2007年07月26日

週刊「昭和の鉄道模型を作る」

最近のTVCMで見かける講談社刊の週刊「昭和の鉄道模型を作る」

Image1.jpg

このようなキット付きやDVD付きタイプの週刊誌はアメリカのDeAGOSTINI社が取り入れたものでしょう。
日本の出版各社からもキット付きの週刊誌が続々と出てきました。

キット付きとは言え、この週刊誌を取り上げるのは昭和30年代から49年までの「昭和の情景」「人物クローズアップ」「ヒット商品博物館」「思い出エンタメ劇場」と鉄道模型とは関係ない記事も取り上げられている事です。

創刊号にはSONYの創業者東京通信工業の井深大氏が取り上げられ、街頭テレビの記事がありました。
フリーペーパー並の薄さですが、これだけでも昭和のメディア事情も見えてくるでしょう。

最近の鉄道ブームで「鉄子」さんが生まれて女性も気軽に鉄道に触れられる様になりました。この週刊誌も古くから鉄道模型事業にも乗り出しているトミーテックが協力している様ですので、小学生時代に鉄道模型を眺めていた層には受けそうな週刊誌でもあります。

ここで少し鉄分補給(^^;;します。
模型鉄では古くから「マイクロエース」の鉄道模型事業の復活とか・・・

メディアの話に戻しますが、ファミリー劇場のアニメ「鉄子の旅」も好評中だそうです。

小間使い記
【関連する記事】
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。