2015年12月08日

ワイドFMはどこまで聞こえるか?

昨日在京AM3局がFM補完放送=つまり「ワイドFM」が本放送になりました。

J-CASTの記事なのですが。
以下記事から。

在京AMラジオ3局が、FM波でも受信できるようになる「ワイドFM(FM補完放送)」の本放送がスタートした。3局の公式サイトによると、受信エリアは東京23区と多摩地域の一部、埼玉・千葉・神奈川の主要都市などだという。


ぼんやりとしたエリア図は公開されているが、具体的に「どこで聞けるか」はわからない。そこで今回は、どこまで受信できるのか、電車に乗って調べてみようと思う。スタートは、電波が発信されている東京スカイツリー。さて、どこまでいけるのか?

スカイツリーから出発!

東京スカイツリー
まず向かったのは、東京スカイツリー。ソニーの新型ラジオ「ICF-P36」を購入し、放送初日の2015年12月7日、ツリーの下へやってきた。右手にスマホ、左手にラジオを掲げ、天を仰いでの撮影は、思ったよりキツイ。周囲の目を気にしながら、とりあえず南へ向かった。

たばこと塩の博物館
錦糸町駅
歩き始めて数十分。渋谷から移転したばかりの「たばこと塩の博物館」の横などを通り過ぎ、錦糸町駅に到着した。ここから総武線と中央線で、ひたすら西へ。御茶ノ水からは中央特快(特別快速)の高尾行きに乗る。

御茶ノ水駅
23区を出て、多摩地域へ。「住みたい街」常連の吉祥寺、多摩最大の都市・立川を抜けて、多摩川を越えてもなお、受信状況に変化はない。きわめてクリアな音質のまま、列車は高尾駅にすべり込んだ。

高尾駅
ついに山梨県へ!

天狗
ホームに鎮座まします「天狗」の石像と記念撮影をし、大月行きの普通列車に乗り換える。この高尾駅が中央線の東京最西端で、トンネルを抜けると神奈川県だ。おとなりの相模湖駅と、その次の藤野駅が神奈川県相模原市で、そこから先は山梨県となる。

中央線
高尾を発車すると、少しずつ電波が弱くなってきた。アンテナをのばし、窓に密着させる。相模湖、聞こえる。藤野も聞こえる――。しかし山梨県に突入したあたりから、雑音だけしか聞こえなくなった。もうここまでか。観念して、列車を降りた。

上野原
上野原駅到着。改札を降りた後、「もしかして」とスイッチを入れると、若干の雑音はあるが、軽快なトークが聞こえた。ただ単に電車内だから、ノイズが入りやすかったのか。

何事もなかったように聞こえた
もう少しガマンしておけばと反省するも、さらに西へ進む列車は40分後。対する東京方面は25分後。ぐるりと駅前を歩き、帰社することにした。

駅前には食堂1軒のみ。でも食事する時間はない。北口から南口へと、ぐるりと歩いてみよう。テクテク進んでいると、1枚の看板を見つけた。「お買い物は地元のお店でネ」。語尾の「ネ」が昭和チックだが、思いのほか新しそうに見える。口調はポップだけど、文面からは切実さも読み取れる。おみこしのイラストも印象的な1枚だ。

地元のお店でネ
スカイツリーから上野原駅まで、直線距離で60キロちょっと。ここまで電波が飛んできたのかと思うと感慨深い。「これじゃ普通のAM放送、いらなくなるんじゃない?」。そう思いつつAM放送に切り替えてみると、雑音まじりのワイドFMより耳心地のよい音声が聞こえた。いつもより空が青い気がした。


以上です。

写真やイラストもふんだんに使われているのでリンク先から辿って下さい。

で、当地横浜南部ではTBSラジオや文化放送があまりのノイズで聴けずいて、今までradikoに頼ってきましたが、今回はワイドFM開局で両2局がクリアに入る様になりました。


撮影や映像編集以外はほぼ日中はパソコンでradikoを聞いていましたが、テレビのリモコンを注文して先ほど届きましたので、また暫くはテレビ中心になると思います。


小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック