2007年08月24日

ニコ動の自作自演祭りで発見-ご当地ソング

ニコニコ動画でコメントを自作自演していた方がいらっしゃった様で、VIPあたりで祭りになっています。
そこのまとめスレの中で使われていたのが「松本ぼんぼん
どうもご当地ソングらしいのですが、こういったご当地ソングを知るのはネット発が多くなった様な気がします。またニュースなどでも報道されている人気の彦根のキャラクターでもあるひこにゃんの「ひこにゃん音頭」、鉄腕DASHのゴールデン進出初期の頃の企画場所でもあった木更津市の「やっさいもっさい

昔はこういった「ご当地ソング」を知る機会になったのはラジオかテレビだった様な気がします。朝の情報番組で各局からのレポートなどで。

今はCSにも九州発のチャンネルがあって沖縄の番組を配信していますが、ネットで広まれば、現存の電波メディアも取り上げる機会が多くなってきそうです。

一時期ちょっとブレイクした静岡発のGTPの「冷凍みかん」なんかも県域FMラジオ局からブレイクしてインディーズからメジャーレーベルになって広まったと思います。「冷凍みかん」については芸能問題総合研究所ANNEXさまが記事にしておられた様です。


小間使い記

追記
タグの「おっさんホイホイ」は良いのですが、某氏曰く「おばさんホイホイ」が無いのにはほっとしたそうです(^^;;
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
取り上げていただいてありがとうございます。
その「冷凍みかん」ですが、瞬く間にブームも終わってしまいました。上手くやれば大泉洋さんのようなローカルスターとして地域の財産になっていたのに。やはり田舎のFM局には荷が重かったようです。
記事にあるご当地ソングですが、現在ではまだ純粋なネット発というのは少ないようです。最初は放送局が紹介して、それがネットに広がるパターンが主流でしょう。その意味で、いくらネットが発達しても、コンテンツを送り出すノウハウを持ったローカル局の役割は地域おこしにとってもまだまだ重要だと思います。
Posted by 芸能総研Journal at 2007年08月25日 23:04
芸能総研Journalさま、どうもご無沙汰しておりましたm(__)m
ちょうど記事を書いている時にメンテナンス中だった為にリンクが張れずにいた所です。記事へリンクさせて頂きました。
町おこしには沢山の方法論が有るみたいで、異業種交流会で前某党の国会議員さんも奔走されているのを聞いてきましたので徐々にその輪に加われば良いなと思っています。
Posted by 小間使い at 2007年08月27日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。