2017年09月27日

(一社)日本コミュニティ放送協会北陸地区協議会との間で 臨時災害放送局の円滑な開設支援に関する相互協力協定を締結 〜 災害時における地方公共団体のFMラジオ放送局の開設を支援 〜

(一社)日本コミュニティ放送協会北陸地区協議会との間で臨時災害放送局の円滑な開設支援に関する相互協力協定を締結
〜 災害時における地方公共団体のFMラジオ放送局の開設を支援 〜
-総務省北陸総合通信局報道資料

以下記事引用します。

 総務省北陸総合通信局(局長 濱島 秀夫(はましま ひでお))は、災害時に地域住民に災害情報を提供するための臨時災害放送局設備一式(別紙参照)を本年7月に配備し、地方公共団体への貸出し態勢を整えました。
 今般、災害時支援態勢をさらに強化するため、一般社団法人日本コミュニティ放送協会北陸地区協議会との間で、臨時災害放送局の円滑な開設支援に関する相互協力について基本合意し、下記のとおり協定締結式を行います。
 本協定は、大規模災害時に臨時災害放送局を開設しようとする地方公共団体から設備貸与の要請があった場合、当局と同協議会が連携して、当局の臨時災害放送局設備や同協議会加盟の放送事業者が所有する予備の放送設備を迅速に貸与し、円滑な開設を支援するものです。地方公共団体においては、FMラジオ放送を通じて地域住民への被害の軽減に関する災害情報の早期提供が可能となります。
 臨時災害放送局設備の確保に関して国と民間団体が相互協力協定を締結する事例は全国で初めてです。


こういった相互締結は防災点でも有効だと思います。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]