2016年10月28日

公募に3者名乗り 北上市 FM施設運営事業者

菅原様から情報を頂きました。

公募に3者名乗り 北上市 FM施設運営事業者-岩手日日新聞


以下記事から。

来月、公開プレゼン

 北上市が公設民営方式で2018年度の開局を目指し公募していたコミュニティFM放送施設の運営事業者に、市内の3者から応募があった。市は11月4日に公開プレゼンテーションと審査会を開催。運営事業者選定委員会(委員長・佐藤孝之奥州エフエム放送取締役放送局長、委員5人)の審査で運営事業者候補を決める。

 市は、地域情報の発信と災害情報伝達を目的にコミュニティFM放送施設の整備を計画。運営事業者は施設を利用し、放送事業を展開する。

 選定委が策定した公募要領に沿い、市は9月15日にプロポーザル方式で公募を開始。同21日に開かれた公募要領等の説明会には5者が出席していた。

 24日に公募を締め切り、説明会に参加していた3者が正式に手続きを取った。市は現時点で社名、団体名について明らかにしていない。

 公開プレゼンテーションは、11月4日午後に同市大通りの市生涯学習センターで開催する予定。各者が放送に関する企画提案などを発表する。具体的な開始時刻は今後詰める。

 選定委は▽地域性(放送理念、公益性、社会貢献など)▽創造性(企業姿勢、企画力、展開力)▽実現性(自立性、専門性、業務遂行能力)▽継続性(収益性、経営基盤、リスクマネジメントなど)−の観点から総合的に評価する。審査結果を受け、第1候補と第2候補を選定する。

 3者の公募があったことについて、市広聴広報課は「それぞれFM放送の必要性を感じ、企画も考えて応募くださった。選定委員会で厳正に審査していただく」としている。


以上です。「

開局はまだまだ先になりそうです。

小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 06:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニティFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

日テレ史上初の試み 沢村一樹主演ドラマ『レンタル救世主』を一部生放送

日テレ史上初の試み 沢村一樹主演ドラマ『レンタル救世主』を一部生放送-Yahooニュース

以下記事から。

俳優の沢村一樹が主演する9日スタートの日本テレビ系ドラマ『レンタル救世主』(毎週日曜 後10:30※初回のみ後10:00から)の一部を生放送し、特別企画を実施することが5日、同局より発表された。このような試みは、同局史上初めてとなる。

 同作の事前告知として、先週から電話番号が記載されたポスターが貼り出されており、そこにかけると出演者の特別メッセージが聞ける企画がスタート。この着信数が28万件を突破したことを受け、生放送での特別企画の実施が決定した。詳細は、ドラマ開始冒頭の午後10時に放送内で発表される。

 また、話題のポスターも本日より都内各所で追加掲出も決定。若者が集まる渋谷では、普段ポスターが貼られないような路地裏などに主要キャストのポスターが集中大量掲出される。

 同ドラマは、沢村演じるお人好しの主人公・明辺悠五が借金返済のため、人探しや簡単なお手伝いから、ちょっと人には言えない危機解決など、困っている誰かのために完全歩合制、営利目的、秘密厳守で“救世主”となる会社で“レンタル救世主”として働くこととなる物語。

 その他のキャストは、藤井流星(ジャニーズWEST)、志田未来、福原遥、勝地涼、中村アン、稲葉友、稲森いずみ、大杉漣など。


以上です。

テレビ放送放送黎明期は生放送が多かったので原点回帰でしょうか。


小間使い記
posted by StudioSweet(磯子通信企画) at 15:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする