2005年06月23日

故美空ひばり氏

故美空ひばり氏とは個人的に奇妙な縁がある。

ひばり氏の文化的遺産は(株)ひばりプロダクションさま−美空ひばり公式ホームページ
にお任せするにして・・・

この横浜市南部に生まれ住み転々とした地区の最初(丸山市場のそば)にひばり氏の実家の魚屋があり、現在の店主でもある方も幼いながら顔を覚えていた。お店(商店街のそばの喫茶店にちょくちょく来ていたので憶えてる)に母は買い物へ行っていたという。
また引っ越しでひばり氏の生家の近くに住んだ、そして同じ出身小学校に進んだ。
幼い頃からい偉大な人である事は判っていた。

社会人になり映像に関わる様になってカラオケのPVに携わる事になった。
ちょうどバブル時期・・・
その人脈で故ひばり氏のコロンビアの元専属レコーディングディレクター?だったと言う会社の人と出会える事が出来た。そのツテ?でカラオケのPV収録やコロンビアのひばりスタジオでのテレビ番組収録を見学させて貰った事がある。
もう時効だから愚痴を言いますが真面目すぎる馬鹿正直な性格ゆえその方の部下の方に(D)に騙されて、この放送業界を去る事にも一端ともなった。
当然ながら最後の最後までそう言ったひばり氏との奇妙な縁は話さなかった。

それから数年・・・
人生を真面目に自分らしく生きてきた、いろんな事をしてきた・・・
もうメディアに関わるつもりはさらさらないが、その事や前述の記事の「障害者とふれあい」でメディアにも役に立って貰おうと思って作ったのが別運営のホームページ・・・
お陰様でメディアの他にも自治体、教育機関を含めたくさんの所にご活用頂き嬉しく思ってます。

筆者本人も人生が変わる事になった。
まさしく「川の流れの様に」の歌詞の様に生きてきています・・・

地元に美空ひばり生誕の地とも言える杉田劇場(正式名:磯子区民文化センター)が出来た。
昔旧杉田劇場で開館当初から働いていた方が区民文化センターに資料を寄贈し24日から資料展が開かれると言うが、その劇場でひばり氏出演の映画を掛けるとかひばりプロ社長加藤和也氏や親交が深かった芸能界の方々を囲んで美空ひばり氏が生まれた磯子という街やひばりさんを語って貰う企画を是非やって欲しい。
東京ドームでの不死鳥コンサートは全国のファンの為・・・

今もうちに近くにはひばり御殿の跡地もあり、昔からのここの住民には心のどこかにひばり氏のおもかげが心に染みついている人もいる筈だから。

旧杉田劇場を含め大衆演劇に精通?していた母は横浜大空襲の時に吉田新田のはじっこで火の海の中を逃げ回った記憶の話や野毛、伊勢佐木町界隈の旧劇場街の事は話してくれません、今資料に残しておくべきだろうと思っています。



もし偶然当時の映像関係を含め各方面の関係者が検索でここで見ていたら時効にして欲しいのです。
>Web上ではかの方のご活躍は拝見してますけどね(^^;;

もうその関係した当事者のあの方はこの世にはいないのだから・・・
まさしくあの方と筆者でもあるわたしは一心同体で「川の流れの様に」の歌詞の如く今まで生きてきたんですから・・・
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。