2013年08月20日

南三陸の災害ラジオ局描いた映画 来月1日、岐阜市で上映

Sさまからの情報です。

南三陸の災害ラジオ局描いた映画 来月1日、岐阜市で上映-岐阜新聞web

以下記事から。

◆「防災の日に考えて」

 東日本大震災による津波で被害を受けた宮城県南三陸町に設けられた臨時災害ラジオ局「FMみなさん」の奮闘を描いたドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」が来月1日、岐阜市日ノ出町のシネックスで上映される。

 若者の自立支援や震災復興支援に取り組む同市のNPO法人「コミュニティサポートスクエア」の主催。映画は今年4月から全国で順次公開中で、県内では初上映になる。

 「FMみなさん」は震災から2カ月後に避難所の一角に開設された。9人のスタッフは全員が町民で、放送と無関係の素人ばかり。試行錯誤しながら、炊き出しの案内や余震情報、復興に関する話題などを流してきた。

 映画は、クリスマスの点灯式や仮設商店街の開設など明るいニュースを織り交ぜながら、スタッフとリスナーが繰り広げる涙と笑いの日々を描く。

 鉄骨だけになった防災庁舎で知られる南三陸町は、建物の62%が被災し、9000人近くが避難を強いられた。

 上映は午前10時半からで、チケットは小学生以上1000円。午後0時15分から柳ケ瀬わくわく広場(同市劇場通り)で梅村太郎監督と元スタッフによるトークがあるほか、「石巻焼きそば」や東北関連商品の販売もある。

 問い合わせはコミュニティ・カフェわおん、電話058(237)1661。


以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時災害FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398282669

この記事へのトラックバック