2005年07月26日

幻想の中のリアリティ

7/26朝日新聞 文化総合面
「失敗をおそれ他人になびく」「システム社会に無気力感」

記事内で「勝ち馬をコピー、他人の意見が集まった所に生まれるのは安全と言う名のセキュリティ」「ネットでは自分で考えない決めない人が明らかに増えている」と「2ちゃんねる宣言」の筆者。

このblogでは常々「この社会には現実に多様性がある」と書いてきた。
勝ち組と負け組と言う対極があるがすべてを含めて個々に正解があると考える。

自分で決断しなければいけないリアルな場面は多数ある。
まずは情報の精査が出来てその上で自己決定の判断を出来る人間になって行きたいと考えます。
他人に流されるのではなくまずは失敗を恐れず失敗を繰り返しながら学んでいく。
これが今の現代社会。


メディアニュース的には
「光ファイバー事業提携交渉-東電・KDDI」とか
「電通・リクルート新会社設立」とか
「ツーカー、auに吸収か-KDDI」
なんてものが目を引きます。


このBLogでは時たまメディアについての環境についても書いています。
松沢知事のBlogでは湘南海岸や海の日についてコメントされていますが、昔の江ノ島水族館を知っている身としては一度は行ってみたいコメントをされておられました。
こう行った知事視察で取材をするマスコミの皆さんも取材するだけではなく是非一緒にゴミ拾いに参加して欲しいなと思ってます。何も報道するだけがマスコミの仕事だけではなく至る所(取材先やロケ地で)知らずのうちに身近で環境破壊をしている事も多いのですから。
定例記者会見の最後で知事がいろいろと記者さんたちに問いかけていましたし。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。