2005年03月29日

ビデオジャーナリスト

同性の女性の中で一番に尊敬している方がいます。

元日本航空の客室常務員で現在もJAL―TVでご活躍されていて、また一ビデオジャーナリストとしても精力的にご活動している真咲なおこさん、数々の賞を取られたり大学の講師、総務省関東総合通信局「インターネット啓発委員会」副議長も務められてるそうです。

彼女は電波メディアではtvkでも番組枠を買って毎回一人の人を取り上げ取材して番組を作り上げています。
未来検索netTV

元客室常務員とは言えインタビューなどはさすがに対人サービスのプロと言えます。


しかし電波を利用した放送となれば製作者や出演者の自己満足ではいけない。
特に枠内で流している系列のホテルのCMなどは与えられたものでは無く、こちらから企画を出して製作していけばもっとホテルの魅力を打ち出して行けるだろうと思います。
>以前に書いた「画像がもったいない」

電波メディアは「視聴しに行く」のではなく「視聴されるもの」
ネット放送と違う所はそこだと思うんです。

誰が見ているのか判らない放送に合うものを目指してくれればたくさんの電波メディアを発信していく側にもビデオジャーナリストと言う職業にさらに魅力が出るのではないかと思います。



所で・・・余談たらーっ(汗)
大泉洋氏が「笑っていいとも」ご出演でタモリ氏にいじられてました(笑)
これでドラマ「救命救急病棟」ご出演と本当に手の届かない全国区になったんですよねぇ。

あれは数年前ふと見たテレビの中の男たちの馬鹿笑いで時々見る様になりました。
水曜どうでしょう−北海道テレビ放送
本当にあの番組はミスターもF氏、U氏の男たち4人集が楽しんで作っていますねぇ、それが見ている視聴者の壺にハマったんだと思います。
>高齢者もハマっています(笑)

「誰が見ているか判らない」と言う事の象徴?でもある北海道発の番組だと思います。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。