2007年12月28日

「放送禁止歌」オンエア

「放送禁止歌」オンエア-朝日新聞 12/28:社会面

歌詞の内容が放送倫理に触れるしてテレビやラジオから消えた数々の「放送禁止歌」が27日夜、久々にラジオの電波に乗った。
放送禁止歌をオンエアしたのはTBSラジオの特番。

詳しくは紙面を見て頂くとして、当方のライフワークでもある障害者差別についても触れています。

以前にも記事にした覚えがあるのですが、つボイノリオ氏の曲なんかは「放送禁止歌」の代表作とも言えるでしょうし、映画「パッチギ」で使われたフォーククルセダースの曲も当時の政治的判断で陽が当たらず、映画でようやく陽の目を見た筈です。

記事内では民放連の内規が書かれていて、禁止歌のリストがあったそうですが、「87年で効力が切れた」とあります。
またこの記事で「NHKと民放AMラジオ局に聞いた所、独自の「要注意曲」リストを作っている局は無い」としているので、こういった特番を組む事によって陽の目を見る曲も出てくるでしょう。

JCBAさんではこういったリストはあるのでしょうか?
また県域FM局の事も記されていませんでしたので、これも調べたいと思ってはいますが。

余談
初音ミクで放送禁止歌の需要はあると思うのですが(笑)

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

放送禁止曲ですが、JCBAではそのような規制・規定はありません。

現在では県域局を含め、基本的に各局の判断に任せられていますので、(表向きには存在しないと言っていますが)ユルい形で各局ごとに「要注意曲」(禁止ではないが放送頻度は著しく低い)として定められている模様です。

あえてタブーに挑戦するTBSラジオの姿勢は評価したいですね。
Posted by take2-chances at 2007年12月29日 10:30
take2-chancesさん
いつもお世話になります、と言う事は外部パーソナリティの判断も可能な訳ですね。昔の曲などは取り上げたくても掛けられないと言う考えも出てきます。「ヨイトマケの唄」あたりもNHKでは要注意として取り上げていなかったのですが、美輪明宏氏のドキュメンタリーでフルで熱唱されていましたから、時代背景なんでしょうね。

ともかく情報を有り難うございました。
Posted by 小間使い at 2007年12月29日 13:07
レスありがとうございます。
CFMではお咎めなしの傾向がありますが、県域の場合は概ねディレクター判断でしょう。

最近では、「イムジン河」のように以前では放送できなかった曲が徐々に登場しているように感じます。

これも時代の流れでしょうね。
Posted by take2-chances at 2007年12月30日 03:26
ずいぶん前に似たような企画番組の話を、以前fromさんの所でやった様な記憶が…
Posted by Spark at 2007年12月31日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。