2013年12月23日

ギネス認定:釜石臨時災害FM 生放送ドラマ8時間23分

Sさまから情報を頂きました。

ギネス認定:釜石臨時災害FM 生放送ドラマ8時間23分-毎日新聞


以下記事引用致します。

毎日新聞 2013年12月22日 21時59分(最終更新 12月22日 23時30分)


岩手県釜石市の臨時災害FM「かまいしさいがいエフエム」が22日、生放送のラジオドラマを8時間23分続け、ギネス世界記録に認定された。

 同局は東日本大震災直後の2011年4月に設立。市の援助を受けながら、地元住民4人が毎日、地域の話題や防災情報を伝えている。今回は「釜石を全国にアピールしよう」と、放送機材を提供する「TOKYO FM」と共に挑戦。ドラマの一部は全国約60のコミュニティーFMで放送され、インターネットにも配信された。

 ドラマはTOKYO FMが毎週放送する「あ、安部礼司」の特別版で、片思いの女性を振り向かせるため、サラリーマンの主人公がラジオドラマに出演するというストーリー。横浜市のホールに観客を集め、午前11時にスタートした。プロの声優のほか、釜石市民も出演。総勢25人が交代でステージ上のマイクの前に立ち、釜石市のスタジオと連携しながら午後7時半過ぎに記録を達成した。【土屋渓】


以上です。

横浜のホールでやっていたとは知りませんでした。情報がありませんでした。情報があれば行っていた筈です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時災害FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック