2005年03月01日

携帯電話

も今や一つのメディアツールになっている。

しかしケータイ Watchなどを見れば
今やTV付き、FMラジオ付きは当たり前。

でもちょっと待ってよ、TVチューナー付きと言っても地上波アナログチューナーだし、
後数年で地上波アナログTVも電波発射を停止する。

FMラジオも以前にPHSのFMラジオ付き対応機でノイズの指摘をされていた筈。
それに海外対応携帯ならその国のFMラジオ周波数帯に対応してなきゃ意味がない。

当方なら地上波デジタルTVチューナー付きの対応機まで待つだろうし、各国のTV放送(NTSC/PALなど映像方式や周波数)対応機種が出るまで騒がない。

またモバイル放送やCSデジタル/BSデジタル対応がなされれば、据え置きのTVと違って電話線が要らないのだから、B-CASカードが小さくなってペーパービュー対応もかなり可能だと思う。
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。