2016年10月28日

公募に3者名乗り 北上市 FM施設運営事業者

菅原様から情報を頂きました。

公募に3者名乗り 北上市 FM施設運営事業者-岩手日日新聞


以下記事から。

来月、公開プレゼン

 北上市が公設民営方式で2018年度の開局を目指し公募していたコミュニティFM放送施設の運営事業者に、市内の3者から応募があった。市は11月4日に公開プレゼンテーションと審査会を開催。運営事業者選定委員会(委員長・佐藤孝之奥州エフエム放送取締役放送局長、委員5人)の審査で運営事業者候補を決める。

 市は、地域情報の発信と災害情報伝達を目的にコミュニティFM放送施設の整備を計画。運営事業者は施設を利用し、放送事業を展開する。

 選定委が策定した公募要領に沿い、市は9月15日にプロポーザル方式で公募を開始。同21日に開かれた公募要領等の説明会には5者が出席していた。

 24日に公募を締め切り、説明会に参加していた3者が正式に手続きを取った。市は現時点で社名、団体名について明らかにしていない。

 公開プレゼンテーションは、11月4日午後に同市大通りの市生涯学習センターで開催する予定。各者が放送に関する企画提案などを発表する。具体的な開始時刻は今後詰める。

 選定委は▽地域性(放送理念、公益性、社会貢献など)▽創造性(企業姿勢、企画力、展開力)▽実現性(自立性、専門性、業務遂行能力)▽継続性(収益性、経営基盤、リスクマネジメントなど)−の観点から総合的に評価する。審査結果を受け、第1候補と第2候補を選定する。

 3者の公募があったことについて、市広聴広報課は「それぞれFM放送の必要性を感じ、企画も考えて応募くださった。選定委員会で厳正に審査していただく」としている。


以上です。「

開局はまだまだ先になりそうです。

小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 06:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック