2006年09月11日

中村中

エイベックスの新人でもある「中村中(あたる)」

報道によると彼女も「性同一性障害」を抱えていると言う。
ドラマで性同一性障害カミングアウト−スポーツ報知
この記事では「話題性」だけで捕らえている様な気がします。

彼女の場合も「男性から女性へ」(Male to Female:MTF)

記事引用
「最初は打ち明けることに反対だった」と、迷いがなかったわけではないが「やり遂げるべきものなのかもしれないし、自分の中で何かが軽くなるのかもしれない。何かメッセージが伝わるんじゃないかと思う」。

まだまだ彼女・彼らには偏見の目が合って「迷い」は非常に共感できるものであります。
カミングアウトする事で「何かが軽くなる」

それはもしかしたら「自分の心の葛藤や心に閉まってきたものであり正直に生きていきたい真面目さ」なのかも知れません。

ここでこうやって性同一性障害を抱えるミュージシャンをご紹介したのは3人目になります。

9/16小間使い修正追記
投稿してから数日この記事が多く参照される様になりました。
彼ら・彼女らを「色目」で見てはならないでしょう、決してカミングアウトをしたからと言って色を付けてはならないと思います。
まずは「自分らしさ」が性同一性障害を抱える人々のキーワードと言えます。その後に彼ら・彼女らが持つ「性自認」が来るのですから。
コメントでの「YMF」とは「ヤマハ主催のTEEN'S MUSIC FESTIVAL」の事であり、過去記事のポプコンの後継とも言える大会でもあります。当時ニッポン放送さんと系列AM全国15ラジオ局が放送していた事もあってニッポン放送さんでは金曜日に、今は0:40の20分枠で吉田尚記アナが新人時代から関わっていた筈です、今も各地のAM局アナ?が「TEENS′MUSIC WAVE」のパーソナリティとして今も勤めていると思います。

9/25追記
しかし巨大掲示板は怖いですね、彼女の過去の職歴やら同級生まで書き込んでるのはちょっと如何な物と思いますが・・・日テレの10/10のDRAMA COMPLEX「私が私であるために」に出演するそうです。主演出演者も元職が晒されています。

9/30追記
昨日のフジテレビ「僕らの音楽」の放送でここが多く検索されています。またtvkの番販時間のエンドテーマ曲として、また「友達の詩」リリースに当たってCMが流される様になってから、彼女の周りの関係者の方々も参照しておられる様ですが(^^;;。
セクシャルマイノリティを始め、性同一性障害を抱える当事者の方や彼女のファンの方も参照なされているのかも知れません。

これ以上多くは語りませんが是非「彼女らしさ」を歌詞で読み取って下さい。
itunesで彼女の楽曲が、視聴、買えるので。

10/2追記
相変わらずここが多く検索されておりますが・・・
ニッポン放送のオールナイトニッポンサイトにてやっと広報あり、10/4の01:00-03:00枠での放送だそうです。

10/10追記
まだまだ検索キーワードは多い様ですが、ドラマによって「色が付く」事を一番に憂いています、性同一性障害を抱える人たちの中にも多種多様の考えや性指向(どちらの性別が好きになるか)など多種多様で一括りに出来ません、これは同性愛とは全く違うのです。
最近性同一性障害とは違ったドラッククイーンの「マツコデラックス」さんが昼の情報番組のコメンテーターとして登場していますが、全く性同一性障害を抱える人と違ったセクシャリティを持つ「ドラッククイーン」も切り分ける必要性がそろそろマスコミには必要でしょう。
放送当日で番宣や主演出演者が出ていますが、彼女らは性同一性障害を抱える人たちの「代表」では無い事を日テレは宣伝するべきだと思います。

2007/06/09追記
昨日「金スマ」で出演されたそうで参照が多い様です、幼い頃に傷ついた心は誰にでもある様です。何故今になって再度追記したかは是非ここを参照された方々の心にお任せいたします。

12/5追記
紅白出場でまたもや参照されていますが。
何度も書くように彼女を性同一性障害の代表と捕らえてはなりません。タレントのカルーセル麻紀嬢でさえ性同一性障害の特別法令の恩音を受け、戸籍の性を変えた位ですので、考えや治療の進み具合、カミングアウトなど個々違うのですから。それだけでもタレント性と言うのでしょうか個人個人違った感性を持っています。日テレのバラエティ番組の「おねぃMAN’S」で勘違いされると行けません、これが差別・蔑視の一つにもなりかねない勘違い映像・テレビ番組の一つだと思っています。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中村中さんって…。
SHOWTA.の同期でYMFにて、賞を取った人デス。
中さんにも、そんなことが…。
でも、現実を受け入れなければ…。
生きていく資格はなくは無いけど…。
自分を拒絶しちゃってるみたいで…。
辛い。
Posted by 未來 at 2006年09月12日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。