ですが、新聞からネタを拾う事もやはり重要だと思います。
首都圏では地域紙を覗いて全国紙の地方支局にはあまり記者がおりません。

そこで議会などの「独占スクープ」も取りやすい全国紙地方支局の記者もいて、全国紙・地方紙の読み比べも必要だと感じました。

地方支局記者からもたらされるネタ?も数多くあって会社組織にすれば全国紙全部を取っている会社もある訳ですが・・・

パニック障害で知り合った方が全国紙で連載を隔週で持っておられた事もありましたが。

新聞ネタがが無いのでもう暫くはこちらは不定期な更新になります。
映像撮影編では飛び飛びながらも記事にしていますが・・・

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

放送技術誌

活字媒体に接する機会が少なくなった現在ですが、ターミナル駅の書店に寄ったら「放送技術」兼六館出版が棚にありました。存在は知っていましたが、撮影技術と言うよりも「放送送出系全体」にまとめられています。

PA0_0000.JPG

今や携帯で内容まで写真を撮る不届き者(^^;;もおる様ですが、内容だけをちら見しました。「無線の免許を持っている方にお勧め」の放送技術雑誌だと思います。
脇には「無線関連」の雑誌がずらり・・・

撮影技術の方はビデオサロン:玄光社の趣味・セミプロ誌や本格的な撮影技術までをも載せているビデオα:写真工業出版などがあります。

小間使い記

追記
知多メディアネットワークスさま
コミュニティFMのエリア情報を有り難うございました、主要エリアは「東海市」になるそうですので訂正修正しておきました事をご報告申し上げます。

現状は概要の投稿フォームやはてなのプロフィールからのGmailがSPAM扱いになりませんのでよろしくお願い致します。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

投稿動画サイト

最近は日本でもYoutube日本版とも言える投稿動画サイトが増えてきたのは前記記事でも書いた所ですが。

みなくるビデオAsk.jpビデオ、そしてソーシャルワーキングネットワークの大手でもあるmixiでもプレミアム月額制ながら500Mの動画が投稿出来る。

しかし、全ての動画が「フラッシュ」に変換されてしまうのは勘弁して欲しい。
プロバイダから見れば回線速度を占用しない軽いフラッシュで動画にしてしまうのは、インターネット利用者に取って良い事であろうし、未だに光回線などを入れていないユーザーに取っては、じっくり見れるだろうと思う。

でもやはり「変換せずに綺麗に見て貰いたい」となったら「光回線」がベストなんだろう。これは「音声」にも言える事でもある、送出部分が100としたらADSLでは半分以下に損失してしまうだろうと思います。

まだ高い日本のインターネット利用料・・・
まだ光回線にしていない僻みの言葉でもありますが(^^;;


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

杉田劇場

横浜市磯子区民文化センター−通称:杉田劇場と言われる場所である。
美空ひばりお嬢が「始めて出た劇場」が生まれ変わって、箱モノ施設が出来上がっています。管理は指定管理者制度で5年毎に代わり、劇場の方針も「横浜改革」の元に民間や3セクの財団の手に委ねられている現状です。

ロビーに「ミソラ楽団」のパンフレットの複製が展示されていました。

misora.jpg

元は漁村だった、杉田の地に「劇場」が出来て、娯楽に発展していったんだろうと思います。漁村の劇場・演芸場だと「浪曲」が流行る所に笠置シズ子の再来と言われる天才少女
「美空ひばり」の登場は衝撃だったろうと推測されます。

今、私の携帯には「川の流れの様に」が入っていますが、撮影前にそれを聞きながら、仕事に入ったとは感無量でもありました。

歩いて近くに行けば「ゆず」の曲の歌詞にもある「おでんや」さんや商店主とも顔なじみの「文具店」があります・・・亡き母の事は顔見知りでしたがまだ訃報を伝えていませんが、この土地には音楽に携わる人たちが沢山います、もちろん繰り上がり当選した某参議院議員もこの土地とはゆかりがあり、同じ学校を卒業していたりもする地域でもありますが・・・
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

そのまんま効果

タイトル通り。

宮崎県の東国原知事の当選でメディアに露出する時間が多くなり、それに連れて広告効果が上がっています。

「タレント知事」が良いのかは別として、この数週間で「宮崎県」の名前は上昇しています。ワイドショーを始め、夕方のニュースワイドショーにも出演すれば「広告効果」「宮崎県のイメージが強くなる」

これも映像のマジックなのでしょう、これからのメディアに出ない所での手腕に期待しています。

余談ですが「福井県敦賀市」のコミュニティFM開局準備サイトからリンクされましたので、こちらからもリンクを致しました。どうぞよろしくお願い致します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:38| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

編集中です・・・

この所、季節柄なのでしょうか、また変な風邪を貰い熱を出しまして(^^;;、市販薬で誤魔化しながらその合間に私的イベントを挟んでイベント撮影、そのイベント時の放映用プローモーションビデオを作っております。しかし時間がない(;__;)途中の字幕を入れないで現在DVDに試しに焼いておりますが。

ラジオもテレビも同じですが、番組や1本の作品を作るのは時間が掛かります。
フロムさんもブログの方で触れられておりましたが、数分の番組でさえ、リサーチ←一番重要、から打ち合わせ、撮影、編集に取りかかります。そこで1つの番組や作品が出来る・・・

何処かの部分で何かが欠けると「ねつ造・歪曲」などが起こりますが。

今日ワイドショーで取りあげられていたのは日テレの大杉久美子アナの自殺。
故大杉さん宅に同僚アナら弔問-日刊スポーツ:2/5
線維筋痛症」と言うまだ聞き慣れない疾患だそうですが日本には2000人の患者がいると言う事で、今回の報道で判った方もいらっしゃると思います。

日本人の誰かは何処かに何かの疾患を抱えて日常生活しています、そして社会生活を送っています。誰しも「健康だ」とは胸を張れない言いにくい日本の社会ですが、カミングアウトすると「偏見差別」にも繋がる日本社会。
「線維筋痛症」も日本の社会では「怠け病」と取られる・・・この国はそう言った人々に優しくない国なんでしょうね。

また「湘南乃風」の若旦那さんが「ムコ多糖症支援」に乗り出しています。
ムコ多糖症支援ネットワーク(ムコネット)
日本では現在300人の患者がいて「いつ死ぬか判らない、新薬が日本ではまだ承認されない」と言う厳しい現実が映像メディアから伝わってきます。

実は・・・私も「パニック障害」を今も抱える身です。初めてここで打ち明けカミングアウト(^^;;しますが、これもまた日本の社会では「偏見差別」の温床で身内やパニック障害当事者でない人には「精神病・怠け者」とのレッテルを貼れる事が多いのです。

映像メディアや福祉番組で取りあげられても、まだまだ疾患を抱えている当事者には「美しくない国」でもあります。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

JASRAC支払いとクリスタルキング

本日ホールでの撮影打ち合わせの為に午後出かけてまいりました。
次いでと言っては何ですが「JASRACへの支払い」も済ましてまいりました。
コンビニで支払いをしたのですが「手数料支払者負担」という事で余分に取られましたが・・・

今回こちらで書くのはメディア全般に渡ってしまうので、申し訳ないのですがこちらで書かせて頂きます。
で、主催者と打ち合わせ致しまして「進行が判らない(^^;;」、カメラチェック中、音声チェック途中でカメラ電源が無くなりました(^^;;が、ピンマイクで仕込む位置も決まり、後は臨機応変に撮っていきましょう・・・

とは言いつつ今回「クリスタルキング」のムッシュ吉崎さんがご出演し、3曲を披露されるそうです。クリスタルキング・・・そう「大都会」でヒットを飛ばし、その後TVアニメ・北斗の拳の主題歌でもある「愛をとりもどせ!」でスターダムを延ばし、その後パチンコやスロット、映画にまでもなった「北斗の拳」の主題歌を歌っている方々です。

クリスタルキング」-wikipedia

北斗の拳」-wikipedia


少年ジャンプで漫画になり、それがTVアニメでヒットになって映画も作られ、ゲーム、パチンコ・スロットにもなる・・・まさに「相乗効果」です。
郊外店の多いパチンコ屋さんにはいろいろな台があります。
最近は前記記事でもしたためている「美空ひばり」お嬢の台や、「冬のソナタ」も人気ですが、「北斗の拳」は30歳代の方なら誰でも知っている筈です。
特に少年誌でダントツ1位だった「少年ジャンプ」からは数々のTVアニメが生まれていますし、漫画家さんでもある鳥山明さんがキャラクターを書いたゲームソフト「ドラゴンクエスト」ブームも忘れてはならないでしょう

「北斗の拳」のシリーズ映画はアミューズメント会社の「サミー」さんが「北斗の拳ラヲウ伝」を後援しています
また「TEAM Entertainment CD/愛をとりもどせ!! クリスタルキング」と言うCDを発売しています。
今は「セガサミー」となっていますがアミューズメント・ゲーム業界の合併で「北斗の拳」の主題歌もゲーム内で流れる事でしょう。

いろいろと打ち合わせの中で「歌っている場面は撮影NG
その後著作権についてお話させて頂きましたが「ネットに出回れば問題になる
今や携帯でも動画撮影が出来、ネットに流れる時代ですがムッシュさんのお話で「ラスベガスでは観客一人一人所持品チェックが入る」そうです。

歌っている歌手のムッシュ吉崎さん本人に言われると「やはり映像制作や放送する作り手側でもミュージシャンや作詞家・作曲家の作った音楽は大切にしなければいけないな」と実感しました。
打ち合わせが終わり一服最中のムッシュさんと再度お話をさせて頂きました。

現在は初期のメンバー構成とは違うとの事でしたが、現在は「(株)クリスタルキングカンパニー」を設立され、昨年フォミュラーニッポン開幕戦で国歌斉唱をされたり、また「愛をとりもどせ」の着うたも昨年度3月中間記の「オリコンスタイル」でダウンロード数3位を達成しています。
今年度は2月23日発売の「北斗の拳ユリア伝DVD」にも「愛をとりもどせ」が収録されています。

「小間使いさん(本名)の力でコミュニティFMにも宣伝して下さい」と言われましたが、人脈も力もない、ただの映像技術屋ですので、お役に立てるかどうかあせあせ(飛び散る汗)
もしムッシュ吉崎さんとコンタクトを取りたい、放送やイベントに出演して頂きたいと思う方にムッシュさんと事務所の方からもお名刺を頂きましたので、どうぞお役に立てれば幸いです。

最後はファイリングしたプロフィールまで頂き本当に有り難うございました。
当日は皆様よろしくお願い致します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:25| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

放送ライブラリー

映像撮影編でも書きましたが昨日「放送ライブラリー」にちょっと寄って見ました。
灯台もと暗し、これが初めての訪問でもありパシフィコ地区にあった頃も行って無かったのです。

8Fの視聴ブースフロアは「視聴ブースの画面が映る」と言う事で著作権の問題もあって施設スタッフからNGが出されました。

その他は撮影OKだと言う事なので何点か写真をアップします。
この施設の場所の正式名称は「横浜情報文化センター
「電話交換発祥の地」でもあり旧NTTの支店やガーデンには旧横浜市消防局日本大通署があった場所です。

放送ライブラリーは8〜10階に渡って施設が構成されています。9F以上には電波メディアに関する資料も展示されていました。


初期のラジオや映像記録メディアの変遷など、実物展示が目を惹きました。
また簡易スタジオで「TVディレクターやキャスターを体験しよう」、180度パノラマ映像などでは「水俣病ニュース映像」が流れていました、かなり施設は充実されています。
企画展も常時なされている様で、訪れたこの日は「ウルトラマン伝説展」が開催されていましたので、お子さんが多くいました。

撮影不可でした「ウルトラマンの台本」も時間を掛けてゆっくり見たい部分でした。

目に入ったのは入り口の協賛各社や参加各社・賛助会員などのプレート。
「TV局」だけではなく「AM・FMラジオ局」の番組もライブラリーに保存されている事。
施設を運営する資金を提供する賛助会員の中にはビデオリサーチや吉本興業、NHKアイテック、制作プロダクションでもあるえすとなどが名を連ねていました。

パンフレット置き場に「tvk」「FMヨコハマ」の他に「TOKYO MX」のタイムテーブルが置いてあったのは意外でした。

頂いた資料を少し紹介。
来週1/28になりますが第53回カンヌ国際広告祭入賞作品上映会があるそうです。
またNPO法人放送批評懇談会ではギャラクシー賞の中に「マイベストテレビ賞」を創設。
放懇の会員になって投票出来ると言う賞だそうです、早速会員となりましたので、今後ゆっくり見てみる事と致しましょう。

かなりの写真も撮れたので今後追々記事にしていくつもりです。

小間使い記

2009/8/6追記
放送ライブラリーさまから写真はNGと言う事をご連絡頂きましたので削除致しました。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

CXデジタルマーケット

在京民放テレビ各局が「デジタルコンテンツ」事業に乗り出しているのは、前記事にも「第二日本テレビ関係」でも書いた所ですが、今回はフジテレビの「CXデジタルマーケット

ポイント交換サイトの老舗でもあるGポイントとポイント交換して「ドラマの着メロ」「女子アナ着信音」などが「買える」と言う方法。
第二日本テレビ」もGポイント交換で「デジタルコンテンツ」が買えると言う点。

大手で言えば「Yahoo!ポイント」や「楽天市場-スーパーポイント」も各種ショッピングやポイントサイトなど相互交換を行っている事からも、今後Edyなど電子マネーへの対応や地域通貨にも対応していけば「相乗効果」は出てくるでしょう。

もちろんFMいるかさんなど一部のコミュニティFMのファンカードもクレジットカード対応ですから、こういったポイント交換サイトとの「相乗効果」は多少なりとも無視は出来ないでしょう。

小間使い記

追記
昨日FM小田原に予備免許が下りたそうですが10Wだそうで、湘南地域のコミュニティFMでは他のコミュニティFMは20Wなんですが・・・やはり周波数逼迫が関東平野の隅にも押し寄せている様です。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

amazonでの放送機材

amazon.jpで結構放送機材も取引されています。

見かけたのはSHUREのスタジオ・コンデンサ・マイク。


SONYマイクでもこんなのが出品されていました。



スタジオブースでのちょっとした収録に使えそうなタイプですが。

メーカー・SHUREは世界規模のマイクロフォンメーカーですので、日本では代理店やコンサルティング業者を通じてしか手に入りませんが、有名クラブのDJあたりはこういう所から手元に置いて使うんでしょうかね。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

デジカメ変遷

うちの所有のデジカメ変遷です。

cam1.jpg

左からFUJIFILM finePix F450、finePix A202、そしてデジカメ初期のCASIO QV-10A。

QV-10Aなんか内蔵メモリしか使えませんでしたからね、それも昔のPC98シリーズのシリアルでしたかに繋いでいました。

こうして見るとデジカメの変遷も判って面白いと思いますが。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古機材屋の利用

以前にも中古機材屋の事を書きました、あまり中古屋の事を書いても叱られるかも知れませんが。

ミキサーなど音声系だけではなく、ラジオ放送送出系の機材が出されていました。
トラスト(株)

ノンリニア映像系の編集機材の中にポツンと「Windowsベースのラジオ送出用Digital Audio Workstation」がありました。

音声系機材も豊富に揃っていますので、こういった中古機材もチェックして見るのも良いのかも知れません。


小間使い記

余談
後から当該の送出機材を見ると技術リンク集にもあるコンサルティング業者さんの一社のスタジオエクゼさんの機材でした。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

経費削減の一つ−子供達への理科離れ還元策

撮影編集編にも少し書いたのですが、コミュニティFM各局で違うと思いますが、市販のキャノンケーブルを使う事が多い様で「自作で半田ごてを使って音声ケーブルを作る」事は少ない様ですが。
新人スタッフさんには「ケーブル(音声・映像限らず)を自作させる事」をまず覚えさせても良いと思います。コンサルから納入された音声ケーブルも断線や疲労が必ずあります。
そんな時はどうしましょう?新しくコンサルさんから買い求めますか?
技術系統に強い局員スタッフなら「キャノンコネクタ、ケーブルを買ってきて半田ごてで作ってしまう」のも経費削減の一つだと思っています。また地方なら通販で販売店から直接買い求める事だって出来ます。予備のケーブルが何本あっても無駄にはならない筈です。


ケーブルの「8の字巻き」も新人時代に知っておきたい所です。

ある程度、映像技術(VE・音声)と音声技術は似ている面もあり、通販でもコネクタ一つでも買い求められるので、ある程度疲労・断線などを見こうして、ケーブルやコネクタを前もって買い足して保存するのも経費削減なのかも知れません。

子供の理科離れで「半田ごてを使う授業」も少なくなりました。
地域に開かれているコミュニティFMで「FMラジオキットの制作」なんかを催したら、子供達は「自分が作ったラジオが聞ける」「作ったラジオからここのFM局が聞ける」として、「少子化を見込んでの子供から大人になる時期のリスナー獲得」とも言えないでしょうか?

まだまだ「手作りラジオキット」は健在です。
是非、「子供の理科離れ」と「子供から大人になる時期のリスナー獲得」にも目を向けて欲しいと思っています。

小間使い記

12/16・12/21追記
FMラジオキットもICチップ化され部品も少なくなりました、だからこそ「簡単に出来てかつ自社アピール」

参考情報
「ラジオを作ろう!ものづくり体験会」の開催について〜電波について楽しく学ぼう!!〜」−北陸総合通信局報道資料



こういった事を幼い頃の鉄道好きの子供達に横浜市交通局の天下り先(笑)でもある横浜市交通局協力会が運営する「横浜市電博物館」で毎年「鉄道模型の組み立て」を小学生対象に行っています。
もちろん制作費を頂いて協力会(交通局OB)のメンバーが、製作指導に当たっています。

技術系スタッフやボランティアがいるだろうコミュニティFM局にも「半田ごて」を使える方はいるでしょうか?ICなどチップ系の半田付けは熱を長く伝えると壊れる事は知っている筈です。「一家に一本半田ごて(笑)」、またコネクタ圧着機などの専用器具は必要な物かも知れません。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 21:24| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

2日程のSPAM

捨てアドに同じ送信者名でしつこい様に送ってくる出会い系SPAMがありまして。

でメールヘッダ解析を使って見た所、近畿のあるITサーバ構築会社にたどり着きました。
サイトを見回っていると「スイッチングサーバーでの配信システム」を売っているんですよ、この会社。
一応、ここの会社の注意書きで「スパム行為を推奨するシステムではありません。
このシステムを使ってスパム行為を行っていることが発覚した場合、ただちに運用を停止いただくよう通告する場合がございます。

なんだ、結局SPAM業者がサーバー借りての送信か。
URLを踏むとワンクリック詐欺だかなるのだろう。

何れ、そのURLから業者が特定され、サーバ運営会社に通報されると思うので月契約分含め50,000円近くは無駄になるのでは無いでしょうか。

送信者名漢字3文字に同じ様なテンプレート文面には要注意です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:57| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

口コミブログ

こちらではいつも好きな事を書かせて頂いておりますが。

口コミブログが増えた事、動画ブログも増え、中にはソーシャルワーキングネットワークサイト(SNS)で写真や動画も共有出来る時代になりました。

「楽曲使っている動画はJASRACへ許諾申請出したら?」とは申しませんが、現在ネット上ではまだJASRACも許諾権料を各団体と推し量っている様なので、そこまで言えませんが、うちとしても本当に早い所決めて貰いたい所です。

関連ニュース
ユーチューブに許可なし投稿の防止策要請−スポーツ報知


さてコミュニティFMも「FM Mot.com」さんに本免許、「千里ニュータウンFM」さんにも予備免許が出て、今年一杯までには実質200局まで到達しそうです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:53| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

第17回ALS/MND国際シンポジウム

ALS、いわゆる「筋萎縮性側索硬化症」の国際シンポジウムが2006年11月30日(木)〜12月2日(土)パシフィコ横浜で開催されることになりました。

前々から「バリアフリーのメディア」を模索し「障害者の人材としてのメディア登用を」と言い続けていました。しかし「障害者」がメディアに晒されれば、「興味本位」「奇異の目」でしか見ないのです。「メディアに出演」すれば、特にそう思います。

メディアがこう言った「シンポジウム取材」や「啓発」に努められない様では、「障害者」がワイドショーあたりで出演すれば単なる「視聴率合戦の宣伝者」にもなりかねません。障害当事者もその点を判って頂きたいと思っています。

公式サイト
第17回ALS/MND国際シンポジウム


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:23| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム・マイナス6%

小泉内閣の肝いりの一つだった「チーム・マイナス6%

クール・ビズ」「ウォーム・ビズ」を生んだ環境省の運動の一つ、流行語にもなった位です。

法人宛のメールが止まっていませんか?参加各社。
まだ「チーム・マイナス6%」のサイトはありますが、参加企業でもバナー広告を見るのは希になりました。

安倍内閣ではこの運動をもっと推奨させるつもりは無いんですかね?
こんな所からも「今の日本」が見えてくる様に思えるのですが。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 06:21| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

EZリンク集の更新

EZWeb用携帯コンテンツを久々に見てみましたら、今までの「EZWeb(ツーカグループ)」で見れていたある県が見れなくなっておりました。申し訳ありません。
「EZWeb」もCDMA1×やWINに変わって、「結構デリケートな編集構成」だと判りました。

久々に「Openwave SDK 6.2K」やKDDI提供の「マイデッキエディタPRO」をダウンロードして来て、チェックを掛けていつもの様に手書きで更新しております。
うちは元々「Web構築技術者」や「SE」では無いんですが(笑)


先ほどtvkの「Hi!こちら横浜編集局」で「ハマに続々!アーティストの創造拠点」として特集をしていましたが、クレイ(粘土細工)アニメーションの「I.TOON ANIMATION STUDIO」さんの様子が放送されていました。

アーティスト」「クリエーター」の違いってなんでしょうね?
同じ作品を作るのに「両者」が絡む場合もある訳です。
wikiにリンクしましたが両者とも「何かを作り出す者」と言う言葉が出てくるんですね。


さて番組の方ですがスポンサーも今期から変わった様で横浜市湘南地域を拠点としたリスト(株)さんが関東民放ローカルCMを出し始め、今期自治体広報番組でもあるこの番組にCMを入れています、またFANCALさんも地元企業、東京ガスさんの3社となりましたが、地元企業では無い東京ガスが何故この番組にCMを入れるかと言えば「明治時代のガス灯の発祥が横浜」で、それを横浜瓦斯会社(後の横浜瓦斯局)と言う市の一局にしていた頃のなごりで、その横浜瓦斯局の施設交換で横浜市が東京ガスの一株主に今もなっている訳です。

小間使い・管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:20| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

迷惑メール対策用メールヘッダ解析

晩ご飯前ですが。

以前からSPAM対策で迷惑メール(spam)対策用メールヘッダ解析を使っているんですが、「出会い系」SPAMが増えた事。

3時間ちかくびっしりパソコン前で編集して回線に繋がないうちにどっさりとSPAM。
久々にメール解析を掛けてみた所、日本の会社のアドレスが出てきてググって見た所、日本の真っ当なIT会社が出てきました。

しかし内容は「出会い系」で他サーバを一切介さず直メルアドで「解除は○○@hotmailへ」
サーバはポーランドの会社からの発信で「女性名」が発信者、メルアはその日本のIT会社のもの。幾ら「メールヘッダやメルアドをねつ造出来る」と言ってもこんなに素直に出てくるとは思いませんでした。

もしかしてお宅の会社の無線LAN大丈夫ですか?オープンにしているとSPAM業者が会社近くに集まって来ますよ。」と言いたい位です。

韓国・中国系はやはりメルアド収集が主なのでしょう。
「はてな日記」に書き始めてプロフィールを置いてからはSPAMが凄くなって来ましたので。

mixiでは「mixi を装った迷惑メールについて」がニュースされているらしいです。


参照は老舗の「迷惑メール撲滅私的調査会


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:20| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ストリーム配信が多くなるにつれて

うちでは以前8MのADSLで余裕で見れたGayaoYahoo!動画も、最近は高画質が売り物になってきて、接続回線速度が付いていけない場合が多々あります。

同じ高画質でも別にWindows Media Playerを開くタイプだと高画質でも問題なく画像も音も付いて来るのですが、しかしそれがくせ者でプロパティを見れば簡単にダウンロードが出来るので各社とも対策は取っているようです。

デジタル化と共にストリーミング受信環境も「光回線」にしなければいけないのでしょうか?
こうやって文字で発信するタイプなら8M・ADSLでも十分なのですがサーバを自前で立て映像を発信するとなるとやはり「光回線」が必要だったりします。

Youtubeでさえ時に重い時が多いのは日本のユーザー・企業が目を付けてから少し重くなった様な気がします。

「光でスカパー!」のCMを打っているNTT、各プロバイダも「光回線へのコース変更」に躍起となっています。「家庭での光回線増加」と共にそのうちラジオ受信機製造やアンテナメーカーにも打撃が来るのでは無いかと思います。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:38| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

競輪番組

サンテレビで競輪番組をやっているのを見つけました。
火曜日はKEIRIN
競輪場がある各地域毎で同じ様な番組はあるのでしょうか?

岸和田競輪の「KISHIWADA BB STUDIO」からのインターネットTVライブ放送でこの番組の番宣を流していました。
「KISHIWADA BB STUDIO」はアナブースから解説などを交え、一人のキャスターが各地方競輪場のオッズやレースを入れて放送しています。キャスターも各地開催毎に替わって行きます。
岸和田競輪場開催と岸和田競輪場扱いの「場外発売が対象」なのでしょうか、他の同じ開催競輪場からの生放送とも違う形で「カフ」も手元に見え、「手作り感覚」の放送は見ていて飽きがこないので個人的にはこちらの方が面白いと思います。
接続速度700Kの回線は「大迫力でライブを」と謡っています。

本日「鉄腕DASH」で毎年恒例の「FMラジオリクエスト何曲掛かるか」の企画の放送があります。
今年は「ご当地ソングリクエストでどこまでいけるか」だそうです。
過去記事
鉄腕DASH-NTV2
今回の企画についてsparkさんが雑記にしておりますのでご参考下さい。


11/20追記
小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:27| Comment(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

競輪競艇は面白い

ギャンブルの一つでもある公営競技の競輪
時にグレードが高い競技日には各地方を含めてTV局の番販枠で放送される場合が多い筈ですし、また各地元開催のTV局が制作に携わっている事もありあす。
競輪と言えば元競輪選手でもありスポーツライター・タレントとしてもお馴染みの「中野浩一」氏が有名な所ですが、解説者として時に「木庭賢也」「久保千代志」氏など他の競輪引退者を起用して番組が構成されます。

今はスカパー!でも2チャンネルを使って放送していますから、インターネットで各競輪場の開催日には「TV放送と同じ番組のクオリティを保ってライブで見れる」位に誰にでも簡単に見れるのは面白い所でもあります。
またインターネット銀行口座を持っていればインターネット投票も出来ます。
もちろん生年月日入力で未成年は投票は出来ない様になっています。
ただここに「使う・利用する側のメディアテラシー」と「ギャンブル依存症」の問題もはらんでいます。

TVでも「競輪番組」が数多くあります、コミュニティFMでも福井のRadioあいらんどさんが地元福井競輪場の最終日実況や競輪番組を持っていた筈です。そう言えばラジオNIKKEIさんにも「ケイリンフラッシュ」という番組もありました。
tvkでも「めざせ!競輪キング」として応援番組を放送、地元登録選手が出場する日なら応援も最高潮になると思います。

地域密着スポーツとしてはコミュニティFMではJリーグサッカーは最高のコンテンツだとは思いますが、ケイリンも一つのスポーツと捕らえれば地元登録選手、地元競輪場を巻き込めば面白い番組コンテンツになるでしょう。
今や「競輪場は汚いイメージ」から脱却をし「女性も簡単に入れるおしゃれな競技場」に変貌しつつあります。

日本で生まれた「ケイリン」もオリンピック競技となり、地元登録選手がオリンピック候補者となれば地元の競輪番組も特集を組んでも良いのかも知れません。

また公営競技の中で性別に関係ない競艇。
その競艇もCSで放送され時に地上波でTV放送されます。
初めて「性同一性障害」を公表し、女子選手登録から男子選手登録へ変更した「安藤大将」氏は変更登録後はあまり良い成績は残せず今は引退されたそうです。
その「安藤大将」氏にも固定ファンは付き、ファンサイトも賑わっておりました。

どの公営競技もファン獲得に躍起で「汚い・くさい」「ギャンブル」から脱却しようとしています。

しかし工場群や人が集まる地域に公営競技の競技場が多く見られるのは戦後の「高度成長期の副産物」であって地方自治体の一つの収入源なのです。

競輪競艇も「人が操縦・操作」するスポーツで地元登録選手やお気に入りの選手がいるだけにCSで公営競技スポーツコンテンツとして成り立つのでしょう。

そう言えば「鉄腕DASH」の以前の企画で競輪カメラマンとして「TOKIOのメンバーの撮った映像がTV競輪番組で流れるか」なんて企画がありました。

しかしギャンブルはほどほどに(笑)


11/14追記
小間使い記

11/29追記
かじかさんのコメントを受けて。
多摩川電機」さんの放映事業部が撮影に関東を中心にレース撮影に回っております。
また場内実況も「日本写真判定」の所属のアナウンサーが各地を回っている様です。一時期は「古舘伊知郎」氏をメインキャラクターとして起用し、グレードレースの実況も古館氏に任せていた年がありました。しかしベテランの競輪実況の「磯一郎」氏には敵わないと、古館氏本人が番組内で漏らしていました。

後に出した記事の「競輪番組」ではテレビ東京さんでは独立U局が競輪番組を始める前に「独占サイクルスポーツ」 「風にタッチ」「気分走快」などの競輪関連番組を日経映像さんなどが手がけていました。
今やスカパー!の「SPEEDチャンネル」に取って変わられていますが。

それだけ投票も簡単になって独立U局への電波料や競輪レギュラー番組で流すよりもCSやインターネット投票が出来て、お気に入りの選手が出ているレースを登録出来る様になった位ですし。

12/1追記
因みに「豊橋競輪」は「豊橋ケーブルネットワーク」からのインターネットストリーミング中継を行っていました。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:38| Comment(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

第二日本テレビ−動画投稿開始

第二日本テレビ−第2ビデオ投稿Hiro-BURN!
視聴者からの動画投稿を開始したみたいです。
ビデオを投稿すると毎週10名にネットラピュタさん系列のウェブマネーも毎週抽選で1000円分進呈、地上波の「デジタルのバカ2」で放送されると1万円贈呈。

ワッチミーTV」は投稿後24時間以内チェックをし、映像にTV画面や違法性が無いものか随時チェックしているのは商社系との提携の強みではありますが。

さて各テレビ局が乗り出してきた動画投稿サイトや動画ブログがビジネス性を持つか、それともYoutube日本進出への対抗策・防波堤となるかは「日本のネットユーザーのメディアリティアシー」にも掛かってくる筈であると考えます。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 21:12| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

自動アフィリトラックバック

「特定のキーワード」だけに対して反応し、並べて記事にしていき片っ端から自動にトラックバックを付けていく最近のアフィリエイト目的のBlog。

誰も興味を引きませんって。
「Blogで30万円以上を稼いだ」なんてBlogもありますが、そんな所を見るとアフィリバナーばかりで目的の記事が見あたらない。そう言う所に限ってアフリ広告などがずらりと並べてあったりアフィリ目的の記事や紹介ばかり。

アフリ記事や広告本に騙されていませんか?

真っ当なものや高い物なら「自分の目で確かめて買います」よ、普通の人だったら。
うちも家電通販で動作不良で返品など嫌な思いもしてますので。
本コンテンツでもアフリィバナー広告は並べてありますが、「コンテンツ維持」の為にただ並べてあるので「維持するだけで今も赤字を食ってます(笑)」

まあ、暫くしたらこちらのトラックバックを消そうかなと思っていますが、逆手を取ってどの自動検索Blogエンジンやアフィリ専門ブログがキーワード誤解を多く起こすか統計とか取るだけで食っていけそう(笑)です。

これもまた「ネット上に置けるメディアリティアシー」の一つなんでしょう。

11/8追記
今日1日だけで20時までに4度の波がある様です。
ラットラピュタさんには有り難くもあり、直ぐに対処してくれるのが魅力です。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:11| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ラジオとの関わり-キリスト教番組

元々「映像制作者」が何故ラジオに興味を持ったか。
現在も生粋のクリスチャンとは言えませんが、幼稚園の時にカトリック系の幼稚園に通っていた事もあり、キリスト教の精神?が今も当方の精神面の中に宿っているようですが(笑)

お断りしておきますが、この話題は何度も書いていますが今回は一掃に掘り下げて書いてみようと思いました。

海外に本部があるキリスト教ペンテコステ派プロテスタント教会の日本支局と言える録音スタジオに行ったのがラジオ番組制作との関わりの始まり。
その録音スタジオが自宅の近くにあり、何度も訪問し、番組ゲストとして出演もさせて頂きました。パーソナリティは週替わりで協力教会の牧師さんが勤め、台本も無く、テーマに沿った進行。ミキサー兼ディレクターの方がQシートのみで進行していきました。もちろんミキサーさんにはパーソナリィーの牧師さんがしゃべるテーマは前々から伝わっていた様です。番組編集も時間内ぴったりに納めていました、録音テープも放送された局からのランニングテープを使って録音されていました。

ちょうどBCLブームの終焉の時にこの局がラジオたんぱさんでクリスマス特別番組を放送し、その公開放送にも深夜ながら誘って頂き最後には生インタビューを受けました。(これで局名が判る方はまだいらっしゃると思います)
現在は静岡の教会の方へ新しく録音スタジオを作ったそうですが、現在はラジオ放送を行っていない様です。一時期はビデオのお話を持って行こうと思ったのですが、ラジオ放送も辞めてしまった様なのでご連絡は取っていませんが、その教会の主任牧師さんが以前のラジオ牧師さんです、ゴスペルにも精通されている方でもあります。

キリスト教はTV・ラジオではお馴染みの老舗のカトリック教会のハヤット神父が日本で提唱した「こころのともしび」が日本では有名です、48年前に始められた福音伝道番組で、その功労えを称え全国の放送局からの感謝状が贈られました、現在TVではCSにて全国へ向けて伝道中です。

テレビ、ラジオなどマスメディアで宣教−「心のともしび運動」50年の歩み−カトリック新聞

またキリスト教リンクの老舗GOSPELjapanのテレビ、ラジオのリンク集も見てみると全国各地でTVやラジオによる伝道が行われています。

昔BCLをやっていた方の中には生粋のクリスチャンとして今も伝道活動をしておられる方も多いと聞きます、BCLブーム時代には世界のキリスト教放送局がこぞって短波を使い日本語番組を始めました。

昔ラジオ牧師として活躍されていた牧師さんがTV伝道番組にも司会としてご出演になっています。現在はカトリック・プロテスタントに関わらず超党派で論議や対談も行われており、その様子が韓国からの日本語放送の日本FEBCが行っています。250Kwと言う出力で中波の1566KHz(9KHzセパレート移行以前は1570KHz)にて今も毎日毎夜放送を続けております、夜間帯の放送ですから日本全国がエリアですからもちろんに全国にもリスナーがいます。
日本の電波法では「宗教法人が放送局を持つ事」が出来ず、元々沖縄にあったFEBC送信所・沖縄支部(旧:極東放送、現:FM沖縄)が沖縄返還後の暫くは財団法人化して運営され、当時はFM東京さんからの番組をネットしておりました。
その後、韓国済州島へ送信所を移設して、現在に至っています。
文化放送も設立当初はカトリック系資本で占められていましたが、現在は純粋とした会社になっています。
前に上げた録音スタジオの一つの番組が日本FEBCを通して放送されていました。

電波料・番組料は信者の献金やビデオCD書籍販売、パートナー教会からの献金などからの捻出が多いと聞き及んでいますが、他の仏教、神教団体や宗教団体、新興宗教団体に比べ、キリスト教は数多くの派閥がありますが、比較的各派閥教会系との団体の垣根を越え、融和関係は進んでいる様に思えます。

BCLブームにどれだけ信者を獲得出来たのか判りませんが、沖縄、壱岐などはキリスト教会が現在でも多く存在していると言う事はメディアにとっても無視できない現実だと思います

TV・ラジオではお馴染みの「世の光」「ハーベストアワー」を製作しておられる太平洋放送協会はアジアの中でのキリスト伝導メディアとして世界中に知られ、日本のキリスト伝道放送製作プロダクションとしてスタジオを持ち、規模は大きい様です。

今もBCLと趣味としている方のサイトも多く見受けられますが、ネット時代になり、より専門的な詳細な分野として続いているサイトも沢山存在しますが、こういった「信心の視点」からの詳細にしているサイトはかなり少ない様な気がします。

11/9修正追記

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 22:29| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

五木田武信氏

小間使いの名刺の中に「五木田武信」氏の名刺がありました。
「五木田さん」は現在TVからは遠ざかっていますが昔TBSの朝の情報番組「おはよう700」のパーソナリティを務め、海外を車2台で各国を縦断し、日本に帰ってくるコーナー「キャラバン2」でも各国を回った実績も持っています。また「街角テレビ11:00」の司会を務め、tvkでも「霞ヶ関レポート」を勤められました。元はNHKの局アナだそうです。今は東京MXなどの「東京都議会特別番組」などにも司会としてご出演したり企業・教育用PVなどにご出演している様です。


管理人・小間使い記
11/4修正
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 21:08| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK命令放送−民放労連反対

総務省が「NHKへの命令放送」を審議に乗せた事で民放労連や民放TV局各社社長の「反対」「拒否」が続いています。

民放労連でも「放送に対する明白な政治介入」として反対声明文を提出。
「NHKの国際放送は日本政府の道具としての認識が高まり、報道機関としての国際的な信用が失墜する事に懸念される」

公共放送と言いながら命令放送を行うとしたら戦時中の報道統制や報道検閲にもなりかねない部分も出てくるでしょう。

「公平自由な公共放送」と言いつつ、スポーツなど好きでない人、マイノリティの部分をおざなりにしてスポーツを流し続ける事も問題。
「受信料強制徴収化」しようとしている「NHK」の体質。

良くNHKはイギリスの公共放送BBCと比較されるのですが、アメリカの公共放送でもある「PBS」とは比較しないのか・・・NHKも以前よりBBCに記者・職員を派遣し、日本語放送のアナウンサーをしているだけに、BBCを比較に持ってくるのだろう。
一国ばかりの公共放送の体制だけを見るのは如何かと思うのですが。

追記記事
拉致問題の「命令放送」、通信・放送小委が事実上了承−YOMIURI ONLINE
記事内で
北朝鮮による拉致問題についてNHK短波ラジオの国際放送で重点的に扱うよう命じる「命令放送」に理解を求めた。菅総務相は小委員会で、「拉致被害者にあらゆる手段でメッセージを送り、勇気と希望を持っていただくことは極めて重要」と必要性を強調し、「拉致被害者の家族も命令放送を強く求めている」と述べた。報道の自由を侵害するとの懸念については、「表現の自由、報道の自由は極めて重要であることは認識している。番組の内容などに踏み込むつもりはない」と強調した。


家族会は戦略情報研究所(株)と共同である国の送信所を借り、時間帯を買ってまで短波で「しおかぜ」を放送しているのに、何故にここでNHKへの短波での国際放送への命令放送負担が掛かるのか?
NHKのラジオ放送は受信料を取らないけれど、NHK国際放送は短波の旧KDDの送信所や各国の国際放送の送信所を借りて時間帯を買ったり相互に優遇しながら放送されている。
受信料がこちらにも回ると思うと「受信料値上げ」も目前に見えているだろうし、「受信料聴取仮措置」も多くなって来るだろうと思います。

わざわざ送信所を借りた短波でやるより戦時中の様にNHKの名を隠し海賊放送をやるか、深夜休止のNHK第二放送施設を使った方が効率性や税金からのNHKへの支出面でも良いだろうと思いますが。

この様な詳しい点はアジア放送研究会さんのホームページが参考になると思います。

11/8追記
日本放送協会に対する平成18年度国際放送実施命令の変更−総務省情報通信サイト

11/10追記
日本放送協会に対する平成18年度国際放送実施命令の変更についての総務大臣談話−総務省情報通信サイト

早速NHKへの「NHK受信料:不払い者に割増金制度を検討 菅総務相」−Mainichi INTERACTIVE−毎日新聞


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 06:24| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

IT関連のカンファレンス

CIOカンファレンス2006-ガバナンス時代に求める"攻め"のIT経営とCIOの役割IDG Japan, Inc

当方はIT経営に手を染めている訳では無いですが、昔々登録し、忘れていた所で久々に来たIDC japanからのメールで「ITカンファレンス」などが多く開かれているのを知り、投稿した次第。

そもそもCIOとは何なのか?
Chief Information Officerの略。企業における情報活用を管理監督する職務を担う役員の事。企業の利益を考えて、総合的な計画・判断をする立場にいる人。情報が企業の生死を左右しかねない今、その活用の方向性に責任を持つ役員。それがCIOです。
これまでの情報担当部長が、社内情報技術者を束ねる職人の親方だとすれば、CIOは、何をなすべきかを決定・支持する設計士と言えるでしょう。情報技術知識だけではなく、経営感覚があり、戦略立案の能力も求められます。

Podcastにて経営戦術など詳細に論議されているのは、中央で開かれるカンファレンスに行けない地方の中小IT企業にもご参考になると思います。

追記で「コンテンツ取引市場の形成に関する検討会」の開催−総務省情報通信報道資料


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

各種コネクター

業界御用達のコネクター類

無線関係だと「M型」を始め「N型」「BNC」など
映像は、古くは「RGBコネクタ」「RCA」「BNC」「S端子」「F端子」etc
音楽音声業界は写真の「キャノン」が有名ですが、映像でもVEさん関係で手にしたりします。βカムの後ろには音声出力用の3Pのキャノン端子が付いている訳で、またバッテリー関係だと2Pキャノンが多用されているのです。

061031_1624~01.JPG

うちにあった3Pのキャノン・・・何か作ろうと模索してたんでしょうね(笑)

ラジオNIKKEI-Webmasterさんの記事「これは何だ?」にもある様にマイクスタンド用の変換アダプタネジも業界では有名なものです。

業界御用達の秋葉原のトモカ電気さんの製品一覧は全ての業界(笑)のコネクター類が見られます。

小間使い記


11/1追記
TB閉じてもいっこうに減りませんね〜(笑)。
それもキャノンでもキャノン違い(笑)ですがそのままにしておきます(今後の参考として)、多分キーワード検索エンジンを介して誘導されて来るのでしょうが、その間に人手が掛かって来ているとは思えないのです、該当記事を見ると。自動転送を使っていて楽天さんの価格比較へ飛ぶ様ですし、アフリ系Blogや口コミBlogも盲点がある様で検索キーワードエンジンを使い、自動TBを使うと、こう言った「勘違い」が起こります。
アフリ系のサイトを運営されている方は要注意ですよ。
「迷惑メールツールリンク」集を使えば一発でドメイン情報や接続ブロバイダが判ってしまう時代ですから。統計を見ると午前1時から5時に多く集中(流石にネットラピュタさんはアクセス数多くとも何度も弾いてくれます(^^)v)しているので、自動で検索しまくり、TBを付けていく傾向が強いですね。

やはり一番の頼りは「人の目」だと思います。

因みにうちにはキャノンプリンタの上位機が有りますので置く場所もないので今は要りませんが。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:55| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンテナ・無線ハンドブック

ユビキタス社会ではアンテナや無線技術が重要となってきます。
無線LAN等もSHF帯を使っていますから障害物が有れば受信能力も下がってきます。

アンテナ・無線ハンドブック−オーム社

アンテナ・同軸ケーブルなどは長年使っていれば設置場所や地域によって雨・塩害・煤煙などで、最初の設置時より経年疲労します、いわゆる「消耗品」と同じと考えています。

よく短波で趣味のアマチュア無線をやっている方が良く気にする「SWR比」
アンテナに送った筈の送信出力が戻って来る比率
どんなアンテナでもどんな周波数帯のアンテナでも長年使っていれば経年疲労し、アンテナまでへ送る同軸ケーブルも同じで「SWR比」も大きくなり、結局最終的には送信機系統を傷める。

アマチュア無線家でもSWR比なんてあまり気にしている人は少ないでしょう。
ましてや今は「送受信機でもある携帯型トランシーバー」ばかりが売られていますから、それだけを使っていれば、同梱してあるアンテナを多用する事が多いのであまり気にする人は少ないと思います、長年使っていれば同梱アンテナでさえ、経年疲労する事を知らない方も多いのでしょう。
ましてや「SWR計」など計器類を持っている人も少ないと思います。

何の機器にせよ「経年疲労」は付いて回ります。

コミュニティFM局では「第二級陸上無線技士」以上の資格が必要ですから、その程度は判っていると思います。送信機自体にSWRメーターが付いていると思いますので、一度ご確認して見て下さい。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:20| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

Fヨコボランティアスペシャル

本日FMYOKOHAMAさんのAIR CRUSEでは「ボランティアスペシャル」と題して「日本丸メモリアルパークを拠点として、神奈川県内各所で公開生放送」を行っていました。

午後はバスに揺られながらペット用品を探しに横浜市内を縦断、ずっと携帯で携帯電波拒否モードでFヨコを聴いていました。

日赤の医療ボランティアさんが番組にも出ていて、献血への協力や日赤神奈川県支部長でもある松沢神奈川県知事も出演。
個人的に日赤の病院ボランティアをやっていただけに「ボランティアの重要性」はひしひしと感じています。

現在は病院ボランティアからは離れていますが、まだボランティア登録してありますので、何れ余裕が出来たら久々にやってみようと思っております。


管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:24| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

地元CATV局合併

地元CATV局でもあった「タウンテレビ南横浜」と「シーエーティービー港南」が合併とのポスターを地元ディスカウント量販店で発見しました。早々に脇のコンテンツリンク修正しました。

この2局は隣接区域で私鉄沿線なのですが、元々「難視聴」を発展させたCATV局でしたので、今回ジャパンケーブルネット(株)と言う商社系CATV局グループ傘下に入ったという事になるのでしょう。
ジャパンケーブルネット、神奈川県内および千葉県内のグループ局を合併−JCNニュースリリース

地元資本でもある横浜テレビ局が入っていた地域に在住していた時に、この2局を含め隣接しているCATV局の自主コミュニティ地元情報番組のやりとりをお互いにしておりました。今後はそう言った番組のやりとりがどうなるのかは、現在CATVが入っている場所でないので判りません。

電鉄系、地元資本、難視聴対策、大手商社系とCATV局も多様化して来ています。
商社系傘下に入ったからと言って自主コミュニティ情報番組は「まるっきり無い」とは思えません。逆に「地方のグループ局からの自主コミュニティ情報番組のやりとりも出来る」と言うメリットもあると思います。
これってもしかしたらコミュニティFMにも当てはまるでしょうか。

地域の特性に応じた情報通信基盤整備の支援−総務省情報通信ページ
各地域で「情報基盤整備の中に地域情報化計画でCATVとコミュニティFMを絡めて整備したい」と言う地域も多くあると聞き及んでいます。


余談ですが、開局したての頃のある商社系資本のCATV局の上の方々とお話したのですが、「クリエーター」と言うより「サラリーマン」系の方々が多い様で、やはり局員募集でも「クリエーター系・映像制作者」よりも「身なりをきちんとした営業マン」系の人が好まれる様です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:28| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

アフィリ広告−ズルはダメ

アフィリ広告−ズルはダメ:朝日新聞10/23:総合2面

記事引用
日本アフィリエイト・サービス協会は不正行為やトラブルが増加してきた事で不正防止に向けた指針を作った。
サイト開設者が報酬欲しさに自ら訪問者を装ってクリックしたり、誇大表現で訪問者を誘導したりする行為を禁じた。加盟社が、不正手口などの情報を共有して行く事を定めた。


うちもアフィリ広告を使っていますが、出来るだけ「誘導」をしない様に心がけて来ました。

アフィリ広告も「メディアテラシー」の部分が大きいだけに、今後は「ユーザー任せ」には行かない様になってくるでしょう。

最近トラックバック・コメント欄を閉じているのも、その為ですので申し訳ありません。

管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:00| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

ミクシィ「いきなり削除」

ミクシィのアカウント 「いきなり削除」で大混乱−Livedoorニュース

やはり「いきなりアカウント削除」が出ました、いつかはこうなると思っていました。

結局ネットビジネスは後手後手の対応が多い様で、メディアテラシーの盲点を付くユーザーがいる事が問題なのかなと思っています。


管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 21:07| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

デジタル放送の視聴覚障害者向け放送に関する研究会

デジタル放送時代の視聴覚障害者向け放送に関する研究会−総務省情報通信ページ

デジタルテレビが先行している中で、包括して「デジタル放送」としているのは如何なものか。

デジタルラジオに関わっておられるラジオNIKKEI-Webmasterさんでもフロムさんの所でも「ラジオ業界を含め先行きが不透明」と書かれているのに「デジタル放送=デジタルテレビ」のみの視聴覚障害者向けの研究会。

今後デジタルラジオの障害者向け研究はなされないのでしょうか?

同じく総務省情報通信ページにて「2010年代のケーブルテレビの在り方に関する研究会(第6回会合)」の資料で「VHFの空きチャンネルの割り当て」「デジタルテレビの再送信」「IP電話」「自主コミニュティ番組」などの議論の中に「地域情報を扱うコミュニティFMとケーブルテレビとの連携を図れるようにしていくべきという論点」と言う文章を見つけました。

「TV局がFM局を持てる」と言う今後緩和策法が資料として出ているので、地元民放局との資本連携よりも、もっと地元に密着したCATV局のコミュニティFM局直営化が今後重要になってくるのかも知れません。

10/23追記記事
総務省CATV研究会,NGNとの関係に踏み込み議論−ITproNetwarkニュース
IPTVフォーラムの発足−総務省情報通信ページ

NTTグループのTVCMで現在「光IPでスカパー!配信」の集中CMが流れています。
光IPは何もNTTだけではなく各地域CATV局でも導入され、元々難視聴対策だったものが「地デジ電波がビル陰で回ってこない地デジ難民」向けにも構築は可能になって来ています。地デジ再送信によって周波数変換器などの製造メーカーも着実に業績は延びている様です。同じ「地域メディア」でもテレビとラジオの表現方法の違いさえ掴めば、地方CATV局の業績・地域活性の一つにもなってきそうです。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:54| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

フリーペーパー−求人誌

分厚いフリーペーパーがポストに入っていました。表紙にテッシュがついていたので剥がして見て見た所「あつまるくんの求人案内

都心部ではフリーペーパーの求人誌は腐る程沢山あります。が、ポストに入っていたのは有料求人誌のバックナンバーの見本だったのです。

求人誌業界も過当競争でバブル期には分厚かったリクルートの「フロムA」も今や薄く、無料求人誌の陰に隠れてしまって、今はあまり売れない様でネット展開する程です。当時相当話題になった河内家菊水丸師匠のTVCMは懐かしくなってきました。


結局は「有料求人誌でも、これだけ情報が詰まっているんだよ」とアピールの為に入れた様です。有料求人誌には履歴書や路線図は当たり前だったのですが、今はテレビ番組欄までついていて、現代風にアレンジされています。かなり分厚くこの求人誌はTVCMを打っているだけにバックナンバーながら読みごたえがあります。

小間使い・管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

飲酒撲滅キャンペーン2

過去記事でも触れましたが「東京都、飲食店など5万4000店舗と協同して飲酒運転防止運動を実施」− carview・車ニュース
栃木県でも販売商品にステッカーを付けるなど、全国各地でキャンペーンが行われている様です。

さて既報の通り各Blogでも記事になっておられる「巻き返しなるか『デジタルラジオ』」−東京新聞web版に載っていましたので、ご参考までに。

ラジオNIKKEI-WebmasterさんからのBlogから拾ってみて三菱総研の中村秀治氏のコラムも引用なされていました。
コラムの中で「デジタルテレビにこそIPv6が必要だ」
IPv6は「デジタル放送時代へ向けて」でも最初からコラム記事として上げていたので「ラジオよりデジタルテレビに最適である」と言う事も判りました。
これで地域CATV局がコミュニティFM局に参入する意味もある程度判って来る様な気がしました。

さて今日の朝日新聞のラジオ・BS欄「TV!このせりふ」から。
「あいつらには、あいつら本来の姿がある、それが一番だ」
10日放映の日テレドラマコンプレックスの「私が私であるために」からの父親の台詞。
「毎日庭をいじくっているとな、うまくいかない時がある、そんな時は無理にいじったりしちゃ駄目なんだ」

人間が動かすメディアも無理をいじくり過ぎれば叩かれる、しかし今のままでは前に進めない・・・本当にジレンマ(デジタルラジオなんかも)でしょう。

無理して背を伸ばす事なんてないと思います。
ラジオやコミュニティFMも本来の姿ってなんだろうな?とふと思います。
防災のため?地域住民のため?
200局近くも開局しているコミュニティFMの未だ本来の姿が見えてこない気がするのは当地にコミュニティFMが無いからでしょうか。

管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 21:29| Comment(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

YouTube、Googleによる買収

Googleによる買収、YouTubeコミュニティーの反応は?−ITmedia News

先般新聞各誌で報道された様にYouTubeをGoogleが買収となれば、Googleの信頼性を経てYouTubeも信頼性が高く評価される事になる、しかし現段階でも違法な著作権侵害動画がアップされている以上、信頼性も低くなり、違法動画削除とのいたちごっこを繰り返す事になるでしょう。

日本の「ワッチミーTV」などの、著作権権利関係を知っている所に比べれば、当分YouTubeは違法動画の溜まり場となるだろうと思う。

東京MXのYouTube配信によって日本では「違法動画も多い一部マニア向け海外動画サイト」としての認識が大きいので、日本のGoogle.jpが今後どんな展開を持ってくるのか楽しみではあります。

関連記事
YouTubeの「1日1億」説を確認――米統計−ITmedia News

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。