2013年09月28日

横浜市 臨時災害放送局の開設方法検討

Sさまからの情報です。

横浜市 臨時災害放送局の開設方法検討-建通新聞

以下記事から、引用。

2013/9/27 神奈川

 横浜市総務局は、災害発生時の情報伝達手段となる臨時災害放送局の開局に向けた準備を開始する。災害時に速やかに開局できるよう、既存の市内コミュニティFMと連携した放送の可能性を調査し、必要な設備などの事前準備を整える。

以上です。

横浜市内の現存のコミュニティFMは津波被害が無い市西部と市北部の2局です。
津波被害があろう市南部や市東部には情報が行き渡りません。現状の横浜市庁舎からだと津波被害は見えています。高台に重点部を置かないと確実に被害に遭うでしょう。
またエリアを広げるか絞るかにしないと情報混乱に拍車を掛けます。355万人都市の致命的な所でもあります。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時災害FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398282689

この記事へのトラックバック