2008年06月05日

すさまじく面白くない夜のテレビ・ラジオ番組

昨夜は全く寝付かれず、今朝の午前4時位の新聞配達まで起きていました。
2時間近く寝て、朝外出したのですが電波メディアの接触するに従って、昔言われていたインターネットなどのニューメディアがこの10年でどれだけ成長、刺激を誘っているか判る様な気がします。

夕方日テレのニュースリアルタイムでは川越の立てこもり事件の容疑者が発砲して自殺するシーンを数秒放送・・・映像の暴力にも感じました。
またテレビは今まで午後10時移行は全く見ていなかったのですが、同じ日テレのニュースZEROは昔の11時台の番組より、スタジオセットが明るくなった事もありますが、どの局も「食糧問題」「地球温暖化」が特集されていました。
「エコウィーク」とか「地球を守ろう」と大体的な言葉で番組が出来ていますが、オイルショック時には深夜テレビは全局休止していた時期に比べると「お膳立て」な言葉な様に思ってしまいます。

それに久々にTOKYO MX TVで北海道制作のHTB「どうでしょうリターンズ」を視聴。久々の午後の深い時間で撮影に所々、テレコンを使っているのを確認。撮影画像の四隅がいわゆる「ケラレ状態」を起こしていました。SD標準制作でこれほど「ケラレ」が出ているのにも苦笑。プリプロと同じ演出が主な仕事でもある局ディレクターでもワイコンやテレコンを使う事で「ケラレ」を知っていて欲しかったのですが、何せ再放送ですから、そこまでの撮影技術は無かった様です。「リターンズ」ではリマスターリングをして各局にネットされていますが、撮影当時は、そこまで気づかなかったのでは?

その後ベットの方に移り、ラジオを付けましたが、これまた、聞くべきモノが少ない・・・深夜を回ってT-FMを聞いてみましたが、判っているんですが「ジェットストリーム」のパイロット(ナレーション)は伊刀雅人氏・・・頭でやはり判っていても違和感がありました。それで提供が・・・もちろん「日本航空」なのですが、提供ナレでは「JAL」を一貫して使用していました。重みが無くなり、空で行く旅に憧れがあった時代とは変わったと言うか・・・
日本航空も日本エアシステムを吸収合併して「JAL」ブランドに統一したと思うのですが・・・

まだここでも寝られず、その後のT-FMを聞き続けましたが、番組表を事前に見ていなかったので、番組スタート時からパーソナリティや番組すら判りませんでした。
ようやく「やまだひさしのラジアンリミテッド」と判りましたが、やはり付いていけませんでしたので、早々にニッポン放送にチェンジしましたが「オールナイトニッポン」だったのですが、声だけはパーソナリティがまた判らず、数分経ってようやく俳優の「小栗旬」だと判った次第です。このパーソナリティ番組も確か録音ではなかったかな?

既存電波メディアの落ち込み率が深い時間でようやく判った次第・・・

それと何度も書いておりますが、当方は現状は放送関係には今は関わっていません。
特にコミュニティFMにもJCBAの賛助会員でもありませんし、一リスナーの立場からコンテンツ構築を計っています。10年近くコンテンツを運営していると、コミュニティFMの情報を頂ける方々や関係者の方々からもご連絡頂いたりしていますが、まだ「コミュニティFMの関係者」ではありません。放送人とは懸け離れたイベント・PV撮影の撮影技術が主たる業務ですので、その点再度書いて置きます。

小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。