2007年10月27日

J-CASTウオッチ

J-CASTテレビウオッチ
J-CASTとは何かと思って会社概要を見ると活字メディアがずらりと並んでいる。
だから既存の電波メディアを記事に出来るんだろうと思いますが。

で、ちょっと気になったのがJ-CASTニュースの
違法画像許す「ニコニコ動画」イラネ! アニメーションクリエーター「大爆発」

確かに・・・記事の通り「いいアニメはニコニコで知名度上げたからこそ売れることさえある。実際俺もニコニコ観るようになってから初めてアニメDVDを買うようになった

これってアニメだけではなく音楽にも言える事であって、ちょっと前ならネットを介しWinnyあたりで探ればMP3がダウンロード出来たのですが、今やニコ動やYoutubeで見れてしまいます。
当方のお気に入りだったらそれをきっかけに今はCDを買ってしまいます。
今や宣伝媒体が電波メディアや活字媒体だけでは売れず、ネット経由が多くなりましたが、本来の試聴よりも動画投稿サイトが一番の宣伝効果になるんでしょう。しかしそこで権利侵害が発生してくる。
音楽CDも今やDVDのPV映像が付かないと売れないんでしょうか。

何故こんな記事を書くのかと言えば著作権の一件でもあります、JASRACさんがここを見に来ている訳で代弁する事ではありませんが(^^;;、音楽を作り出す数々のミュージシャンとお話しさせていくうちに、思ったのは「良い音楽は必ず残る」と言う事です。

一世代前に2ちゃんねるで流行った「日本ブレイク工業」もタモリ倶楽部で取り上げられて流行ったものが今や懐かしくニコ動でも見れる時代になりました。ニコ動でその「日本ブレイク工業社歌」をテーマに扱ったパチスロ機も出来ていてびっくりしました。
過去記事の「JASRAC支払いとクリスタルキング」と同じ経路でアミューズメント化されているのです。
一応当該パチスロ機のPV、ニコ動リンクを置いておきますが。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm622262

ま、Youtubeやニコ動にTV各社やJASRACが申し入れをしたそうなので、こちらとしても映像に音楽を入れて著作権許諾させて頂いたので、本当に早くネットでの著作権権利を進めて頂きたいと考えています。

しかしJ-CASTさんは当方の書きたい事を代弁してくれますので助かります。

ニコ動はRC2になって風の噂ではダウンロードしようとするとサーバ負荷が高まるのでアカウント削除食らうらしいですが。

小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。