2010年12月23日

菅首相ブログで都条例に言及「アニメフェアが東京で開催できない事態にならない様努力を」

菅首相、ブログで都条例に言及 「アニメフェアが東京で開催できない事態にならないよう努力を」IT Media NEWS

「アニメフェアが東京で開催できない事態にならないよう、関係者で努力して欲しい」――菅直人首相は12月13日夜に更新したブログ記事で、東京都の青少年育成条例問題に言及した。
(中略)

「今、青少年健全育成に関連して『東京国際アニメフェア』の開催を心配する声が上がっている。青少年育成は重要な課題。同時に、日本のアニメを世界に発信することも重要。『国際アニメフェア』が東京で開催できない事態にならないよう、関係者で努力して欲しい」とつづっている。

 角川書店は、都条例改正をめぐる都の姿勢に納得いかないとしてアニメフェアの出展を取りやめたほか、講談社、集英社、小学館など漫画出版10社も、自社が原作を持つ作品のアニメフェア出展を拒否することを表明。人気作品を抱える大手出版社の相次ぐ出展拒否で、アニメフェアの開催が危ぶまれている。


以前書いた「神奈川県青少年ゲーム条例」と同じく波紋が広がっています。
益々メディアを含め書籍関係者も規制されるのでしょうか。

この条例がテレビ・ラジオにも及べば益々つまらない低俗番組が乱造されるだけです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。