2017年09月17日

クラウドファンディング高齢者にラジオ贈ろう FMおおつ、ネットで資金募集 /滋賀

菅原さまからの情報です。

クラウドファンディング高齢者にラジオ贈ろう FMおおつ、ネットで資金募集 /滋賀

記事引用します。

大津市を放送エリアに今秋の開局に向けて準備しているコミュニティーラジオ局「FMおおつ」が、インターネット経由で資金調達するクラウドファンディングを活用して、一人暮らしの高齢者にラジオを贈る活動に取り組んでいる。9月末までに180万円を集めるのが目標で、最大1000人にラジオを届ける計画だ。

 近年ではパソコンやスマートフォンでもアプリを使ってラジオを聴くことができる。しかし、地震などの災害が起きてライフラインが寸断されてしまえば、数個の乾電池で数カ月にわたって聴くことができるラジオが重要な生活情報源となる。

 ラジオの贈り先を一軒ずつ訪問して、FMおおつが聞こえるようにチューニングするサービスも予定。災害時にお年寄りの孤立を招かないよう、「自分を守る最後のとりでとしてラジオを聞いてほしい」との願いも込められている。

 出資は一口1000円から受け付け、金額に応じて特典がある。5000円コースなら1回5分程度の「ラジオゲスト出演券」など、5万円コースでは15分の「DJ体験」(1カ月に4回放送)などを用意。特製のせんべいやステッカーがもらえるコースも設定した。

 まちづくりに特化したクラウドファンディング「ファーボ」で募集中。詳細はプロジェクトのアドレス(https://faavo.jp/shiga/project/2022)へ。【濱弘明】


こうしたクラウドファンディングは大歓迎ですが開局に向けてのクラウドファンディングは難しいと思います。それも開局予定の局ですからリスナーも取り込るので歓迎です。
現在お休み中の中の人のフロムさんやスピークスさんはどの様に思うのでしょうか。

いくら地元のメディアに記事を書かれてもそれだけで市民が動くことはありません。
コミュニティ放送制度が基幹放送制度に敷居が高くなりましたから。
クラウドファンディング開局についてはまた後日記事にします。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:37| 神奈川 ☔| Comment(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。