2007年11月10日

それでも伝えたい 戦場ジャーナリスト・長井健司

テレビ東京 ザ・ドキュメンタリースペシャル「それでも伝えたい 戦場ジャーナリスト・長井健司」 11/10放送

ミャンマーの反政府デモ取材中に銃弾に倒れた故長井健司氏に焦点を当てて放送。
アジアプレスアジアニュースなどに所属する他のフリージャーナリスト・戦場ジャーナリストにも映像が振り向けられました。

日本ではフリージャーナリストでは食えないのをまざまざに見せつけられました。あるフリーのジャーナリストは自分の発信したいものの為に商業ベースで稼ぎ、それを元手に自分が伝えたい記事にしたり映像にしたりとしているのを見ると日本でのフリージャーナリストの扱いがどんなに低いか判る様な気がします。

フリージャーナリスト・戦場ジャーナリストは日本での扱いが大きなメディアでは契約と言う形で戦場など危険地域で取材する時は責任は負わない、自分自身で守れと言う事が大前提になっていますが。

日本にも戦場写真家として故沢田教一氏と言う先人もおられたので、そろそろ日本のメディアもフリージャーナリスト制度の必要性も重くなっていると思います。アメリカのメディア報道制作などを見れば判る事です。

他の地域・系列で放送されるかは微妙ですが、日本のメディアやフリージャーナリスト達を知る上で見て欲しい番組の一つです。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。