2015年11月26日

福山雅治、亀田誠治がサポート!箭内道彦が「渋谷のラジオ」来春開局

福山雅治、亀田誠治がサポート!箭内道彦が「渋谷のラジオ」来春開局-Yahooニュース


以下記事から。

本日11月25日、箭内道彦が東京・渋谷で「渋谷のラジオ」を開局することを発表した。

「渋谷のラジオ」は箭内や大西賢治渋谷区商店会連合会会長らが中心となって立ち上げる渋谷区のコミュニティFM局。11月20日に総務省から周波数87.6MHzでの放送のための予備免許が交付されたことに伴い、このたび発足をアナウンスした。

取材に対して箭内はまず来春の開局を目指していることを明かしたのち、コミュニティFM局設立の理由を「ダイバーシティ、シブヤシティ」というキーワードを使って説明。渋谷を、外国人旅行者を含めた多くの人々が訪れ、またセクシャルマイノリティ支援に積極的な姿勢を示すなど、ダイバーシティ(多様性のある)な街だと位置付け、その“今”を発信する必要性と面白さを感じたため2年前から設立準備を進めていたという。一方の大西会長は、開発が進む現在の渋谷は注目度と来訪者がマックスの状態にあるとし、2020年の東京オリンピックに向けてさらなる活性化を目指すため、そして地域の防災・防犯のために活用できるメディアにするために箭内と一緒に汗をかいていきたい、と意気込みを語った。

「渋谷のラジオ」はNPO法人CQによって運営され、出資者には箭内のほか、福山雅治らが名を連ねる。福山が参画した経緯について箭内は、長らく人気番組のパーソナリティを務めていた福山にとってラジオは大切なメディアであるとした上で、面白い番組を通じて災害時の情報伝達など有益な情報提供をサポートできれば、との思いがあったようだとしている。また箭内は出資者にあわせて亀田誠治やスタイリスト・高橋靖子らが番組審議委員を務めることも明かしている。

開局時の番組パーソナリティは近日発表。箭内によると「みんなが知っている人から、地元のユニークな人まで多様な顔ぶれがそろう」という。また「ラジオを作りたい」「ミュージシャンになりたい」という人材を積極的に登用する「学校のようなラジオ」を目指したいともコメントしている。

なお現在「渋谷のラジオ」では番組制作に携わるボランティアスタッフと個人出資者「市民ファウンダー」を募集中。詳細は本日開設された放送局の公式サイトを確認しよう。

※記事初出時、本文にて「記者会見」と記述しましたが、正しくは記者会見ではございません。訂正してお詫びいたします。



再度の渋谷の開局です。今回は資金難には至らないでしょう。

ホームページも確認出来ましたのでリンク集を更新致しました。


小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430291307

この記事へのトラックバック