2017年06月20日

気仙沼臨時災害FMがコミュティFMに移行するそうです。

フェースブックからの情報です。

気仙沼臨時災害FMが7月からコミュニティFMに移行するようです。

報道資料が出次第リンク集に反映します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 18:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

2017年 7月、FMうららは 市川市 に移転します

2017年 7月、FMうららは 市川市 に移転します-FM浦安

ホームページにも変更点が出ましたので、変わった時にリンク集を更新します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訂正とお詫び】FMうらやす放送局変更の件につきまして

【訂正とお詫び】FMうらやす放送局変更の件につきまして-市川にゅーす

以下記事引用します。

6月7日に「FMうらやすの放送局が変更になる」という話題をお伝えしましたが、未確定情報であることがわかりました。

事実関係がわかり次第あらためてお知らせしたいと思いますので、前回の記事およびSNSでの告知内容はすべて削除いたします。


地域の情報なのに記事未確定とはいけませんね。
こちらの方では詳細を詰めて情報が本当ならばリンク集を更新しますね。

管理人記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 04:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

6/30よりFMうらやすが市川うららFMへ、周波数も83.6から83.0へ変更となるみたいです

6/30よりFMうらやすが市川うららFMへ、周波数も83.6から83.0へ変更となるみたいです-市川にゅーす

以下記事引用します。

現在FMうらやすで放送中のラジオ番組 『ゆうじひとりの Friday Music Party』公式ツイッターにてお知らせがありました。

FMうらやすの業務拡大に伴う変更ということで、6月30日より変わるのは次の4点です。

1、放送局名 

FMうらやす ⇒ 市川うららFM

2、周波数

83.6MHz ⇒ 83.0MHz

3、送信出力

5ワット ⇒ 20ワット

4、エリア内人口の増加

約20万人(浦安市内16万人とその隣接区域のみ) ⇒ 約80万人(市川市内47万人と浦安市を含め、鎌ケ谷市・船橋市など隣接区域でも受信可能)


83.0MHzといえば、昨年11月末より放送休止(停波)となった市川エフエムの周波数です。

市川エフエムは自己破産申請を行い破産手続きを行っていましたが、FMうらやすが事業を受け継ぐ形になったということでしょうか。

詳しい事情はわかりませんが、市川のラジオ局が復活しますね。


以上です。

変更次第リンク集も更新します。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

コミュニティ放送局に予備免許−天草市において、熊本県内で4局目の開局予定−

コミュニティ放送局に予備免許
−天草市において、熊本県内で4局目の開局予定−
-九州総合通信局

熊本県天草市の天草ケーブルネットワーク(株)さんにコミュニティFMに予備免許が出ました。

中継所もかなりあるようです。
開局は平成29年12月頃だそうです。。
まだホームページが無いようなのでこちらからどうぞ。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 23:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

韓国で“4K(UHD)地上波放送”を開始

韓国で“4K(UHD)地上波放送”を開始-PRO NEWS

以下記事から引用します。

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現在のHD放送より画質が4倍以上鮮明。またインターネットと連結することで多様な双方向サービスが実現でき、韓国政府が次世代放送として掲げている。


今年2月末から韓国放送(KBS)、文化放送(MBC)、エス・ビー・エス(SBS)の地上波3社が首都圏地域で試験放送を行ってきた。KBS UHDチャンネルはSFN(単一周波数網)方式の700MHz帯でのUHD(4K)を利用している。同チャンネルは従来のHDに比べて室内受信率がはるかに優れていると調査し、視聴環境改善にも役立つものと期待されている。

MBCは全世界で唯一、UHD専用のスタジオを施設。独自開発したエキスサーバUHDシステムを通じて収録から編集・送出まで安定的に制作可能な環境を構築した。放送を視聴するには、米国式放送標準(ATSC3.0)UHDテレビとアンテナが必要。デジタルテレビ用のアンテナも使用可能だ。欧州式放送標準(DVB-T2)UHDテレビを持っている視聴者は、別途セットトップボックスを購入しなければならない。


すべての番組がUHDで提供されるわけではない。放送会社はUHD番組の比率を今年の5%から始め、毎年5%以上増やすという。放送会社はまた、今年末からインターネットプロトコル(IP)基盤の双方向サービスを開始する予定だ。放送会社の計画が実際に具現化されれば、来年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックでは視聴者が見たい種目の競技を放送会社の編成に束縛されずに視聴したり、多様な競技情報をリアルタイムで確認が行える。


放送通信委員会と未来創造科学部は、今年12月から冬季オリンピックの開催地である平昌・江陵(カンヌン)などの一帯と、広域市圏(釜山・大邱(テグ)・光州(クァンジュ)・大田(テジョン)・蔚山(ウルサン)にも本放送を拡大する。2021年までに全国で地上波UHD放送の導入を完了する計画だ。



以上です。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 17:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする