2016年05月01日

嵐&小山氏が応援メッセージ5・1熊本で一斉放送

嵐&小山氏が応援メッセージ5・1熊本で一斉放送-日刊スポーツ

以下記事から。

熊本県天草市出身の放送作家・小山薫堂氏(51)が30日、自身のフェイスブックページで、熊本地震復興への新企画を発表した。2010年(平22)のNHK紅白歌合戦のために、自ら作詞し、嵐が歌った楽曲「ふるさと」を使った、60秒の応援メッセージを制作。熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送の、熊本県の民放4局で、5月1日午後8時53分から1分間、一斉に放送するという。

 小山氏はフェイスブックページに、以下のように思いをつづった。

 「2010年の紅白歌合戦内の嵐特別企画として『ふるさと』という曲を作詞させていただいた時、僕は当然ながら自分のふるさとである熊本に心を寄せて書きました。その『ふるさと』という曲を使って、自分のふるさとに応援メッセージを送りたいと思い、ジャニーズ事務所さんにご相談したところ、お力を貸してくださいました。そして、熊本のみなさんに向けた60秒の応援メッセージ映像が完成しました」

 「さて、これをどうやって多くの人に届けるか…ダメモトで熊本の民放4局(熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送)での放送をお願いしたところ、思わぬお返事がきました。『熊本の民放4局が一致団結して、同日同時刻一斉放送します』とのこと! さらに熊本日日新聞、ラジオ各社まで加わり、ライバルの壁を越えての展開となってきました」

 「こんな時だからこそ、みんな一緒に! …メディアが一丸となる姿勢が、熊本のみなさんの勇気の支えになりますように! 5月1日(日曜日)夜8時53分〜54分(60秒)です。熊本のみなさん、ご覧ください」(原文のまま)

 小山氏は熊本県のご当地キャラ、くまモンの生みの親で「くまモン募金箱」を柱とした熊本地震復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」を立ち上げた。公式ページが28日にYahoo! ジャパン内(http://docs.donation.yahoo.co.jp/forkumamoto.html)に立ち上げられ、30日午後5時半現在、「くまモン募金箱」には、4313人が募金し、募金総額は573万4843円に上っている。



以上です。

小間使い記
ラベル:ラジオ テレビ
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:18| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

【浦和】J初の無観客試合、地元ラジオ局が生中継

遅くなりました。Sさまからの情報です。


【浦和】J初の無観客試合、地元ラジオ局が生中継-スポーツ報知

以下記事から、引用。

Jリーグ初の無観客試合となる23日の浦和―清水戦(埼玉)を地元ラジオ局が緊急生中継することが18日、分かった。さいたま市のコミュニティFM「REDS WAVE」が実況中継を決定。担当者は「地元メディアとしても今回の件を重く受け止め、試合の模様をしっかりお伝えしたいと思います」と説明した。

 「レッズ応援放送局」を掲げる同局は通常、毎月1試合程度を実況しているが、サポーターが差別的な横断幕を掲げた問題の裁定を受け、観戦できないファンのために急きょ決断した。浦和側も当初から放送が決まっていたテレビ2局に加え、「Jリーグにも確認してOKしました。いつもやっていただいてるので」と快諾。エリアは浦和区周辺だけだが、インターネットラジオでも放送され、全世界からリアルタイムで視聴可能。史上初の無観客試合に向け、注目の番組となりそうだ。

 ◆無観客試合を視聴するには テレビでは「スカパー!」と地元放送局「テレビ埼玉」での放映が決定している。現時点で地上波での放送予定はなく、埼玉県外で視聴するためには、有料放送の「スカパー!」に加入するしかない。

以上です。

サッカーに詳しくないのですが、サポーターが差別的横断幕を掲げた事で、この様な自体が起こったと聞きます。地元コミュニティFM局が実況するのは良いことでしょう。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

NHK:4月から受信料値上げ 総務省認可

NHK:4月から受信料値上げ 総務省認可-毎日新聞

以下記事から、引用。

毎日新聞 2014年02月19日 18時04分

 総務省は19日、4月の消費税増税に伴うNHKの受信料値上げを認可すると発表した。国会で審議中の2014年度のNHK予算と事業計画の承認が条件となる。

 受信料の地上契約は現在、口座振替・クレジット払いなら月額1225円で、4月1日から1260円になる。地上契約を含む衛星契約は2170円から2230円に値上げされる。半年前払いや1年前払いの場合はそれぞれ割安になる。

 すでに前払いで4月以降の受信料を支払い済みの場合、新しい受信料との差額を請求されることになる。(共同)

以上です。

国民の税金からも運営費としても取られているのに、消費税アップで受信料値上げとは呆れてものが言えません。

複数の経営委員の騒動があるだけにこれは反発が来るでしょう。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

今年も有難うございました。

今年も皆様どうも有難うございました。

いろいろなメディアニュースがありましたが、私的なニュースと言えば知り合いがFMとつかさんの生放送に出た事です。
知り合いがユーストリームと動画に撮ってくれていたので、今後見られるでしょう。

どうぞ来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

<NHK>受信料の全世帯義務化 ネットと同時放送で見解

<NHK>受信料の全世帯義務化 ネットと同時放送で見解-Yahoo!ニュース

以下記事から、引用。

毎日新聞 12月3日(火)3時40分配信

NHKの最高意思決定機関である経営委員会が、NHK執行部に対し、インターネットサービス充実のため、受信料制度の見直しを求めたところ、テレビがなくても全世帯から受信料を徴収する義務化を明記した回答文書を提出していたことが2日、分かった。

【NHK経営委員会 濃い「安倍カラー」】新任4人、首相と近く…会長人事にも影響か

 経営委員会は今年2月、NHKに文書で義務化を含めた受信料制度の見直しを要請した。番組を放送と同時にネットで見られるようになると、区別して受信料を徴収するのは現実的には困難だからだ。これに対し、松本正之会長(69)をトップに理事ら計12人で構成するNHK執行部は8月、「今後の方向性」として放送法を改正して「支払い義務化」を明記した回答文書を経営委に提出。文書は(1)すぐに義務化に踏み切る(2)現行制度のもとで支払率を上げ「世帯数の減少や物価上昇などによる努力の限界」に直面した後に義務化する−−の2通りの方法を示している。

 全国の受信料支払率は現在、73%台にとどまり、特に都市部で低く「負担が公平でない」と指摘されている。しかし、NHK執行部には「9割以上の世帯から徴収できる制度的な保証がないと義務化は無理」として、未契約世帯に対する訴訟などで支払率アップを期す声が根強い。このため、9月に改めて経営委に提出した文書は「義務化」の末尾に疑問符を付け加えるなど、経営委にとって後退した内容となった。

 義務化は、第1次安倍晋三政権で2006年に総務相に就任した現官房長官の菅義偉(すがよしひで)氏が強く求めた。当時は、相次ぐ職員の不祥事による受信料不払いが急増しており、菅氏は「義務化で2割は値下げが可能」と国会で述べたが、NHKの橋本元一会長が難色を示し、結果的に見送られている。

 文書について、NHK広報部は「内容は非公開としており、回答は差し控える」とコメントしている。【土屋渓、有田浩子】

 ◇受信料

 放送法に基づき放送を受信する設備があり、NHKと受信契約を結んだ世帯や事業所が負担する。携帯電話で見られるワンセグ放送も対象とされる。今年度事業収入の96%を占める一方、4635万世帯の昨年度の支払率は73・4%。都道府県別では、秋田の95・7%をトップに、東京、大阪は60%前後にとどまる。要因には若者のテレビ離れなどが指摘される。NHKは法的措置を強化しており、未契約世帯を訴えた裁判の控訴審判決で、東京高裁は10月30日、未契約世帯でもテレビがあれば通知後2週間で契約が自動的に成立する、との判断を示した。

 ◇服部孝章・立教大教授(メディア法)の話

 受信料制度については、国会も総務省もNHKもこれまでふたをして、あいまいなままほったらかしにしてきた。テレビからインターネットに移行する流れは止められない。受信料を払っていない人は多く、不公平感はあるが、義務化だけを急げば世論の反発を招きかねない。公共放送のあり方はもちろんのこと、NHKにとどまらない放送界全体の問題として、国会を中心に議論すべきだ。

以上です。

長い記事ですが、これもNHKのネットラジオ・らじるらじるの運用費も含めて「ネット同時放送」と捕らえている節もありそうです。NHKオンデマンドの運用もですが。

昔は「ラジオだけ聴く分は受信料は要らない」方向性だったのが、まったく違う方向性になって来ています。

この見解はテレビを持たない世帯には不安にさせる様な見解です。

NHKの予算にも国民の税金が使われている中でこれは不愉快な記事だと思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

中国放送などに最優秀賞 民放連賞決まる

中国放送などに最優秀賞 民放連賞決まる-47NEWS

以下記事から、引用。

民放連は19日、日本民間放送連盟賞を発表した。昨年6月から今年5月までに放送された番組が審査対象。最優秀賞は次の通り。

 【ラジオ】報道=毎日放送「報道特別番組『原発作業員が語る2年』」▽教養=朝日放送「調律師という芸術家」▽エンターテインメント=北日本放送「In My Life〜介護の仕事と」

 【テレビ】報道=中国放送「ヒロシマの山 〜葬られた内部被ばく調査〜」▽教養=福島テレビ「キ・ボ・ウ〜全村避難 福島県飯舘村二年の記録」▽エンターテインメント=テレビ朝日「あの名曲を方言で熱唱!新春全日本なまりうたトーナメント」▽ドラマ=フジテレビ「最高の離婚」

2013/09/19 18:33 【共同通信】

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

総務相「宮崎駿監督に続く人材育成を支援」

総務相「宮崎駿監督に続く人材育成を支援」-日本経済新聞

以下記事から。

2013/9/3 12:10 記事

 新藤義孝総務相は3日の閣議後の記者会見で、引退が明らかになったアニメ映画監督の宮崎駿さんについて「質の高い日本のコンテンツを世界に知らしめた功績は極めて大きい」と称賛した。日本のアニメや映画の国際展開をさらに進めるため、「(宮崎さんのような)クリエーターの育成に国として必要な支援をしていく」と述べた。


以上です。

知り合いの某省庁の中の人のツイッターのつぶやきだと「所掌事務と関係ないのでは?」と言うつぶやきでした。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

BPO設立10年 飽戸弘理事長 局と緊張ある友好関係築く

BPO設立10年 飽戸弘理事長 局と緊張ある友好関係築く-MSN産経ニュース

以下記事から。

BPO設立10年 飽戸弘理事長 局と緊張ある友好関係築く

2013.7.30 07:46
「テレビ番組に対する視聴者の権利意識は年々高まっている」と話すBPOの飽戸弘理事長
 NHKや民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」が7月、設立から10年を迎えた。3つの委員会が番組の問題点を指摘し、放送局の自主的な取り組みを後押しすることで一定の存在感を示してきた。理事長を務める飽戸(あくと)弘・東大名誉教授(78)は「視聴者にBPOを理解してもらい、放送局とは緊張感ある友好関係を築いていくことが課題だ」と強調する。

 BPOは平成15年、「放送番組向上協議会」と「放送と人権等権利に関する委員会機構」(BRO)が統合して設立した。現在「放送倫理検証」「放送人権」「青少年」の3つの委員会で構成され、それぞれが視聴者からの苦情や不適切番組の審議、放送局への提言などに取り組んでいる。

 放送倫理検証委は、関西テレビ「発掘!あるある大事典II」のデータ捏造(ねつぞう)問題を受けて平成19年に発足。局側に再発防止計画を提出させる権限を持つことが特徴で、これまでに15件の決定を出した。

 飽戸理事長は「放送倫理検証委ができたことで、BPOの判断が一歩厳しいものになった」とする。その上で、報道・情報番組で裏付け取材不足による同じようなミスが続いていることについて「人員が足りず、忙しすぎる労働環境が背景にある。環境を改善するためにも辛抱強く指摘し続けることが大切だ」と話す。

ただ、局側との距離感をめぐって視聴者と放送局の間で板挟みになることは多い。視聴者から「テレビ局を厳しく監視し処罰すべきだ」と“厳罰化”を求める意見が寄せられる半面、現場からは「BPOが怖くて作りたい番組を作れない」といった声も上がっているという。

 近年は、BPOの判断を受けて放送局が職員を処分するケースも目立つ。これについて飽戸理事長は「BPOは裁判所ではなく、放送局の自主的な改革を支援する組織だ」として懸念を示し、「放送局には処分ではなく、検証や勉強会などを通じて番組向上に努めてほしい」と要望する。

 インターネットをはじめとする視聴環境の多様化への対応も課題だ。放送人権委は昨年、テレビ神奈川のニュース番組をめぐる審議で、同局がネット上で公開していたニュース動画の管理体制も議論した。

 飽戸理事長は「ネットの普及で、従来は問題にならなかったことも問題になりうる。どのようなチェック体制が望ましいか、BPOも長期的に取り組まなければいけない」と話した。(三品貴志)

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

「V-Lowマルチメディア放送とFM補完」、総務省が周波数割り当てや制度整備で基本的方針案

「V-Lowマルチメディア放送とFM補完」、総務省が周波数割り当てや制度整備で基本的方針案-ITPro

以下記事から。

総務省は2013年7月17日、V-Lowマルチメディア放送及び放送ネットワークの強靭化に係る周波数の割り当て・制度整備に関する基本的方針の案を発表した。この方針案は、「V-Lowマルチメディア放送に係る参入希望調査等の結果」(2013年5月10日公表)および「放送ネットワークの強靱化に関する検討会 中間取りまとめ」(2013年7月17日公表)などを踏まえて作成したという。

 V-Low帯は、アナログテレビ放送の1〜3chに利用してきた帯域で、90M〜108MHzを指す。従来は、この帯域を利用してISDB-TsbによるV-Lowマルチメディア放送を展開することになっていた。

 今回示された方針案によると、V-Low帯の半分に相当する99M〜108MHzを地方ブロック向けマルチメディア放送(およびデジタルコミュニティ放送)に利用する。この周波数帯を二つに分割し、各ブロックは4.5MHz幅を利用して9セグメントの帯域を確保する。つまり、2色(1色は4.5MHz幅)を各ブロックごとに交互に塗り分けて、全国をカバーする。

 一方、90M〜95MHzは、検討会の中間報告提言に基づき、AM放送の難聴(都市型難聴や地理的・地形的難聴、外国波混信)対策や、津波など災害への対策としてのFM方式中継局およびコミュニティ放送に割り当てる。親局の放送区域の一部を補完するもので空中線電力が大きいものは、周波数などを基幹放送用周波数使用計画で定める。

 両周波数の間の95M〜99MHzは、ガードバンド(GB)として利用する。ただし、今後地方ブロック向けマルチメディア放送の置局を行う過程で混信または混信の可能性が発生し、これを回避するために真に必要な場合は、この周波数を利用するとした。

 さらに、今回の案では、V-Lowの下の帯域についても方針を述べている。

 85M〜90MHzのうち、アナログテレビ放送とのGBとされていた周波数については、超短波放送(コミュニティ放送を含む)に係る放送局および、AM放送の難聴(地理的・地形的難聴、外国波混信)対策にかかるFM方式の中継局に割り当てる。GBとされていた周波数以外については、超短波(コミュニティ放送を含む)は従来通りで、FM中継について外国波混信に加えて、AM放送の難聴(地理的・地形的難聴)対策にも割り当てる。なお、この帯域では、AM放送のFM中継については、「空中線電力が小さいものとする」としている。

 なおNHKのAM放送の難聴対策(90M〜95MHz)および国内放送を行う短波放送は、FM方式による中継局およびコミュニティ放送局の置局状況を考慮して検討するとした。

 この日は、地方ブロック向けマルチメディア放送の制度整備に係る基本的事項も、制度整備に関する基本的方針の案として示した。さらに、「放送ネットワークの強靭化に関する検討会中間取りまとめの公表及び意見募集の結果」や、この検討会の議論に基づいた「民間地上基幹放送事業者の活力の再生に向けた基本指針(事業分野指針)(案)」が発表された。

以上です。

しかしお役人が考える事はちょっと抜けてますね。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

ニュース 認定放送持株会社の子会社数の上限緩和など、民放連が総務大臣に要望書

ニュース 認定放送持株会社の子会社数の上限緩和など、民放連が総務大臣に要望書-ITpro

以下記事から。

日本民間放送連盟(民放連)は2013年3月22日、マスメディア集中排除原則の緩和に関する要望をとりまとめて、同日に新藤義孝総務大臣に提出したと発表した。

 具体的には、民放ネットワーク全体としての経営基盤の強化やグループ経営の効率化・強化などの観点から、認定放送持株会社が子会社とし得る地上放送事業者数の上限(現行は合計12地域以下)の緩和を要望した。さらに認定放送持株会社が子会社とし得る「BS放送のトラポン数(同0.5以下)」と「東経110度CS放送のトラポン数(同2以下)」の上限緩和も盛り込んだ。

 地上ラジオ放送(コミュニティ放送を除く)については、マスメディア集中排除原則(議決権保有比率規制と役員兼務規制)の適用除外を要望した。「地上ラジオ放送を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況にあり、さらに経営の選択肢を拡大するために、さらなる緩和が望ましい」とした。

 地上テレビ放送に関する要望としては、(1)放送対象地域が重複する場合の議決権保有比率規制を現行の「10分の1まで議決権保有可能」から緩和、(2)放送対象地域が重複しない場合の議決権保有比率規制を現行の「33.33333%まで議決権保有可能」から「2分の1まで議決権保有可能」にする――を挙げた。

 さらに地上テレビ放送と地上ラジオ放送の共通の要望として、コミュニティ放送の合併・兼営を可能にすることを盛り込んだ。「民放連はコミュニティ放送制度の導入時から、既存民放事業者がコミュニティ放送に参入できるよう要望してきた」としたうえで、「例えば、同一地域内の県域(広域)局とコミュニティ放送が常日ごろから密接に連携することによって、緊急災害時の対応を強化する効果が期待できる」という見方を示した。

 このほかに地上テレビ放送とBS放送の役員規制の緩和や、認定放送持株会社の資産要件の緩和なども盛り込んだ。さらに今後の検討課題として、「地上テレビ放送とBS放送の合併・兼営」「代表役員と常勤役員の兼務規制の撤廃・緩和」を挙げた。

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

TBS、侍J“視聴率”で泣き笑い 朝最高25%→夜3・8%の垂直落下

TBS、侍J“視聴率”で泣き笑い 朝最高25%→夜3・8%の垂直落下-YAHOO!ニュース

以下記事から。
夕刊フジ 3月19日(火)16時56分配信

 侍ジャパンがプエルトリコに負けて3連覇を逃した18日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝はTBS系で朝から生中継され、夜にも再放送されたが、視聴率は明暗がくっきり分かれた。

 生中継の平均視聴率は午前8時半から同10時58分が13・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、同10時58分から午後1時44分が20・3%。瞬間最高視聴率は午後1時40分、9回裏一死で日本ハム・中田翔外野手が三振した場面の25・0%と、平日の昼としては異例の高視聴率をマークした。

 ところが、同日午後9時からの再放送では3・8%。NHK、民放5局の中で最も低くなり、「負け試合など見たくない」という視聴者の落胆ぶりがうかがえた。

 一方、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」によるニッポン放送の生中継は、関東の1都6県9局シェアで首位を獲得。午前10時〜午後2時の平均で41・23%、瞬間最高のシェアは午後0時40分の50・55%だった。

以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

総務省が放送停止事故の発生状況を公表、地上/衛星系は495件、有線放送が98件

総務省が放送停止事故の発生状況を公表、地上/衛星系は495件、有線放送が98件-ITpro

以下記事から。

総務省は2012年10月5日、2011年度(2011年7月1日から2012年3月31日まで)に発生した放送停止事故についての取りまとめを公表した。放送停止事故の件数は、地上系および衛星系の放送が495件(うち重大な事故は34件)、有線放送は98件(同9件)である。

 地上系、衛星系の放送の停止事故は、継続時間が15分未満のものが全体の約46%を占めており、設備故障や停電が原因である場合が多い。重大な事故については、コミュニティ放送での発生件数が多かった。総務省は、「小規模な設備で放送を行っている事業者が多いためと考えられる」という。衛星基幹放送事業者では、放送停止の継続時間が10時間以上の事故が1件あった。地上基幹放送事業者ではプラン局(基幹放送用周波数使用計画に記載されている重要な中継局)の停止時間が5時間以上10時間未満という事故が1件発生した。

 有線放送の停止事故は、小規模な設備では継続時間が10時間以上のものが多く、そのうちの多くは自然災害が原因である。中・大規模な設備の停止事故は、その多くの継続時間が2時間以上3時間未満で、ヘッドエンド設備における設備故障が原因である場合が多いという。

 停止事故の復旧措置の状況についても取りまとめた。地上系および衛星系の放送事業者の停止事故は、放送事業者自らの措置で復旧したものは352件(全体の68%)だった。措置の主な内容は、「ハードウエア交換・修復」「系切り替え」「設備リセット・再起動」などである。電気事業者の対応(電力回復)は25%、電気通信事業者の対応が3%、番組素材を提供する事業者による対応は4%だった。

 有線放送事業者による停止事故は、放送事業者自らによる措置で復旧したものは84件(全体の86%)だった。内容は、「ハードウエア交換・修復」「ケーブル修復・張替」「設備リセット・再起動」などである。他事業者による対応は6%、その他が8%だった。

以上です。

重大な事故については、コミュニティ放送での発生件数が多かった。と記事にある様にやはり現場には個人的には技術者が常に必要かと思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

NHK、受信料値下げ案を検討…経営計画案

今朝のニューストップは島田紳助氏引退のニュースが話題騒然だそうで。

NHK、受信料値下げ案を検討…経営計画案-YOMIURI ONLINE

以下記事から。

NHKの松本正之会長は23日の経営委員会(委員長=数土文夫・JFEホールディングス相談役)に、来年度からの3か年経営計画案の骨子を示した。

 震災時の放送機能の強化や国際放送の充実など具体的計画を作る上での基本方針となるもので、経営委と協議の上、10月中にも最終決定する。

 焦点となる「受信料収入の10%還元」の方向性は明らかにされなかったが、NHK関係者によると「もはや値下げ案を提示せざるを得ない状況」になっているという。還元に使える原資は、現時点で受信料収入の5%程度と見られる。全契約者に対する一律値下げでない場合、口座振替・クレジット払い利用者に対する値引き案などが検討されているという。

(2011年8月24日08時25分 読売新聞)
以上。

もう体力的にNHKも受信料だけでは無理でしょう。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

地デジ・AMラジオ、中継局に予備電源義務化

地デジ・AMラジオ、中継局に予備電源義務化-YOMIURI ONLINE

以下記事から。
総務省が、全国にある地上デジタル放送とAMラジオの中継局すべてについて、予備電源を備えたり発電機の燃料の備蓄を増やすなど、災害対策の強化を義務づける方針を固めたことが5日、分かった。


 東日本大震災後に放送が止まった中継局が多発し、津波や余震の情報などが被災者に届かない懸念が出たためだ。地上放送の完全デジタル化に伴う設備投資負担で経営環境が厳しい地方局には、助成制度導入も検討する。

 災害対策の強化は、6月末に予定されている改正放送法の施行に合わせ、省令で義務づける。放送局は、2018年10月までに全中継局に予備電源を設置するといった対策を迫られる。

 現在は、中継局の予備電源については明確な基準がなく、全国約1万1000局ある地デジの中継局のうち、約100局には予備電源が備わっておらず、燃料が十分でないケースも想定される。東日本大震災では、東北6県にある地上デジタル放送の中継局のうち、報告を受けた298局中、148局が停波した。原因が分かった106局のうち9割近くは、予備電源の燃料切れなどが原因だった。

(2011年6月6日03時08分 読売新聞)

以上。

法的化に一歩推進した様です。今回の放送法の改正は詳しくは見ていませんが前例を考えるとコミュニティFMに取っても改悪かも知れません。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 07:16| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

3/10のNHK「クローズアップ現代」はニコ動とコラボ 実況や延長戦も

3/10のNHK「クローズアップ現代」はニコ動とコラボ 実況や延長戦も-毎日.jp

以下記事から。

NHK総合の情報番組「クローズアップ現代」が、3月10日(木)の放送で「ニコニコ動画」とコラボレーションすることが明らかになりました。放送時間は19時30分から19時56分です。また、ニコニコ生放送でも、クローズアップ現代の放送前から約2時間半にわたる特別番組が放送されます。

▽ NHK クローズアップ現代

▽ NHK×ニコニコ動画 クローズアップ現代 〜ネット拡大スペシャル〜 - ニコニコ生放送

3月10日(木)のクローズアップ現代では、「急成長するインターネット放送(仮)」と題し、ニコニコ動画やUstreamなどのインターネット放送の最前線と、それにより変わる人々の生活、放送の役割などを考える特集が放送されます。当日は、メディアジャーナリストの津田大介さんがゲストとして出演します。

同日には、ニコニコ動画でも「ネットとテレビの未来」をテーマにした特番が3本立てで生放送されます。クローズアップ現代の放送開始30分前には、放送作家・ディレクターの大嶋智博さんがゲストに登場し“クロ現”のエピソードを語るほか、放送中もユーザーからのコメント実況やNHKスタジオとニコ生スタジオをつないだクロストークを展開する予定です。また、クローズアップ現代の放送終了後は、同番組プロデューサーの細田美和子さん、ディレクターの篠田洋祐さん、津田大介さんらがニコ生スタジオで「ネットとテレビの未来」について討論するなど、密度の濃いコラボレーション内容となっています。ニコニコ生放送の特集タイトルと放送時間帯、出演者は以下の通りです。

【特集1】19時00分〜19時30分
「NHK×ニコニコ動画 『クローズアップ現代』放送直前生放送」
【特集2】19時30分〜19時56分
「NHK×ニコニコ動画 『クローズアップ現代』実況」
【特集3】19時56分〜21時30分(予定)
「激論!NHKクローズアップ現代に見る『ネットとテレビの未来』」
【出演予定】
<19時〜>
大嶋智博(放送作家・ディレクター)
杉本誠司(株式会社ニワンゴ 代表取締役社長)
<20時〜>
細田美和子(NHKプロデューサー)
篠田洋祐(NHKディレクター)
津田大介(メディアジャーナリスト)
大嶋智博(放送作家・ディレクター)
杉本誠司(株式会社ニワンゴ 代表取締役社長)
七尾功(ニコニコ動画 政治担当部長)


以上。

ニコ生公式の記者会見映像を見ていると最近は良くなってきたと思いますが、音声やらパンの仕方がまだまだ未熟だと考えながらみています。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ワイヤレスマイクのデジタル化-続報

SONYの業務オーディオ部分でデジタルワイヤレスの新製品が発表されていました。

業務用オーディオプロフェッショナル/業務用製品情報−ソニー

放送映像業務で使うにはどれだけの遅延が発生するのかがはっきりしませんが、ホールにはデジタルワイヤレスは朗報でしょう。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

マスメディアが伝えない”新聞・テレビの歴史と今”

マスメディアが伝えない”新聞・テレビの歴史と今”

戦前からのマスメディアの歴史も載っていたので資料としてリンクします。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

菅首相ブログで都条例に言及「アニメフェアが東京で開催できない事態にならない様努力を」

菅首相、ブログで都条例に言及 「アニメフェアが東京で開催できない事態にならないよう努力を」IT Media NEWS

「アニメフェアが東京で開催できない事態にならないよう、関係者で努力して欲しい」――菅直人首相は12月13日夜に更新したブログ記事で、東京都の青少年育成条例問題に言及した。
(中略)

「今、青少年健全育成に関連して『東京国際アニメフェア』の開催を心配する声が上がっている。青少年育成は重要な課題。同時に、日本のアニメを世界に発信することも重要。『国際アニメフェア』が東京で開催できない事態にならないよう、関係者で努力して欲しい」とつづっている。

 角川書店は、都条例改正をめぐる都の姿勢に納得いかないとしてアニメフェアの出展を取りやめたほか、講談社、集英社、小学館など漫画出版10社も、自社が原作を持つ作品のアニメフェア出展を拒否することを表明。人気作品を抱える大手出版社の相次ぐ出展拒否で、アニメフェアの開催が危ぶまれている。


以前書いた「神奈川県青少年ゲーム条例」と同じく波紋が広がっています。
益々メディアを含め書籍関係者も規制されるのでしょうか。

この条例がテレビ・ラジオにも及べば益々つまらない低俗番組が乱造されるだけです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

NHKはお金持ち?

先ほど横浜市中区の中華街近くを走っていた所、NHK横浜の大きなNHK横浜会館が立っていました。
見た所、旧会館の2倍以上のスペースを誇っていました。

まだ正式に開館していない様子でしたが、他の地方NHK会館や県域メディア局以上の立派なスペースでアクセスも完璧な所ですので、今度ゆっくり見てこようと思っています。

近くには放送ライブラリーもあるので、埼玉のスキップシティ並みのテレビ・ラジオ局になると思います。

以前から地元メディア誌でも移転報道はされていましたが、あれだけ規模が大きいと思うと、やっぱりNHKはお金持ちなんだろうと・・・


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

巨人渡辺会長が横浜身売りを容認

巨人渡辺会長が横浜身売りを容認-日刊スポーツ.com

記事から一部

球界に再び激震が走った。横浜ベイスターズの親会社TBS(東京放送ホールディングス)が球団の身売りを検討していることに対し、巨人の渡辺恒雄球団会長(84)が9月30日、東京都内で、これを認める発言をした。TBSの巨額な赤字が引き金で、本拠地の新潟移転の可能性も含めて、身売りへの動きが慌ただしくなってきた。

前身の大洋ホエールズが旧川崎球場からハマスタに戻った頃から少しだけ見に行った程度で野球にはあまり関心がありませんでした。

TBSが株主になって一安心と思いましたが、赤字だそうで。不動産で儲かってる割にはこちらの方に赤字を垂れ流していたんでしょうね。

このブログの一番最初にも楽天の事を書いていましたので今回だけは心配になって来ました。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

地上波放送195社、初の赤字212億円 08年度

地上波放送195社、初の赤字212億円 08年度-asashi.com

殆どの民放局の数では無いですか。逆に黒字が出ている局が知りたい所です。

take2-chancesさんが詳しく記事にしておられるようです。
某放送関係者のヒトリゴト。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

アップル、iPod nanoを刷新、ビデオカメラやFMラジオ、歩数計も搭載

アップル、iPod nanoを刷新、ビデオカメラやFMラジオ、歩数計も搭載-BCNニュース

FMラジオが付くと言うことはauのEZFMに対抗するものでしょう。
とりあえず音楽の部分でラジオが繋がったと言うことなんでしょう。

映像制作者としてはビデオカメラ機能が気になります。
何れ手にとって見たいと思っています。



小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

電通・役員報酬返上延長

続く広告不況、電通が役員報酬返上の期間延長-Yahooニュース

広告不振が代理店にも出ている。
マスメディア全体がリーマンショック以降続いている様です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

調整室で調整して来ました。

後日撮影するホールの調整室で撮るカメラ・カットなどを相談して来ました。
そこでちょっと音声卓を見てみましたが「YAMAHAスタジオマネージャーDM-2000」と言う卓でした。コンピューター制御で少しでもフェーダーに触っても動いてくれると言う代物。

さすがにホールだけあってYAMAHAサウンドシステムさまの導入事例でも有名どころのホールが導入されていました。リンク集も音響関係の会社ばかりで一度は見所だと思います。

コミュニティFMには直接関係無いとは思うのですが、映像撮影屋の私が到底扱える機械ではありませんでした。

これからもちょくちょく調整室に出入りしますので、ENGからまた昔の様にオペレートカメラも扱える様にならないといけません。

Image2.jpg

6/16写真追加

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

第29回横浜国際女子駅伝ファイナル

今年も2月22日に横浜国際女子駅伝がありますが今年は「ファイナル」と名を付けているので今年で最後となる様です。

東京国際女子マラソンが去年で終わり、横浜に舞台が変わるのと引き替えでしょうか。

約30年近く横浜で国際陸上競技が行われて来年からはマラソンに変わると、また交通状況も変わるのでしょう。

来年のマラソンはどの局が中継するか見物ではありますが。



小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

サーバメンテナンス

Biglobe内のコミュニティFM最新開局情報のサーバメンテナンスのお知らせ。

2009年02月04日(水)深夜1:00〜17:00


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

レーザーディスク生産中止

プレーヤー生産をパイオニアが終了-YOMIURI ONLINE

某社発売のレーザーカラオケ撮影に携わっただけに感傷過ぎます。
未だプレーヤーも手元にありますし、ディスクも数枚残っているので、今後プレーヤーを求めるにはオークション位になってしまいそうです。

もちろん携わった分はDVDに焼いて取ってありますが。


ともあれ、お疲れ様レーザーディスク・・・


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

Inter BEE 2008

恒例のInter BEEですが、横浜からは遠すぎて今年も行かれない様子です。
せめてビックサイトあたりで開いて頂きたい。費用の問題で幕張なんでしょうけれど。
業界の方々も多く行かれるんでしょうね。うちはあまり最先端の技術を売り物にしていないので、その手の方々にお任せ致しますが、今年もコミュニティFM関係のブースも出るのでしょう。
各地のCATV局の方々もHD化に向けていらっしゃるのでしょうか。

そうそうInter BEEのホームページのストリーム映像でコミュニティFMの重鎮?木村太郎氏が何人かと対談されています。
これはコミュニティFM関係かも知れませんがうちでは見る時間がないので皆さんにお任せします。

私は行かずに各メーカーや機材屋さんのホームページで我慢しておきますか。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

「簡単CM作成ツール」が示す映像広告の未来

「簡単CM作成ツール」が示す映像広告の未来-NIKEEI NET IT+

記事によると開発はリクルート社だと言います。
やはり電通が関わっている「CM GOGO」の様にテンプレートから選んで映像にしていく課程はそのままだと思いますが、この記事からは、街頭スクリーン向けに展開していくのでは無いか・・・と締めています。

また「動画を編集してテレビCMに様なコンテンツにして行くには難しい」としていますが、ニコニコ動画やYoutubeが日本でも繁栄した影にはOSにバンドルしている「Windows ムービーメーカー」の影響も大きい筈です。

実際に昔はアベカスと言った様なテレビ番組などの動画機材もカノプース当たりまで廉価になって、今や無償で付いてくる動画編集プログラム。

異業種が簡単に参入出来るのも、そんな所なのでしょう。


しかし夕方のニュースワイドショーは簡単に事件現場・逮捕劇を見れる様なって映像の暴力になり得るんではないでしょうか・・・携帯ムービーを持つだけで誰でもカメラマンもどきは勘弁して頂きたい思いではあります。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

東京スカイツリー名称決定

新タワー名称は「東京スカイツリー」-ITmedia News

首都圏のデジタル放送用のタワー名称が「東京スカイツリー」に決定。
場所的には東武鉄道の旧操車場があった押上地区、新タワーには東武鉄道の資本も入っています。

NHKと在京キー局、新東京タワー利用決定 “元祖”タワーは「利用継続へ協議続ける」-ITmedia News
とにしながらも現存FMや独立U局の使用継続に関して現東京タワー側は前向きな姿勢を見せています。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:36| Comment(0) | TrackBack(1) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

すさまじく面白くない夜のテレビ・ラジオ番組

昨夜は全く寝付かれず、今朝の午前4時位の新聞配達まで起きていました。
2時間近く寝て、朝外出したのですが電波メディアの接触するに従って、昔言われていたインターネットなどのニューメディアがこの10年でどれだけ成長、刺激を誘っているか判る様な気がします。

夕方日テレのニュースリアルタイムでは川越の立てこもり事件の容疑者が発砲して自殺するシーンを数秒放送・・・映像の暴力にも感じました。
またテレビは今まで午後10時移行は全く見ていなかったのですが、同じ日テレのニュースZEROは昔の11時台の番組より、スタジオセットが明るくなった事もありますが、どの局も「食糧問題」「地球温暖化」が特集されていました。
「エコウィーク」とか「地球を守ろう」と大体的な言葉で番組が出来ていますが、オイルショック時には深夜テレビは全局休止していた時期に比べると「お膳立て」な言葉な様に思ってしまいます。

それに久々にTOKYO MX TVで北海道制作のHTB「どうでしょうリターンズ」を視聴。久々の午後の深い時間で撮影に所々、テレコンを使っているのを確認。撮影画像の四隅がいわゆる「ケラレ状態」を起こしていました。SD標準制作でこれほど「ケラレ」が出ているのにも苦笑。プリプロと同じ演出が主な仕事でもある局ディレクターでもワイコンやテレコンを使う事で「ケラレ」を知っていて欲しかったのですが、何せ再放送ですから、そこまでの撮影技術は無かった様です。「リターンズ」ではリマスターリングをして各局にネットされていますが、撮影当時は、そこまで気づかなかったのでは?

その後ベットの方に移り、ラジオを付けましたが、これまた、聞くべきモノが少ない・・・深夜を回ってT-FMを聞いてみましたが、判っているんですが「ジェットストリーム」のパイロット(ナレーション)は伊刀雅人氏・・・頭でやはり判っていても違和感がありました。それで提供が・・・もちろん「日本航空」なのですが、提供ナレでは「JAL」を一貫して使用していました。重みが無くなり、空で行く旅に憧れがあった時代とは変わったと言うか・・・
日本航空も日本エアシステムを吸収合併して「JAL」ブランドに統一したと思うのですが・・・

まだここでも寝られず、その後のT-FMを聞き続けましたが、番組表を事前に見ていなかったので、番組スタート時からパーソナリティや番組すら判りませんでした。
ようやく「やまだひさしのラジアンリミテッド」と判りましたが、やはり付いていけませんでしたので、早々にニッポン放送にチェンジしましたが「オールナイトニッポン」だったのですが、声だけはパーソナリティがまた判らず、数分経ってようやく俳優の「小栗旬」だと判った次第です。このパーソナリティ番組も確か録音ではなかったかな?

既存電波メディアの落ち込み率が深い時間でようやく判った次第・・・

それと何度も書いておりますが、当方は現状は放送関係には今は関わっていません。
特にコミュニティFMにもJCBAの賛助会員でもありませんし、一リスナーの立場からコンテンツ構築を計っています。10年近くコンテンツを運営していると、コミュニティFMの情報を頂ける方々や関係者の方々からもご連絡頂いたりしていますが、まだ「コミュニティFMの関係者」ではありません。放送人とは懸け離れたイベント・PV撮影の撮影技術が主たる業務ですので、その点再度書いて置きます。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

電波利用料4千万円、総務省職員の娯楽費などに…使途見直しへ

電波利用料4千万円、総務省職員の娯楽費などに…使途見直しへ-YOMIURI ONLINE-読売新聞

秋田さきがけ新報ラテ覧」にも「電波監視追跡システムのDEURAS(ディーラス)に多く予算が費やされていた筈です。」と書いたとたんですか・・・

「職員のレクリエーション費や備品購入」では国交省の二の舞ですね。


追記
たとえば以前に「会費の私的使用の事案-四国総合通信局」があった訳ですが、今回大元が出てしまって総務相が「使い方を改める」の話ですが、信頼は薄らいでいますが、それでも各通信局で電波検問のプレスが出ているのですが、まだまだ少ないです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

頻発・・・地震

関東では昨日から地震が頻発しています、今朝も立て続けに千葉県と茨城県沖を震源とする地震がありました。

気象庁 地震情報では少し遅いのですが、防災科学研究所の高感度地震観測網やウェザーニュースの地震チャンネルを比較して見れば発生震源緯度なども判りますから、今回のは繋がっている地震だと判る様です。

と行っても地震予報など現状出来ない状況ですので、各メディアの報道の仕方に注目したいと思います。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

放送マニア?

去年ちょっと覗いて来た「放送ライブラリー」のあるパンフレットの裏にテレビの系列と共に時間をびっしりと書いたものを今更ながら発見しました。

080311_1801~02.JPG

番組裏送りと言うんでしょう、東京のテレビキー局から大阪への番組送りの時間なのでしょうか、びっしりと時間が書いてありました。

こういった施設には必ずマニア?の方々が訪れるのは承知しています、言い過ぎかも知れませんが「放送関係の資料」を集めている方も多くいます。

当方も無線などやBCL関係に関わっていた過去(笑)もありますので、言えた義理ではありませんが、メディア側に入ってしまっていると興味がそがれて行きました。

現在は広帯域受信機があっても「手元のワイヤレスマイクチェック用+@」としての機械との認識しかありません。
今夜のTBSのイブニングニュースの特集は「盗聴器」についてですが、そちらの関係も良く存じていますので苦笑でしかありません。

とにかくまだまだ放送マニアの方々がいると言う事はメディア側に取っては良い事なんでしょう。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:26| Comment(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

無線免許・登録に係る電子申請改正手数料一覧

平成20年4月1日改正、免許・登録に係る電子申請改正手数料一覧-総務省電波利用ホームページ

今まで電子申請はフロッピーディスクにて受付をしていましたが、パソコンにフロッピーディスクが付属しなくなった現在はどの様に受付をしているのか。

この改正によって免許申請に掛かる費用も少なくなります。
資料として記事にしておきます。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

秋田さきがけ新報ラテ覧

以前、秋田コミュニティFMに取材をして下さった方から荷物が届いたのですが、緩衝材として秋田魁新報が挟んでありました。

1月25日の夕刊だったのですが、何故かIBC岩手放送の番組覧がありました。
欄外には「秋田ケーブルテレビでご覧になれます」との表記がありました。県外再送信だと思うのですが、JNN系列が無い秋田県では仕方がない所です。

確か山陰地方でもケーブルテレビの地上波デジタルテレビの再送信が問題になっていた筈です。道路よりもまずは電波利用料で情報格差に予算配分をしても良いと思うのですが。特に日本海側が情報格差が大すぎます。

また映画も秋田駅前の2館と郊外ショッピングモール内のシネコンだけと、こちらも寂しい状況なのは、仕方が無いのでしょう。

フロムさんの所でも書かれていた「電波使用料」ですが、電波監視追跡システムのDEURAS(ディーラス)に多く予算が費やされていた筈です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

放送局の下請けいじめ、総務省が実態調査へ

読売新聞:1/27 総合2面
放送局の下請けいじめ、総務省が実態調査へ-YOMIURI ONLINE

ネットには載っていなかった部分だけ少し引用
(前略)近く学識経験者や放送業界の関係者による検討会を設け、6月までに取引指針を纏める方針。(中略)指針では、下請けいじめに繋がる違法な取引例を示すほか、放送局がほぼ一元的に管理している番組の著作権の帰属について、放送局と制作会社が交渉で決定する様に促す。放送局と番組制作会社の不公正な取引関係を巡っては、公正取引委員会が現在、双方への特別調査を実施している。(後略)

また学識経験者ですか?3セクなどを含め行政が絡むと学識経験者と言う偉い?存在が出てくるのは何故でしょうか。

著作権に関しても制作会社が放送局の傘の下で撮影制作出来なくなると言う「取材される側」の判りやすさも出てきますし、制作会社も一連のねつ造などの安易な番組制作も出来なくなって来ると思います。それだけ制作会社側にも著作権を帰属させる事で比重が掛かります。

総務省の取引指針では番組制作会社となっていますが、その下の撮影技術会社など孫請け以降の事には全く触れていません、現場を知らない当局のこの指針は個人的には非常に不愉快で不満な記事でもあります。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

市民メディアと既存マスコミ

木更津のコミュニティFMに関わっておられる「ゼロスタ作業日報」さんのブログで「市民メディアは武士の商売」とありました。
正確には「武家の商売/武家の商法」と言う言葉が昔からあります。
確かに武家の商売は「高見から消費者を見て商売したり、客が来るまで待ち続ける」事が多いはずです。
またことわざにも「武士は食わねど高楊枝」と言う言葉もあります。
確かに市民メディアは敷居が高い所もあって簡単に参加すると言う訳には参りません。
有識者が多い事が「知らない、知ろうともしない市民の多く(特に末端)」まで浸透しきれないのが、常なのかも知れません。

変わって既存マスコミに対してTOKYO MXの年末特番の「談志×陳平に代役はありません」スペシャルと言う番組宣伝内でこういった話が出ていましたので、Youtubeでの番宣リンクを張っておきます。
http://jp.youtube.com/watch?v=W610jNZF9pQ

野末陳平氏の番宣内でのコメント
「マスコミはね、不安拡大、危機増幅、無責任、ヤジウマ産業

両極端な話を持ってきましたが、対比するには面白いと思っています。
「市民メディア」と「マスコミ」両方の課題を抱えているコミュニティFMにも参考になるでしょうし、またこちらのメディア論としても取り上げさせて頂きました。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

Apple Radio Remote

「iPodでFMラジオを聞いて、有線リモートコントローラですべてをコントロール。iPod nanoとビデオ搭載iPodに対応します。」との商品です。



うちではiPadの初代の整備品を使っていますが、長尺のビデオを持ち出して見ようとは思いません、nanoあたりは音楽PVなどのビデオに向いているのではないでしょうか。

Apple Store(Japan)
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

放送・通信メディアの規制区分

ネット規制 影響力重視-朝日新聞 12/7 政治面

参考URL「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」最終報告書の公表-総務省情報通信報道資料

客観的作り課題として通信・放送メディアの規制区分(最終報告から類推)として下記に区分されています。

オープンメディアコンテンツ
・オンデマンド型の情報配信
・新聞社ニュースサイト・ブログ
・一般的なウェブサイト
→有害情報・差別など防止へ指針
一般メディアサービス
・有料BS・CS放送、ケーブルテレビ、ラジオ、政党テレビ、宗教テレビ、社会的影響力が中程度のネットテレビ
→オープンメディアの規制に加え、広告と番組の識別、正確な報道など
特別メディアサービス
・地上波テレビ、NHKと無料BS放送
・社会的影響力が大きいネットテレビ
→一般メディアの規制に加え、政治的な公平確保、災害時の報道義務など

とうとうメディア規制に乗り出したかと思います。ラジオが「特別メディアに入らず災害時にも有効」との提言が入らなかったのは残念に思います。コミュニティFMの事業が難しいのも影響しているのかも知れません。

また「広告と番組の識別」の点で「テレビショッピング・ラジオショッピング番組」にも少なからず影響が出そうです。

逆に動画投稿サイトでYouTube、ニコニコ動画あたりは「社会的影響力が強くなり特別メディアに入りそうな勢い」なので、運営もこういったあたりで考えて欲しいと思っています。

所詮お役所や有識者の最終提言なので、一般ユーザーとは剥離しているのでしょうか。


小間使い・管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

巨大地震に備えた「地域防災コミュニケーション支援システム」の全容を公表

巨大地震に備えた「地域防災コミュニケーション支援システム」の全容を公表-関東総合通信局
「新潟県柏崎市民からの災害情報に関する生のご意見を反映」とありますが、プレスリリースだと「メディア」よりも「コンビニエンスストアやバス停など「まちの目印となる情報拠点」で情報を受発信できるシステムを提案します。」とあります。

何の為の「電波メディア」か行政当局は出して来ていません。
防災の為のラジオ」ではなさそうです、いわゆる「災害後のライフライン情報だけをメディアが流していれば良い」との印象もプレスリリースから見て取れるような感じに否めません。

災害時に使える無線機もラジオも電池やバッテリーが無くなればただの機械ですが。

果たしてコンビニが災害時に使えるのでしょうか?都市部ならまだ数百メートルごとにコンビニがあるのですが、過疎地に行けばコンビニに行くにも車で行かなければならないでしょうし、バス停も過疎地に行けば廃止系統もごまんとありますから、流石都会部所管の関東総合通信局の発想は違うなと。

バスも通過地点に道路陥没があれば、そこで寸断されて人手による情報発信は出来ないでしょう。
「バス停通過システム」は実際に運用されていますが、その前にバス停がそのシステムと連動しているバス停など数少ない筈です。またバス停に乗務員が立つとなったら人員配置にも支障が出る筈です。
バスが通る幹線道路でも未だ片側一車線の県都市村町道もありますから。

新潟県中越沖地震の被害に見舞われた方には、申し訳ないのですが、過疎部での災害と阪神圏の阪神大震災では被災者への情報格差が全く違うと思うのですが。

その点関東総合通信局の担当の方の意見もお聞きしたい所でもあります。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ-パブリックコメントの結果

通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ総務省情報通信サイト(pdf)

184ページと言う長文になっていますので、詳細はサイトにてご覧下さい。
活字メディアからインターネットブロバイダ・携帯電話キャリアまで多くの企業が意見を出しています。
気になったのは「IP=デジタルはない」と言う文言。
デジタルラジオにも触れているメディア企業もあり、読み応えはあります。
ラジオ単営局からの意見も載っていました。

コンテンツ・番組に対してのネットへの危機感と言うものも電波メディアから感じた次第です。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

Inter Bee2007

Inter Bee・国際放送機器展が開かれている様ですが、各社や情報サイトで最新レポートが出ています。しかし幕張までは遠いのです。個人的にはビックサイト辺りまでは許せるかな。
それだけスペース的にも出展料が低いのでしょう。モーターショーも幕張でしたし。
ある程度の車や公共交通での集客が見込める場所を考えての事でしょうが。

首都圏で開かれるなら飛行機・新幹線などの交通の便を考えればビックサイトか東京国際フォーラムなのでしょうが、いかんせんスペースが足りないのが悩みでしょうか。

今年も行くつもりはないのでレポート記事を眺めて過ごします。
ビックサイトで開くとなると各ホール毎の移動が大変そうですが。

他のコンベンションビューローももっと幕張に持って行かれない様に営業しても良さそうなものなのですが。

今年はWeb動画に関しての展示ブースが多いそうです。
これからはネット動画に焦点を当てた機器類が多く出回りそうです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

BPO-2007年9月視聴者意見報告

2007年9月に視聴者から寄せられた意見1,518件-放送倫理・番組向上機構サイト

意見内容をよくよく見てみると公人でもある政治家の名前は記してあります、バラエティ番組出演者に対しては個人名は伏せていますが、どの芸能人・番組か判る書き方をしています。
意見の多くはテレビ番組ですが、ラジオ番組に関してもありましたので「メディア全般」としておいて置きます。

BPO委員が関わった事件でも視聴者からの「BPO活動に疑問符」が書かれていたのは人選の問題でしょうか。


過去記事からいって10月の意見が楽しみになりそうです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

J-CASTウオッチ

J-CASTテレビウオッチ
J-CASTとは何かと思って会社概要を見ると活字メディアがずらりと並んでいる。
だから既存の電波メディアを記事に出来るんだろうと思いますが。

で、ちょっと気になったのがJ-CASTニュースの
違法画像許す「ニコニコ動画」イラネ! アニメーションクリエーター「大爆発」

確かに・・・記事の通り「いいアニメはニコニコで知名度上げたからこそ売れることさえある。実際俺もニコニコ観るようになってから初めてアニメDVDを買うようになった

これってアニメだけではなく音楽にも言える事であって、ちょっと前ならネットを介しWinnyあたりで探ればMP3がダウンロード出来たのですが、今やニコ動やYoutubeで見れてしまいます。
当方のお気に入りだったらそれをきっかけに今はCDを買ってしまいます。
今や宣伝媒体が電波メディアや活字媒体だけでは売れず、ネット経由が多くなりましたが、本来の試聴よりも動画投稿サイトが一番の宣伝効果になるんでしょう。しかしそこで権利侵害が発生してくる。
音楽CDも今やDVDのPV映像が付かないと売れないんでしょうか。

何故こんな記事を書くのかと言えば著作権の一件でもあります、JASRACさんがここを見に来ている訳で代弁する事ではありませんが(^^;;、音楽を作り出す数々のミュージシャンとお話しさせていくうちに、思ったのは「良い音楽は必ず残る」と言う事です。

一世代前に2ちゃんねるで流行った「日本ブレイク工業」もタモリ倶楽部で取り上げられて流行ったものが今や懐かしくニコ動でも見れる時代になりました。ニコ動でその「日本ブレイク工業社歌」をテーマに扱ったパチスロ機も出来ていてびっくりしました。
過去記事の「JASRAC支払いとクリスタルキング」と同じ経路でアミューズメント化されているのです。
一応当該パチスロ機のPV、ニコ動リンクを置いておきますが。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm622262

ま、Youtubeやニコ動にTV各社やJASRACが申し入れをしたそうなので、こちらとしても映像に音楽を入れて著作権許諾させて頂いたので、本当に早くネットでの著作権権利を進めて頂きたいと考えています。

しかしJ-CASTさんは当方の書きたい事を代弁してくれますので助かります。

ニコ動はRC2になって風の噂ではダウンロードしようとするとサーバ負荷が高まるのでアカウント削除食らうらしいですが。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

初音ミク-アッコにおまかせ

TBSの「アッコにおまかせ」での一件は見ていたのですが、今更ながらここで書いている「テレビ番組制作には制作会社が何社も関わっている」と言う事を取材された側の知らなさを露呈してしまった模様です。この件については詳しくは「クリプトン・フューチャー・メディア(株)」さんのBlogで。
当方はニコ動で「初音ミク」をようやく知った次第ですが。

元々DTMは今の様にソフトシンセで動かすのではなく、外部音源を使って聞いていたのがNECPC9821時代・・・もう一世代立ったんですね。YAHAMAもXG音源から撤退して、独特の音色が無くなりました。うちでもYAHAMA TG外部音源があった位なので。

今はローランド位がDTM外部音源を出して居る位でしょうか。
MIDIも久しく聞いていませんが、一応DTM経験者?として書かせて頂きました。

これを機にWin98(95だったかな?)のPC9821を倉庫から出したくなってきました。ローランドのソフトシンセがバンドルされているので。

10/18追記
クリプトン・フューチャー・メディアさんには技術関係でリンクしてあったのでトラックバックしたのですが、どうやら皆さんこちらを参照されている様で、またもやここのBlogランクに載ってしまっています。

いろいろと物議を醸し出しているご様子ですが、TBSさんのメールフォームがある様なのでそちらへ送ったら如何でしょうか。番組審議委員会あたりのテーマにはなりそうですが。「Blog」や「2ちゃんねる」の様な匿名(一応の話)の場所で騒いでも何もならないでしょうし。

追記分
当該の放送分をYouTubeで再確認して見ました。またTV制作関係者などのBlogも当たって見ました。
今後この様な事はXbox 360の「THE IDOLM@STER」などにも及んでくるでしょう。
それだけテレビという存在はもはやテレビ視聴だけでは無く、ゲームなど多岐に渡っていると言う事です。

こう言った余計な事を書くから当方は映像制作者として本来は失格になりますし、映像業界から干されるのでしょうね。追記は暫く置いておきます。

amazonへのリンク張っておきます。



10/30追記

NEC PC9821のバリュースターV200を倉庫から引っ張り出して来ました。NECマウス・キーボードも何とか倉庫に残っていました。動作しますがWin95で一応ペンティアムマシンでした。最後のNECの牙城ですか、スロットが昔のPC98専用スロットが入るタイプでPCIボードも2枚詰めるタイプ。これより以後がDOS/Vマシンと変わらない作りになりました。たかがDTMを楽しむのにLAN端子も無いPCを今更出すなんて・・・まあ、このマシンのスペックを考えれば「初音ミク」も動かないでしょうが、Win95あたりのPCゲームをやるのには倉庫から出して来たのは正解かも知れません。XPじゃ動かないソフトを多く抱えていたので。
こんなユーザーもいるので今回の騒動はどうなったんでしょう?(笑)
ちょうど外部DVDドライブを余らせていたので、またいろいろと遊べそうです。

11月6日追記
初音ユーザー恐るべしww
【初音ミク】あの鐘を鳴らすのはあなた - 和田アキ子
11月14日追記
BPOの10月分視聴者意見に乗っていますので参考までに。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

関東で続けて地震

一昨日、昨日と早朝に千葉東方沖を震源とする地震が起きています、最大で震度5弱。
余震もかなりな数が来ている様で、先ほど夕方も当地で揺れました。

マンションの1Fですから、潰れたら即死(笑)でしょう。

新潟と言い、この所頻繁に地震が起きています。
首都圏で震度5弱なのに、災害情報が全く入りません、大きな被害が無いからでしょうか?

ペルー沖の地震で津波情報が出て、藤沢市では防災無線で「東海沖地震が来ます」との誤報が流れて、あわてて訂正放送が入ったそうですが、やはり人手が加わってもどこかでミスが起きてしまうんですね。

どこの情報源が正しいか・・・やはり難しい問題ですね。


余談
再来週は九州に逃げます(笑)、詳しくは撮影編にて。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

週刊「昭和の鉄道模型を作る」

最近のTVCMで見かける講談社刊の週刊「昭和の鉄道模型を作る」

Image1.jpg

このようなキット付きやDVD付きタイプの週刊誌はアメリカのDeAGOSTINI社が取り入れたものでしょう。
日本の出版各社からもキット付きの週刊誌が続々と出てきました。

キット付きとは言え、この週刊誌を取り上げるのは昭和30年代から49年までの「昭和の情景」「人物クローズアップ」「ヒット商品博物館」「思い出エンタメ劇場」と鉄道模型とは関係ない記事も取り上げられている事です。

創刊号にはSONYの創業者東京通信工業の井深大氏が取り上げられ、街頭テレビの記事がありました。
フリーペーパー並の薄さですが、これだけでも昭和のメディア事情も見えてくるでしょう。

最近の鉄道ブームで「鉄子」さんが生まれて女性も気軽に鉄道に触れられる様になりました。この週刊誌も古くから鉄道模型事業にも乗り出しているトミーテックが協力している様ですので、小学生時代に鉄道模型を眺めていた層には受けそうな週刊誌でもあります。

ここで少し鉄分補給(^^;;します。
模型鉄では古くから「マイクロエース」の鉄道模型事業の復活とか・・・

メディアの話に戻しますが、ファミリー劇場のアニメ「鉄子の旅」も好評中だそうです。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

地上アナログテレビ終了あと4年と楽天プレスリリース

2011年の今日に地上波アナログテレビ放送が終了します。あと4年です。

今日の朝日新聞にもこの記事が割かれていましたが、各国の対応がかなり違っていたのには事情があるんでしょうね。

で、楽天のプレスリリースが出ていました。
株式会社東京放送様への株主提案に対するご支援・ご協力への御礼


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

別館にて・・・ピン芸人の応援ブログ

トラックバックがあったので確認してみた所、最近CMにも出始めたピン芸人の動画があるらしいと言う。
WMPのプラグインが埋め込んでいたので画像を確認にクリックしてみたら、IP抜きをされました。その動画は見られずIP抜きの別ウインドが開いた訳で。

別ウインドが開き「アクセスを記録しました、料金が発生しています」の画像が。

新手のクリック詐欺ですね。IPなら古くから「串抜き」は当たり前で下部リンク集の迷惑メールツールリンクを辿っていけばクリック詐欺だと気づく訳で。
アクセスログを取っても料金は発生しませんし、大手のブロバイダの様にきちんと登録してパスワードを入力しないで料金が発生しない所が乙(笑)でもある所ではありますが。

当該のブログは大手のブロバイダのブログにありました。

逆にそう言った事をすればそのピン芸人(女性)のイメージが下がりますが。
この記事に関してはトラックバックもコメントも閉じますがご了解下さい。
一応すぐにスパイウエアスキャンをしたら、ありました・・・2つばかり、この様にして個人情報も抜いて行く訳です。
IEを閉じた後に他のIEのウインドウが固まりました。

メールも現在ではHTMLメールだと画像に細工されている場合も少なくないので、テキストで送るのが当たり前の時代です。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:25| メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。