2006年07月20日

事が事だけに・・・

「事が事だけに・・・」欽ちゃんの言葉を借りれば、このお笑いマスメディア論も「お笑い」と「マスメディア」を扱っているだけに少しだけ書かざる負えない記事です。

既報の通り吉本興業所属の極楽とんぼの山本圭一氏が事情聴取され吉本興業から「芸能家契約打ち切り」を受けたそうです。

多数のレギュラー番組を持つ極楽とんぼ。
レギュラーのテレビ・ラジオ局の対応は早かったそうです、またイレギュラーでのドラマ番組も延期だそうです。
2ちゃんねる等でいろいろと書かれていますが、これもまた芸能人という性質を持つ人々ですので解雇、解散は仕方がない事でしょう。

特に在京局にレギュラーを多く持っている芸能人の不祥事は他の番組にも波及して来ます。
一芸能人の不祥事で沢山の人々・マスメディアにも波及し降り掛かってくる、これはマスメディアの持つ一つの特徴なのかも知れません。今回の件でお笑いブームに一つ冷や水が差さった事でしょう。

書きたい事は山ほどありますが、あえてここでは避けておきます。

7/24追記
改めてマスメディアの持つ威力と言うものを痛感しています。
昔「コント55号決定版」と言うTBSで放送された公開生放送番組を今は無きスカイホールに見に行った位ですし、やはり「お笑い」は舞台が最終的には勝負の場所じゃないかなぁと思っています。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。