2016年03月31日

宇都宮に県内2局目 コミュニティーFM誕生へ 今秋にも開局

菅原さまから情報を頂きました。

宇都宮に県内2局目 コミュニティーFM誕生へ 今秋にも開局-東京新聞


以下記事から。

県内で二番目となるラジオの超短波放送局・コミュニティーFMが、今秋にも宇都宮市で開設されることになった。運営会社の「宇都宮コミュニティメディア」を四月中に設立し、予備免許を取得次第、試験放送を始める。
 設立母体は、毎週水曜にインターネットの動画配信サービス「ユーストリーム」を活用したインターネット番組を放送する「ミヤラジ」。
 コミュニティーFMの開局は二〇一〇年から準備してきたが、東日本大震災で中断。インターネットの「ミヤラジ」は一一年から続けており、コミュニティーFMの採算見込みが立ったため、あらためて本格化した。昨年十一月、開局に向けた推進会議を設置し、ミヤラジの稲葉克明さん(50)が代表に就任した。
 事業計画によると、毎日午前七時〜午後十時の生放送。イベントや音楽などのライブ中継や、店のセールなどの情報を発信し、渋滞や通行止めといった交通情報も伝える。
 地域での公共性も重視し、認知症の高齢者の情報なども呼び掛ける。宇都宮市とも連携し、災害情報も提供する。
 放送エリアは、市のほぼ全域の約二十二万世帯。電波の届きにくい地域にもインターネット配信を行う。
 市内で今月二十八日に開局準備説明会があり、稲葉さんは「ジャズのライブを中継したり、宇都宮餃子(ぎょうざ)祭りに並ぶ人を取材したり、宇都宮らしさを出したい」と話した。
 県内では昨年、栃木市で公設民営の「FMくらら857」が開局している。 (後藤慎一)



以上です。

明日以降リンク集に反映致します。


小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435988097

この記事へのトラックバック