2005年03月23日

新株発行差し止め

ニッポン放送の新株発行差し止めが東京高裁で出ました。
結局商法での判断が強かった訳です。

このままLivedoor側が一気に攻勢を掛け推し進めれば現在は規制緩和に向いている政治的な判断や電波法、放送法も規制の方向へ一気に向くかも知れない事を危惧しなければいけないと思います。

現在も電波法、放送法、そして著作権法からも見れば「マスメディア集中排除原則」が掛かっていますし。

参考資料
−総務省−pdf
マスメディア集中排除原則
著作権情報センター
ニューメディアにおける著作権の処理のあり方

所で「マスメディア集中排除原則」を考えて「友好的関係」と言っているんでしょうか?

参考に「厳重注意文書を手交」番組問題への対応と言う事を電波行政はしているんですねぇ。

雲の上の人のやる事にはあまり興味無いです、首都圏の多くの商店街がCMや公開放送などの協力を止める事をしない事を祈るだけです。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。